たびこふれ

必ず知っておきたいベトナムのタブー! ベトナムの常識・非常識について

記事投稿日:2018/03/29最終更新日:2018/03/29

Views:

陽気で明るく、楽観的な国民性が魅力のベトナム。毎年世界中から多くの観光客が訪れる国だから、外国人に対してもフレンドリーで、街を歩いていると気さくに声をかけられることも珍しくありません。治安も比較的安定していて、海外旅行に不慣れな方でも旅行しやすい国ではありますが、実際に現地で観光をする際には注意点も。

そこでこの記事では、ベトナムでタブーとされている事柄について詳しくご紹介していきます。一般的にはタブーとされてはいるものの、実はさほど気にしていないこともあるなど現地の人でも感じ方はさまざまですが、旅を最大限に楽しむためにもベトナムの常識・非常識についてはきちんと理解しておきましょう。

食事のときに気をつけたいこと

食文化が異なれば、食事のマナーにも違いがあるのは当然です。では、実際にベトナムのレストランやお店で食事をするときにはどんなことに気をつければよいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

フォーの器に口をつけてすすらない

旅行中に絶対食べておきたい日本人にも人気のベトナム人のソウルフード「フォー」。出来立てがテーブルに運ばれてきたら、まずは熱々のスープを味わいたいところですが、日本でラーメンを食べるときのように器に直接口をつけてスープをすするのはマナー違反。ベトナムでは、「大きな器は持ち上げない」というのが一般的で、スープを飲む場合にはレンゲを使って音を立てずに飲むのが正しいマナーだとされています。

麺をすすって食べない

日本では蕎麦やうどん、ラーメンを食べるときには音を立てて食べるのがごくごく一般的ですが、ベトナムでは麺をすすって食べるのはマナー違反になります。フォーなどの麺類を注文すると、必ず箸と一緒にレンゲやスプーンが付いてきますので、箸でつかんだ麺を一旦スプーンにのせてから音を立てずに口に運ぶようにしましょう。

料理を取り分けるときに直箸をしない

ベトナムでは大皿で料理が提供されることが多く、それを小皿に取り分けて食べます。自分の食べる分を取るときには、自分の箸を直接大皿に入れる「直箸」がOKとされているのですが、人の分を取り分けてあげるときには直箸はマナー違反になるため注意が必要です。その場合には、箸を裏返して口をつけていない側で取り分けるのが正しいマナーだとされています。

TPOで気をつけたいこと

自分の国では当たり前のようにしていることが、海外では非常識とされてしまうケースは少なくありません。観光中は現地の人たちと接することが多くなりますので、ベトナムのマナーをきちんと理解しておくことが大切です。では、実際にベトナムのTPOで気をつけるべきことを詳しく見ていきましょう。

寺院で肌の露出が多いのはNG

一年を通して気温が高く日差しの強いベトナム。ホーチミンなど南部の観光の際にはできるだけ涼しい格好で動きたいところですが、寺院を訪れるときには肌の露出を抑えるように心がけましょう。さっと羽織れる薄手の上着を一枚準備しておくと、臨機応変に対応ができるのでおすすめです。また、女性の場合ミニスカートは避けたほうがいいでしょう。

軍関係者や警官にカメラを向けない

ベトナムでは観光中に軍関係者や警官を見かけることがよくあります。その際、旅の記念にと思って写真を撮ってしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことも。好奇心に任せて行動してしまうと危険ですので注意が必要です。

子どもの頭を撫でない

市場など現地の人が多く集まるような場所では、ベトナム人の子どもを見かけることもあります。人懐こい子どもなどは自ら寄ってくる場合もありますが、日本人の子どもに接する感覚で頭を撫でてしまうのはNG。ベトナムは日本と比べて誘拐が多いため、場合によっては親が不快に感じてしまうことも。

人差し指と中指をクロスさせたジェスチャーはNG

欧米では「幸運を願う」サインとして一般的な「人差し指と中指をクロスさせたジェスチャー」ですが、ベトナムでは相手を侮辱する大変品のないジェスチャーとされています。

トラブルが起きないように気をつけたいこと

文化や習慣の違いが原因のトラブルを避けるためには、どのような点に気をつけたらよいのでしょうか。ベトナム旅行で注意すべきポイントを詳しく見てみましょう。

貴重品を肩からぶら下げない

ベトナムはバイクに乗ったひったくりがとても多いため、貴重品の入ったバッグやカメラなどを肩からぶら下げて歩くのは大変危険です。ひったくられた弾みで転倒して怪我をしてしまうこともあるので注意しましょう。

週刊誌などでも持ち込みに気をつける

ベトナムでは性的な表現のある漫画や肌の露出が多いグラビア写真などの掲載された書籍を所持することに対して厳しい規制があります。日本では一般的に手に入る週刊誌であっても、グラビアページなどがある場合には空港で没収されて、罰金が課せられてしまう可能性もあるため注意が必要です。

国家への批判をしない

ベトナムの政治体制や情勢などについて、公共の場で批判をしてしまうと、それが取り締まりの対象となってしまうこともあるので気をつけましょう。

日本と異なる文化を持つベトナムですが、正しく情報を理解しておけば、不要なトラブルを避けることができるはずです。上記でご紹介したタブーに気をつけながら、ベトナム旅行を楽しんでくださいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
旅の基本情報お届け部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/03/29最終更新日:2018/03/29

Views:

ベトナムのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.