たびこふれ

インスタ映え!静岡観光&静岡グルメを探してみました!

記事投稿日:2018/08/04最終更新日:2019/05/31

Views:

旅行に行く目的は、やっぱりグルメと観光!その両方は写真に納めて、インスタにアップしたいですよね。

特に映える憧れのスポットや、まだそんなに有名じゃない穴場スポットで綺麗に取れれば思い出間違いなし!

そんなインスタ映えな、スポットを静岡(しぞ~か)の浜名湖周辺で探してみました。

目次

<インスタ映えポイント>

<静岡グルメ>浜松付近

湖の真ん中でハイポーズ

静岡県の湖といえば浜名湖、広さは日本の湖のTOP10に入る大きさで、東京の山の手線の内回りがすっぽり入る大きさだとか。

そんな大きな湖の真ん中に立つって、マジですか?

本当でした。 

一日2回だけのチャンスだそうです。 

さらに参加すると「浜名湖真ん中到達証明書」がもらえます。

インスタ映えなので、フォトジェニックな写真が撮れますし、愛の告白のサプライズもいいかも知れませんね♪

浜名湖の真ん中.jpg

詳しくは、旅行企画・実施:(公財)浜松・浜名湖ツーリズムビューローのサイトをご覧ください。

北欧雑貨マリメッコ+カフェ+リノベーション=みんな大好き

天竜浜名湖鉄道「都田駅(みやこだえき)」 スローライフなローカル鉄道の無人駅

そんな無人駅を地元の人たちで、おしゃれなリノベーションをされて今注目のスポットです。

北欧ブランドMarimekko(マリメッコ)のファブリックで着飾る駅と併設のMiyakoda駅CAFE 

アンティーク調の駅舎と鮮やかなマリメッコの色合い+自転車や小物で、映えるんです!

▼駅舎

cafe5.jpg

▼Miyakoda駅CAFE

cafe.外観5jpg.jpg

こんなおしゃれな雰囲気で飲むコービーってたまりません!

とても素敵な参考サイトがあったので、ご紹介します。↓

http://dlofre.jp/cafe-restaurant/eki-cafe/

このMiyakoda駅CAFEがある都田駅は、天竜浜名湖鉄道を使って訪問できます。

しかも 天竜浜名湖鉄道の「スローライフトレイン(レトロ ドロフィーズ)」

という車両は、内装がマリメッコ仕様なのです!

スローライフトレイン(レトロ ドロフィーズ).jpg 

詳しい運行時間はこちらのサイトを参照ください♪

この車両以外にもラッピング車両や車両基地見学もできるので、電車好きな方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

鉄道51.jpg

オルゴールの音色と絶景スポット

湖のほとりの舘山寺エリアから、ロープウエイで浜名湖を一望できる大草山展望台があります。

まさに絶景スポットで、夕陽をながめながらロマンチックなひと時を過ごせるんです。

ロープウェイ5.jpg

その山頂にある「浜名湖オルゴールミュージアム」では、高級車が買えるほどの高価なオルゴールが並び、実際にそのオルゴールの演奏会や、説明をしてくれます。

アンティークなオルゴールをモノクロで撮影してみると、素人の私でもそれっぽい写真を撮ることが出来ました。

オルゴール.jpg

豪快な火花舞い散る手筒花火

諏訪神社祭礼として、江戸時代から新居地域で行われている奉納煙火「遠州新居の手筒花火」

なんと2日間で2,000本もの手筒花火が披露されるそうです。

実際には、男たちの威勢のいい掛け声の中熱い雰囲気を体験してほしい!

写真もいいですが、動画としての映えポイントとしてオススメします。

IMG_0104.jpg

ここからはグルメについてご紹介。

しぞ~か(静岡)グルメって日本一かもしれません。

というのも静岡の特産品数が日本一だそうです。

その特産品を地産地消するということで、日本一なのです。

そんな しぞ~か(静岡)グルメのうち実食してみて映えたグルメを紹介します!

炭焼きレストランさわやか さん

「安心・安全・元気のでるおいしさ」で、静岡県下31店舗展開中のレストラン「さわやか」さん

今回静岡に行く前に、インスタ映えな画像を探しているとまずココに目がとまりました。

今回は牛肉100%のげんこつハンバーグをオーダー♪

sawayaka5.jpg

炭火で香ばしく あふれる肉汁  ほとばしる肉汁 ごくごくイケる肉汁

ゴロゴロとした肉塊の触感!

最高です!

そんな臨場感をお楽しみください。

漆黒のおでん! 名物しずおかオデン

黒いおでんで、有名な静岡おでん

今回初めて食べることができました。

普段たべる関西風のおでんと比べるとかなり黒い。

これって かなり醤油からいのか! どんな味か想像できませんでした。

実際 食べてみると!

旨い! からくなく さっぱりさがギャップ萌えです。

関西風だと カラシをつけたりしますが、静岡おでんは味噌や青のりをトッピングして食べてる人もいました。

oden.jpg

フルーツ天国♪浜松市フルーツパーク

今回実食するのに、浜名湖周辺の「浜松市フルーツパーク※はままつフルーツパークさん」にお邪魔しました。

こちらでは、様々な果物が栽培されていて、季節によってフルーツ狩りが楽しめます。

園内には、フルーツバイキングのレストランもあって、甘いもの好きにはたまりません。

普段スーパーで買う果物は完全に熟れる前に収穫し運搬されますが、こちらでは完熟したフルーツが頂けるので、甘さも美味さも抜群でした。

furu-tu.jpg

いちご狩りがまだ大丈夫だったので、少し体験♪

いちご狩り.jpg

ichigo5.jpg

浜名湖といえば! うなぎ! 鰻! ウナギ!!!

うなぎといえば、浜名湖! 本当にたくさんの鰻店があります。

今回は、そんな鰻を食べれるお店の中でも絶景を見ながらいただける、インスタ映えな有名店を訪問しました。

納涼亭 さん」 

その眺望が有名で美しい絶景を見ながら鰻を食べれるので、味覚も視覚も大満足!

ここのご主人は、ミシュラン三ツ星 銀座の名店「すきやばし次郎」の小野次郎さんと幼馴染だそうで、店内にも写真がかざってありました。

unagi52.jpg

unagi5.jpg

昭和レトロな映えスポット  静岡ゴールデン横丁

美食・・・絶景・・・・ 

もしかすると究極の映えなスポットはまだあるのでは?

そんな帰りの静岡駅前。

最後の夜に周辺散策していると。。 

昭和レトロな一角を発見

go-rudenn.jpg

IMG_20180515_211137_599.jpg

好きです!

こんな感じ!

今日はここで飲みたい! ということで、静岡ゴールデン横丁内の「三代目 魚寅」へ突撃!

ここで名物の珍味を頂くことに成功しました!

もうかの★星? なんですか?

今や 生レバーが食べれないご時世。そんな中 モウカサメの心臓の刺身がありました。

食べてみると 生レバーの感覚でなく コリコリとしていて味は生レバー風な珍味

かなりお酒がススム一品でした!

tinnmi.jpg

最後に

静岡県は、東西に広く見どころたっぷりの観光スポットです。

今回は、浜名湖周辺のインスタ映えポイントを探してみました。

観光だけでなく、名物のうなぎなどのグルメの宝庫でもあります。

東西に広い静岡のほんの一部だけで、楽しみがふんだんにある魅力満載静岡が大好きになりました!

プロフィール画像
この記事を書いた人
青山幸嗣
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/08/04最終更新日:2019/05/31

Views:

静岡のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.