たびこふれ

<静岡>2018年に注目したい4つの新旧スポットをご紹介!

記事投稿日:2018/06/23最終更新日:2018/06/23

Views:

春の陽気となった頃、静岡へ行ってきました。今回は、その旅で訪れた新スポット・古き良き旅館・ホテルなど全部で4つの施設をご紹介したいと思います。

1. 2018年2月23日オープン!富士山ドラゴンタワー

IMG_0564[1].jpg

まず初めに訪れたのは、新富士駅より車で約10分の距離にある「富士山ドラゴンタワー」です! 今年、2018年2月23日、田子の浦みなと公園にオープンしたばかりの新観光スポットです。

IMG_0579[1].jpg

富士ヒノキが使用され、高さも富士山の100分の1の37.76メートルと富士山にちなんだタワーとなっております。もちろん見晴らしも良く、駿河湾や天気が良ければ富士山も見ることが出来ます! 夜になると工場夜景も綺麗です!

2. 静岡ランチは創業明治23年の割烹旅館でにじますを!

今回の昼食はJR富士宮駅より徒歩約5分のところにある、創業明治3年「割烹旅館小川荘」さんで頂きました!

IMG_0580[1].jpg

メニューは、にじますのお茶漬けです。

IMG_0581[1].jpg

まずは、そのままお刺身で!

IMG_0583[1].jpg

次に、海苔とにじますとご飯、薬味を入れて海苔巻きで!

IMG_0587[1].jpg

最後はお出汁を入れてお茶漬けで! にじます文化の伝播を目的とし、富士宮にじます学会の認定店でもある小川荘さんで頂くにじますは本当に美味しかったです! ちなみに、写真のにじますはピンク色ですが、小さい時は白身のお魚らしいですよ~

割烹旅館小川荘
住所:〒418-0066 静岡県富士宮市大宮町10-16
TEL:0544-26-2197
公式サイト:http://ogawasou.jp/

3. 2017年12月23日オープン!富士山世界遺産センター

こちらは昨年・2017年12月23日にオープンしたばかりの富士宮市の新観光地、「富士山世界遺産センター」です。

IMG_0591[1].jpg

まず驚くのが建物の形! なんと逆さ富士を表現しています。 建物が水盤に反映することで、富士山の形が浮かび上がるという面白い設計になっております。

建物内では映像を使った展示や1枚の大きな絵画のように実際に本物の富士山を眺めることができるスペース、歴史的な書籍や絵から時代ごとの富士山の価値を紐解くゾーンなど様々な角度から富士山についての知識を深めることができる工夫がありました。

静岡県富士山世界遺産センター
住所:〒418-0067 静岡県富士宮市宮町5-12
開館時間:通常 9:00~17:00/7・8月 9:00 ~ 18:00(※最終入館は閉館の30分前)
公式サイト:https://mtfuji-whc.jp/

4. 老舗ホテルで絶景のおもてなしを・・・日本平ホテル

さて!旅の目的はお宿!という方も多いのではないでしょうか? 今回、宿泊したのはツアーでも人気の日本平ホテルです!

IMG_0639[1].jpg

お部屋の大きな窓からは、広大なお庭と富士山が見える最高の景色が広がっておりました!

IMG_0615[1].jpg

皆様も是非、自然の雄大さを実際に体感してみてください!

IMG_0620[1].jpg

夕食もとても美味しく心もお腹も満たされました。

日本平ホテル
住所:〒424-0875 静岡県静岡市清水区馬走1500-2
TEL:054-335-1131
公式サイト:http://www.ndhl.jp/

最後までお読み頂きありがとうございました!静岡の魅力、少しでも皆様に伝わりましたでしょうか?人気観光地静岡には定番の観光地から新しい観光地まで沢山の魅力が溢れております!
是非皆様も静岡へのご旅行はいかがでしょうか?

プロフィール画像
この記事を書いた人
国内現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/06/23最終更新日:2018/06/23

Views:

静岡のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.