たびこふれ

日本最大規模の山焼きで春の訪れを感じる。山口県の秋吉台

記事投稿日:2018/02/17最終更新日:2018/02/17

Views:

秋吉台は美祢市の中・東部に広がる日本最大のカルスト台地です。地下には特別天然記念物の秋芳洞など、450を超える鍾乳洞があります。

00600_180201_01.jpg
(c)山口県観光連盟

秋吉台では毎年2月第3日曜日に山焼きを行います。今年の開催予定日は2月18日(日)です。600年以上前からの伝統行事で、伸びた雑草を燃やし、新芽を育てる役割があります。地元の方は秋吉台の山焼きで春の訪れを感じるとか。

朝9:30になると、地元ボランティアの方が一斉に点火。瞬く間に1,138ヘクタールの区域が炎の帯と煙に包まれ、数時間で茶色の草原が黒い絨毯に変わります。1日に行う山焼きの規模としては日本最大です。

00600_180201_02.jpg
(c)山口県観光連盟

炎の高さは5m以上にもなります。観賞場所は秋吉台展望台からと決められていますので、安全のためにも厳守しましょう。

00600_180201_03.jpg
(c)山口県観光連盟

さらに、19:00からは夜の山焼きも行われます(夜の山焼きは別日に変わることもあり)。展望台近くのエリア、約30ヘクタールに火がつけられるのですが、昼とはまた異なる幻想的かつ迫力の光景を眺めることができます。

00600_180201_04.jpg
(c)山口県観光連盟

暗闇に浮かび上がる炎がドラマチックです。

山焼き開催時は交通規制がありますので、事前に情報収集をしてから行くようにしましょう。

写真提供:山口県観光連盟

プロフィール画像
この記事を書いた人
popotan
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/02/17最終更新日:2018/02/17

Views:

山口のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.