たびこふれ

お化けが出る⁈アイルランドのヘルファイアークラブへハイキング

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/14
最終更新日:2018/03/14

Views:

お化けが出るの?ヘルファイアー・クラブ

アイルランドには、お化けが出ると言われている場所がいくつもあります。その中の一つが、ヘルファイアー・クラブ(The Hellfire Club)と呼ばれている、ダブリン・マウンテンにある建物です。

DSCF3406.JPG

ヘルファイアー・クラブの歴史

1725年に、ウィリアム・コノリー(William Connolly)というお金持ちが、ダブリン・マウンテンにある、Montpelier Hill (モンペリエ・ヒル)に、ハンティングロッジを建てました。

この場所は昔、羨道墳だったと言われており、ロッジを建てる際、石塚を壊して建てたと言われています。ある日、嵐により、屋根が吹っ飛んでしまうという事態が起こりました。地元の人は、石塚を壊して建てたせいだ、悪魔の仕業だと言いました。地元の人は、悪魔の場所だと呼びました。ウィリアム・コノリーはロッジを建てた4年後に死亡しました。偶然でしょうか???

その後事建物は売られ、ヘルファイアー・クラブ(The Hellfire Club)の建物となりました。そのため、この建物はThe Hellfire Clubと呼ばれているのです。

悪魔と関係?

1735年、リチャード・パーソンズ(Richard Parsons)がヘルファイアークラブを設立。彼は道楽半分に黒魔術をする人でも知られていました。時には悪魔の恰好をしたため、The King of Hellとも呼ばれていました。

お金持ちの男性しか入れない、ヘルファイアー・クラブ。ジェントルマン・クラブとも言えます。しかしヘルファイアー・クラブのメンバーたちはこのロッジに集まり、悪魔の恰好をしたり、お酒を飲んだり、女性と淫らな行為をしていたと言われていまので、本当にジェントルマンだったのかは不明です。時には猫や召使を生贄にしたり、わざと火事を起こして悪魔を呼ぼうとしていたとも言われています。そのため彼らのことを、悪魔を崇拝する集団であるという噂もたっていたのです。

ついに悪魔が現れた?!

ある日カードゲームをしていたところ、ある男性がロッジのドアをノックしました。その男性を中に入れてあげて、一緒にカードゲームをしていたのです。その中の一人がカードを一枚床に落としてしまいました。拾おうとして、ふと足元を見ると、その男性の足は人間の足ではなく、先が二つに分かれた、蹄を見たというのです。

もう一つお話があります。

ある日、地元の若いファーマーがポンぺリエ・ヒルに登り、メンバーの紹介でヘルファイアー・クラブの中で何が起こっているのか見せてもらったのです。しかし、翌日彼は一人でうろついているところを発見されました。しかし彼は自分の名前も言えず、二度と話すことができなくなったと言われています。彼はいったい何を見たのでしょうか?

モンペリエ・ヒルを登り、ヘルファイアー・クラブへ!

ダブリン・マウンテンにあるポンペリエ・ヒルを登り、ヘルファイアー・クラブを訪れるには、30分ほど歩かなければいけません。しかし初心者でも大丈夫な道のりなのでご安心を!ただ、舗装されているわけではありませんし、突然の天気の変化や、気温が少し低いこともありますので、スニーカーやウォーキングシューズ、それなりの服装をして出かけることをお勧めします。

駐車場がありますので、そこへ車を止めて、山を登ることになりますが、私は地元のお友達に連れて行ってもらったため、友達の友達が所有している牧場(ヘルファイアー・クラブの麓)から入ってしまったので、駐車場の写真がありません。すみません。

舗装されていない道を歩きます。雨が降った翌日などは、水溜まりも出来ていて、足元が悪いこともあるので、スニーカーやウォーキングシューズが最適です。

DSCF3399.JPG

後ろを振り返ると。。。ダブリンの街が展望できます!

DSCF3400.JPG

進行方向左手にはこんな景色が広がります!

DSCF3401.JPG

ヘルファイアー・クラブが見えてきました!

DSCF3402.JPG

現在は廃墟となっている、ヘルファイアー・クラブ。

DSCF3407.JPG

ヘルファイアー・クラブの目の前には、ダブリンを一望できる、こんな景色が広がっています。

DSCF3405.JPG

馬が放牧されていました。とても人懐っこい馬たちでしたが、私の友達が草をあげようとしたら、逃げて行きました。友達のことが好きじゃなかったようです。

DSCF3441.JPG

ヘルファイアー・クラブの中へ入ってみよう!

建物は2階建てです。一階には両端に一部屋ずつあります。落書きがされていてちょっと残念ですが、悪魔やお化けが出るのでは?と思わせる雰囲気は今でもあります。

DSCF3408.JPG

DSCF3432.JPG

DSCF3433.JPG

ファイアープレイス(暖炉)らしきところがあります。

DSCF3418.JPG

上を覗くと。。。外に繋がっています。友達は小さい時、ここをよじ登って外に出ていたそうです。

DSCF3417.JPG

二階に行く階段を上りましょう。

DSCF3428.JPG

こちらも左右に部屋があります。

DSCF3415.JPG

二階からの眺めが最高です!

DSCF3416.JPG

DSCF3413.JPG

DSCF3422.JPG

ヘルファイアー・クラブの前には墓石が建っていました。最近亡くなられた方のものです。このヒルに関係がある方のお墓でしょう。

DSCF3434.JPG

向かって左横からみたヘルファイアー・クラブ。昨年、この後ろ側で、発掘が行われました。

DSCF3438.JPG

こちら側にも道があり、こちらからでも登れます。森林の中を通るので、風に揺れる木々の音がまるで川のせせらぎのように聞こえ、私はこちらの道の方が好きでした。

DSCF3440.JPG

夜に訪れると。。。

私たちは朝に訪れたのですが、夜でも訪れることができます。出入りは自由なのです。夜に訪れると、また違う顔があるそうで、変なにおいがするだの、雰囲気が全く違うだのという人がいるそうです。午後7時から出発するバスツアーもありますので、夜に訪れたい方はこちらのバスツアーを利用するのも良いと思います。こちらから見るダブリンの夜景は最高だと思います!
http://www.hiddendublinwalks.com/ghost-tour-dublin.php

開発が進む予定のダブリン・マウンテン

ヘルファイアー・クラブを訪れる人が年々増えているそうで、こちらにビジターセンターを設置して、ダブリン・マウンテンにスポットライトを当て、もっとたくさんの人が訪れるようにする計画があります。それに伴って、交通量が増える心配もあり、地元では反対の声も挙がっているようですが。個人的には現在のままの方が自然が体験できるので素敵だと思います。開発が進む前に、もう一度こちらへ訪れてみようと思っています。皆さんも、ダブリンに滞在の際には、少し足を延ばして、ヘルファイアー・クラブへぜひいらしてください。

DSCF3425.JPG

プロフィール画像
この記事を書いた人
ティファニー・カイリー
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/14
最終更新日:2018/03/14

Views:

この記事に関連する記事

アイルランドのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.