たびこふれ

台湾の民族「客家(ハッカ)」について知っていますか?

記事投稿日:2018/02/15最終更新日:2019/03/14

Views:

台湾の新しい観光「客家文化」巡り

人気の旅行先、台湾ですが、「客家」をご存知の方は少ないのではないでしょうか。客家とは、客家語を話す漢民族の人々のことで、古代には中国東北部に住んでいたといわれます。新竹地区を中心に客家文化を巡る観光が出来るとのことで今回、そんな客家の知識を深めるルートを巡ってきました。

写真01.jpg

写真02.jpg

ローカル感溢れる客家料理

客家料理として良く出てきたのは、「客家小菜」細ギリの豚肉、イカ、厚揚げ、ネギを炒めたもの。日本の伝統的な味付けに似ていてとても食べやすく美味しいです。また、「菜包」という客家の野菜まんじゅうもメジャー。米粉でつくったまんじゅうの中に、千切り大根とひき肉の炒め煮を入れたもの。客家料理は少ないおかずでもご飯が進むように全体的に味付けが濃い事で有名です。

写真03.jpg 

写真04.jpg 

台北とはまた違う雰囲気の北埔老街

新竹県から車を走らせ、北埔老街にやってきました。ここでは歩いているだけで客家文化を知ることができます。お客さんに対しては、中国語ですが、住民たちは皆互いに客家語で話しているとのことでした。お馴染みの九份ほどごったがえしてはいなく、のんびりとした雰囲気で楽しめました。台北では見慣れないものもあるので、見て歩くだけでもおススメです。

写真05.jpg

北埔老街へのアクセス

台北から新幹線で新竹まで 約30分
その後「台湾好行」バスで「新竹」駅から「北埔老街」までは、約40分弱

いかがでしたでしょうか。まだまだ書ききれない魅力もたくさんあるので、台湾リピーターの方は是非、台北から足を伸ばして行ってみてください♪

【台湾一口メモ】

台湾は日本から飛行時間は3~4時間、時差もマイナス1時間ですので、気軽に行くことができます。親日的としても知られていますので、親切に対応してくれる方も多いと思います。台北近郊だけでも、グルメにショッピング、夜市が楽しい「台北」、赤い提灯が美しい「九フン」、願い事を書いて空に放つ"天燈上げ"が楽しい「十分」など、台湾は見どころがいっぱいです。格安ツアーから豪華ホテルに泊まるツアーまで、たくさんのプランが用意されています。

<時間と費用>(東京発目安)
●飛行時間:約4時間(羽田~台北)
●旅行日数:2~5日間
●ツアー費用:約25,000円~約180,000円

台湾のツアーはたくさんあります。まずはどんなツアーがあるか探してみてはいかがでしょうか?

>>>台湾のツアーを探す(外部サイトへリンクします)

プロフィール画像
この記事を書いた人
NS
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/02/15最終更新日:2019/03/14

Views:

台湾のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.