たびこふれ

台湾に行くなら気を付けて!台湾でやってはいけないコト4選。日本と異なるマナーもいくつかあるんです

記事投稿日:2014/07/15最終更新日:2018/08/01

Views:

台湾は日本からも近く、日本のお店、グッズで溢れています。そして、日本に似た街並みに懐かしさを、レストランでの「いらっしゃいませ」のかけ声に嬉しさを感じます。

同じアジアの国でも特に親日ということもあり、親しみやすく温かみのある方が多いので、つい日本と同じように安心して暮らしてしまうのですが・・・。実は住み始めてみると、時々「あらっ!」と驚くほど文化や習慣の違いがあり、戸惑うこともしばしば。

今日は、台湾ではマナー違反になることや、気をつけておきたいコト、注意するコトをまとめたいと思います。

目次

1. 電車・バスでは飲食禁止

台湾の電車(MRT)・バスでは、飲食は禁止とされています。

たとえ、ガムや飴でも罰金になります。喉が渇いたと、思わずペットボトルの飲料を飲むことも禁止となっていますので注意が必要ですね。

2. 公共の場はほとんど禁煙

レストラン含め、公共の場は禁煙というところがほとんどです。

喫煙所以外は全て禁煙となっていますので、街中でタバコを吸うのも罰金となります。

3. 道路が日本と逆

道路は日本とは逆で、台湾は人が左側通行、車は右側通行となっています。車の座席ももちろん、左ハンドルです。

また残念ながら、タクシー含め、交通マナーは決して良いとは言えません。バイクも多く走っているため、特に交通事故には気をつけましょう。

私自身、台湾でタクシーに乗った際、車に当てられてしまったことが2度あります。幸いにも大事には至りませんでしたが、念のためシートベルトを付けるのが確実です。

4. 深夜に女性のタクシー利用は控える

深夜の女性のタクシー利用はなるべく控えた方が良いです。

もし乗る際には、ホテルやレストランから呼んでもらい、乗車ナンバーを確認していただくのがベスト。特に、台北以外の地方へ行った際には気をつけた方が良いです。

【個人的に】台湾の薬に注意

TW_140702_01.JPG

そして、個人的に気をつけていること。こちら、台湾のお薬です。

実は台湾のお薬は、日本のものよりも成分が強いようです。よく言えば、その分効果がある(?)のですが、やはり日本人には合わないことも多いようです。

旅先で体調が悪くなっている時に、慣れていないお薬を飲むのはもってのほか。是非、そうならないように体調管理ができたら良いのですが、万が一体調不良になってしまったときのために、なるべく飲み慣れたお薬を持参されるのが良いかもしれません。

以上、上記に挙げたことが基本的なことです。規則を守り、安全にご旅行を楽しんでください。

TW_140702_02.JPG

まだまだ暑い台湾。かき氷がとびきり美味しい季節ですね。一日一回以上、食べ過ぎにはご注意ください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Ciel
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2014/07/15最終更新日:2018/08/01

Views:

この記事に関連する記事

台湾のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.