たびこふれ

ドバイのお隣「シャルジャ」へハーフデイトリップ!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/02/14
最終更新日:2018/02/14

Views:

アラブ首長国連邦(UAE)は、首都のアブダビをはじめ、ドバイ、シャルジャ、アジュマーン、フジャイラ、ラスアルハイマ(ラアス・アル=ハイマ)、ウムアルカイワイン(ウンム・アル=カイワイン)の7つの首長国から構成されています。観光プランとしては、ドバイをメインにワンデイトリップでアブダビ観光を組み込むというのが王道のパターンですが、ドバイのお隣「シャルジャ(シャールジャとも呼びます)」も是非訪れてほしい首長国のひとつ。

というのも、ドバイやアブダビに比べて物価が安く、ドバイ国際空港を超えてすぐの場所に位置する「ハーフデイトリップにオススメの観光地」といえるからです。場所にもよりますが、ドバイモールからだと渋滞がなければ30~40分ほどで行けるので、当日に思い立って遊びにいける距離感も嬉しいポイント!

今回は、シャルジャといったら「Central Market(別名:Blue Souq)」というくらい有名なスーク(市場)の様子を中心にご紹介したいと思います。

IMG_7639.JPG

ストールがお得に買える!600円のストールはバラマキにオススメ

シャルジャは、物価や賃料の安さを背景に他国からドバイに出稼ぎに来ている労働者のベッドタウンとしても人気で、その面積はUAE第3位を誇る広さなんだとか。ドバイはイスラム教の国とはいえ服装も割とゆるくお酒を飲めるお店も多いですが、シャルジャは飲酒自体NGな上に宗教色が強く閑静な雰囲気なので、遊びに行く際はできるだけ露出を避けた服装を心がけるのがベターでしょう。

車を走らせること30分。ペルシア湾岸沿いにあるCentral Marketにやってきました。道を挟んだ2つの建物から成るこのスークは、青のタイルが印象的な外観から「Blue Souq」とも呼ばれているそうです。

IMG_7613.JPG

IMG_7612.JPG

入口が何カ所もあってどこから入ったのか分からなくなるので、入ってすぐのお店など何か目印になるものを覚えておくといいでしょう。

IMG_7624.JPG

建物は2階建てで、対面のスークにつながる通路にもお店がずらりと立ち並びます。貴金属や宝石、ストールなどの布製品、絨毯、アンティークなど女性好みのお土産屋さんが無数に入っており、全部をくまなく回ろうとすると1日はかかってしまうほどの広さです。

IMG_7619.JPG

こちらのAl Hatimは日本人御用達のストール・スカーフ専門店。これまでに3回ほどCentral Marketに行きましたが、何度来てもこのお店を見つけるのに苦労します(対面のスークにつながる通路のうちのどこかです・・・)。

IMG_7617.JPG

店員のおじさんがいつもチャイティーやコーヒーなどを持ってきてくれるので、のんびりドリンクを飲みながら選ぶことができます。パシュミナと呼ばれるカシミヤの繊維などを編んでつくられたストール・スカーフは、とても肌触りがよく、お土産に持って帰りたい一品。細かい刺繍がほどこされた色鮮やかなものから、日本人好みのシンプルな無地のものまで揃っているので、ぜひ自分の好みを店員さんに伝えて出してもらってみてはいかがでしょう。

無地のストールは肩から羽織れる大判サイズで、クーラーの効いた屋内でも重宝します。値段はたしか50Dhs(約1,500円※)とお値打ち価格!ドバイのオールドスークだと、値切り前提の吹っ掛け価格で提示されるので値切り交渉が面倒な方はシャルジャで買われることをオススメします(笑)。もっと薄手の首に巻くタイプのストールなら20Dhs(約600円※)ほどで買えるので、バラマキのお土産にしても良さそうです。

IMG_7623.JPG

絨毯やテーブルクロス、玄関マットなどを取り扱うお店も多く、アラビックの文字が刻まれたマット?は何て書かれているのか分かりませんがいつも気になっています。どこのお店も大体同じようなものを同じような値段で売っているので、何店舗かまわって比較しなくてもいいのかなと思います。ちなみに私の場合は、「後であのお店に戻りたい!」と思っても毎回どこにあるか分からなくなるので、気に入った商品があったら即決しています。

日本人ウケ抜群の華奢なゴールドアクセサリーもちらほら

IMG_7632.JPG

そのほか、シルバーや18金の貴金属を専門で扱うお店もあり、1階よりも2階のお店の方がリーズナブルな印象です。かなり客引きが激しいので、興味がない場合はスルーしましょう!

IMG_7633.JPG

いかにもなアラビアンチックのアクセサリーだけでなく、日本人ウケする華奢なデザインのブレスレットやネックレスも多数見かけました。ヴァンクリーフ&アーペルやカルティエなどのパクリ?オマージュ?商品もあって、見ているだけでも楽しめます。

IMG_7635.JPG

宝石のルース専門店もあり、カットやクオリティの程は不明ですが1センチ四方くらいのトパーズは100Dhs(約3,000円※)で売られていました。ドバイのゴールドスークには石だけを持ち込めば土台となる部分を18金素材で作ってくれるお店もあるので、長期旅行をされている人ならここで買った宝石でオリジナルアクセサリーをオーダーするのも思い出になりますね。

IMG_7642.JPG

IMG_7646.JPG

ちなみに、1階のジュエリーショップの方が高価な分、しっかりした店構え&品質も良さそうなので、ご自身のニーズに合わせて1階と2階を使い分けしてみてください。そのほか、ドバイTシャツやマグカップ、マグネットなど、ザ・ドバイ土産というものもドバイより安く売っているので、お土産類はここでまとめて買うのがオススメです。

美術館やアートなど芸術を楽しめるHeart of Sharjah

Central Marketを2時間ほど満喫した後、美術館や歴史博物館などが集まるHeart of Sharjahへ移動しました。このHeart of Sharjahは、1950年代のシャルジャの街並みを復元した文化遺産で近い将来シャルジャのメインスポットとなることが期待されている観光地だそうです。

IMG_7657.JPG

カリグラフィ(アラビア語の習字)や世界遺産、アートなど6つの美術館があり、Central Marketとは打って変わって芸術や文化の香りがするエリアですね。残念ながら訪れた日は休館だったので中には入れなかったのですが、歴史に興味がある人ににとってはたまらない観光スポットといえそうです!

IMG_7658.JPG

このエリアの建物はすべて昔のシャルジャを再現したつくりになっていて、ドバイのバスタキヤ地区のような雰囲気です。ブルジュ・カリファのような近代的なドバイもワクワクしますが、こういった歴史が感じられる街並みも魅力的ですね。

IMG_7650.jpg

小さなスークも隣接しているのでここでもお買い物ができます。屋外なのでCentral Marketより市場感が味わえそう。UAEではあまり見かけないマリンテイストのお土産屋さんなど、掘り出し物もありそうなので時間に余裕がある方は立ち寄ってみてもいいかもしれません。

IMG_7652.JPG

最後に、シャルジャに訪れる際に注意したいのが営業時間です。Central Marketは10:00から22:00までの営業ですが、途中13:00頃から16:00頃までお店がいったん閉じてしまうので午前中からの行動がマストです。そして金曜日は16:00からの営業なのでお間違えないように。Heart of Sharjahは8:00から20:00までの営業で、同じく金曜日は16:00からと夜しか開いていないので、金曜は避けてプランニングしてみてください。

さくっとまわればハーフデイトリップに、しっかり堪能したければワンデイトリップに。旅の工程にあわせて、ぜひシャルジャへ訪れてみてはいかがでしょうか。

Central Market

Address: End of Corniche Rd, near Khalid Lagoon, Sharjah.
Open: Saturday to Thursday 10:00 to 13:00, 16:00 to 22:00, Friday 16:00 to 22:00.

Heart of Sharjah

http://www.heartofsharjah.ae/sharjah-calligraphy-museum.html

※1Dhs=30円として計算(2018年1月現在)

プロフィール画像
この記事を書いた人
Mariko Fukuda
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/02/14
最終更新日:2018/02/14

Views:

この記事に関連する記事

アラブ首長国連邦のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.