たびこふれ

絶対好きになる...静岡県「駿河エリア」!グルメや名所9選

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/06/11
最終更新日:2018/06/11

Views:

はじめに

皆さま、静岡県というとどんなイメージをお持ちですか?私は、恥ずかしながら富士山・浜名湖・お茶...ぐらいしか出てきませんでした。。。今回そんな静岡の駿河エリアに行ってきました! 行ってみると印象はガラっと変わり、見所たくさんの素敵な場所でした★

すべては書ききれないので、印象深かったものをピックアップさせていただきます!

<目次>

1. 静岡おでん

地元の方のソウルフードである「静岡おでん」! 今回は、浅間通りにある「おがわ」さんでいただきました!

180516_ozaki_.jpg

180516_ozaki_IMG_1975.jpg

黒くて味が濃いイメージだったのですが、静岡おでんと呼ぶには【5箇条】があるのだそうです!それがコチラ!

180516_ozaki_IMG_1973.jpg

ちょっと光って見えにくいですね、すみません! 「駄菓子屋にある」が不思議な感じですねぇ(^^;

色は濃いですが味は濃くなく、青のりとだし粉の風味が普通のおでんとは違って美味しかったです。

180516_ozaki_IMG_1965.jpg

ぜひ皆さまも食べてみてください♪

おがわ
・住所:〒420-0867 静岡県静岡市葵区馬場町38

2. 久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)

久能山東照宮は、徳川家康のお墓がある神社です。権現造(ごんげんづくり)という建築様式で作られていて、静岡県では1つだけの国宝となっています。駿府城(すんぷじょう)で亡くなった家康のご遺体は、その日の夜にはこちらへ移されたのだとか。

180516_ozaki_IMG_1992.jpg

180516_ozaki_IMG_1993.jpg

180516_ozaki_IMG_2000.jpg

日光東照宮がお墓だと思っていましたが、『久能山はお墓・日光はお仏壇』のイメージだそうです。歴史に詳しくないので勉強になりました!

そのお墓がこちらです。

180516_ozaki_IMG_2009.jpg

現在、2018年6月30日までは夜間特別拝観が行われており、竹で作られた灯篭とライトアップがとても美しいそうですよ! 私は残念ながらお昼だったので見られなかったですが、夜景が大好きなのでチャンスがあればぜひ行きたいです!

180516_ozaki_IMG_1998.jpg

180516_ozaki_IMG_2003.jpg

久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)

・住所:〒422-8011 静岡県静岡市駿河区根古屋390
・公式サイト:https://www.toshogu.or.jp/

3. 玉露の里(ぎょくろのさと)

藤枝市にある「玉露の里」へ! 静岡のお茶初体験♪ 今回は茶室でお茶とお菓子をいただきました。

180516_ozaki_2093-2.jpg

まずは一番茶を。

180516_ozaki_IMG_2082.jpg

180516_ozaki_IMG_2085.jpg

かなりお出汁に近いような味(塩気があるように感じる)でした! お茶と思っているので、一瞬頭がパニックになります。これが「うまみ」だそうでビックリでした!

そして二番茶を。

180516_ozaki_IMG_2087.jpg

こちらは、いつも飲んでいるお茶に近い味になっていました!こんなに1杯目と2杯目で味が変わるだなんて!! これも体験しないと味わえないので是非ともオススメです!

余談ですが、藤枝市は「朝ラー」が有名だそうです。朝ラーとは、その名の通り「朝に食べるラーメン」です! そしてラーメンが冷たいのだそう!想像ができませんが、病みつきになるそうですよ!朝4:30からオープンしているお店もあるようで、こちらも食べてみたいですねー★

玉露の里(ぎょくろのさと)

・住所:〒421-1115藤枝市岡部町新舟1214-3
・TEL:054-668-0019
藤枝市公式サイト:http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/soshiki/_shisetsu/1445918554611.html

4. かつおぶし (新丸正)

「新丸正」さんは、焼津港に水揚げされる鰹を鰹節などに一貫して製造されている会社です!(大体の鰹節は、行程ごとに分業制だそうで、一貫している会社は珍しいそうです)関西の番組でも、新丸正さんが作った「食べる梅ポン酢」が取り上げられていて、少しテンションが上がりました!こちらでは、「利き出汁」を♪

左から、「まぐろ」・「かつお」・「さば」・「いわし」です。180516_ozaki_IMG_2110.jpg

まぐろはアッサリでした!玉露の一番茶に似てる印象だったので、一番うまみがあるのでしょうか!?私は、さばが一番好きでした★工場の横にはお店もあるので、是非お土産にどうぞ!

新丸正(しんまるしょう)

・住所:425-0064 焼津市三和1384-1

5. 焼津漁港(やいづぎょこう)

焼津漁港では朝イチでマグロのセリの見学へ! セリを見るのは初めてでした!

180516_ozaki_IMG_2122.jpg

180516_ozaki_IMG_2138.jpg

ここで獲れるマグロは「ミナミマグロ」という品種で、本マグロとは別物だそうです。
この日はインド洋やケープタウンなどで獲れたマグロが106本も並んでいました!
なんと、航海の日数は、180~540日にも及ぶそうで、延縄の仕掛けの長さは長いものだと180kmにもなるそうです。
これは、東京~焼津間と同じ長さだそうです...おそろしいスケールですよね。。。
 
セリの前に仲買さんたちは尻尾の切り身をチェックしています。この目利きが大事なんですねぇ☆

180516_ozaki_IMG_2141.jpg

180516_ozaki_IMG_2133.jpg

そしてセリ開始! なんと15分ほどで終わってしまいました!! すごーい!!

セリのあとは、朝ごはんのマグロ丼♪ 赤身もトロも最高でした★

180516_ozaki_IMG_2160.jpg

私、赤身があまり好きではないのですが、いつも食べている赤身とは違いました!!
いつもこのマグロだったらなぁ~と感動しながらペロっと完食しました☆

漁港の周りにには、新鮮な魚が食べられるお店がどんどん出来ていて、朝から並んでいる所もあるぐらい名所になりつつあるのだそうです!

焼津漁港(やいづぎょこう)
・〒425-0023 静岡県焼津市新屋
・TEL: 054-627-7340

6. ふじのくに茶の都ミュージアム

ふじのくに茶の都ミュージアムは、この春に島田市にできた様々な視点からお茶について学べる場所です。

180516_ozaki_IMG_2206.jpg

常設展示では世界のお茶が置いてあり、自由に触って香りを確認することができます!

180516_ozaki_IMG_2193.jpg

日本庭園や茶室もあり、とっても綺麗な施設となっています!(しかも絶景です!)

180516_ozaki_IMG_2197.jpg

180516_ozaki_IMG_2198.jpg

カフェもショップもあるのでお茶をお土産にすることもできますよ!

ふじのくに茶の都ミュージアム
・住所:〒428-0034 静岡県島田市金谷富士見町3053番地の2
・開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)
・休館日:毎週火曜日(ただし、火曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)
・観覧料:一般300円/大学生以下、70歳以上障害者手帳をお持ちの方 無料
・公式サイト:https://tea-museum.jp/

7. 蓬萊橋(ほうらいばし)

島田市にある「蓬萊橋(ほうらいばし)」は、ギネスブック認定の世界一長い木造歩道橋です!その長さは「897.4m」で、『8(や)9(く)7(な)4(し)』として昔から人気があったそうです! 今でいうパワースポットですね☆

180516_ozaki_IMG_2251.jpg


蓬萊橋(ほうらいばし)
・住所:島田市南2丁目地先
・入場料:大人(中学生以上)100円/小人(小学生) 10円/未就学児 無料※障害者手帳をお持ちの方 無料
・島田市観光協会公式サイト:http://shimada-ta.jp/tourist/tourist_detail.php?id=2

この蓬萊橋のたもとで【蓬萊橋897.4茶屋(ほうらいばし やくなし ちゃや)】が今年の3月にオープンしました! 新名所♪

180516_ozaki_IMG_2261.jpg

浅蒸しと深蒸しのお茶をいただきました! 茶菓子もありますよー♪色の違いは、あまり分からないですかねー。

180516_ozaki_IMG_2256.jpg

180516_ozaki_IMG_2254.jpg

この日は本当に暑かったので、生き返りました!冷茶にしても浅蒸しと深蒸しの味の違いがハッキリ出ていて味比べできて美味しかったです。

8. バリ勝男クン。(シーラック)

バリ勝男クン。皆さまご存知ですか? 水産加工食品メーカーのシーラックさんが手掛けているかつおぶしで作ったおつまみやふりかけのシリーズです! 静岡のお土産に大人気だそうです!! そちらの工場見学へ行って来ました★

工場見学なので、作業服をまといお邪魔にならないようにしながら説明を。

180516_ozaki_IMG_2269.jpg

途中で出来立てのかつおぶしなどをいただきました! 工場見学の醍醐味です!

180516_ozaki_IMG_2270.jpg

180516_ozaki_IMG_2275.jpg

180516_ozaki_IMG_2274.jpg

他にも様々な食品を作られているそうで、最近では結婚式の引き出物なども手掛けていらっしゃるそうですよー!駅などでも販売しているので、皆さまもお土産に是非どうぞ~☆

9. さいごに

静岡の駿河エリア、いかがだったでしょうか?このエリアだけでもまだまだオススメポイントがあるので、静岡は本当にたくさんの見どころがある場所です!今回、富士山が全く見られなかったので、絶対また行きたいです!

そして、ご紹介した場所は、団体旅行でしか行けない所もありますので、要チェックで行ってみてくださいね~☆

最後の最後に...いつかは、この絶景の「日本平ホテル」に泊まりたいと思います☆

180516_ozaki_IMG_2070.jpg

180516_ozaki_IMG_2058.jpg

左下から続いている岩の先に...富士山が見えるそうですが...この日は嘘のように何もないです。笑

180516_ozaki_IMG_2050.jpg
 
こちらで結婚式の前撮りをされていました。 最高のロケーションで見ている方が幸せな気持ちになりました!

180516_ozaki_IMG_2034.jpg


日本平ホテル
・住所:〒424-0875 静岡市清水区馬走1500-2

TEL:054-335-1131
・公式サイト:http://www.ndhl.jp/

プロフィール画像
この記事を書いた人
ざぴお
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/06/11
最終更新日:2018/06/11

Views:

この記事に関連する記事

静岡のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.