たびこふれ

まだまだ知られていないインドネシアの観光スポット ヌサペニダ島に行ってみよう

記事投稿日:2018/01/20最終更新日:2018/02/19

Views:

スラマッシアーン 今回はバリ島からスピードボートで1時間弱で行けるヌサペニダ島をご紹介します!

日本人にはまだまだ知られていないヌサペニダ島

ヌサペニダ島はレンボンガン島のお隣にあります。レンボンガン島はここ2、3年で急成長し、今では日本人向けのツアーもたくさん出来ました。そして次にはヌサペニダ島の時代が来ると言われています。

昔からダイビングスポットとしては有名でしたが、観光スポットとしてはあまり知られていませんでした。他の島から来るインドネシア人やヨーロピアン向けのツアーはあり、1、2年前から人気が出てきています。

インドネシア人は写真大好き民族なのでインスタグラムなどでどんどん情報が広がっているんでしょうね。日本人向けのツアーはまだ数が少ないので検索してもなかなかヒットしません。個人で行く事も出来ますが、英語かインドネシア語が出来ないとハードルはかなり高いのが実情です。

ヌサペニダ島への行き方

ヌサペニダ島へはスピードボートで行きます。一番行きやすいのはサヌールのビーチから出ているボートです。レンボンガン島行きのボートと同じビーチから出ており、ボート会社もいくつかあります。他にはベノア港。こちらからはバイクや車も一緒に運べるそうです。クサンバからもボートが出ています。バリ島南部から行くならサヌールから出発するのが一番便利です。サヌールからヌサペニダ島まではだいたい1時間弱です。天候によっては揺れる事もあるので、船が苦手な方は酔い止めを飲んで行きましょう。ヌサペニダ島にはヒンドゥー寺院がいくつかあり、バリ島からお祈りに行くバリ人もたくさんボートに乗っていました。

ヌサペニダ島の見どころ

まだまだ開発途中の島なのでお洒落なレストランやホテルは少ないですが、素朴さと大自然を味わう事が出来ます。

観光スポットも数多くあるんですよ。有名どころだとPantai Kelingking(クリンキンビーチ)、Angles Billabong(エンジェルズビラボン)、Broken Beach(ブロークンビーチ)、Crystsl Bay Beach(クリスタルベイビーチ)など

この4つのスポットは有名なので観光客もたくさんいました。でも日本人には1度も会いませんでした。

Pantai Kelingking(クリンキンビーチ)

IMG_6832.JPG

海の色とってもきれい!! イルカのような形の島が印象的です。イルカのシッポの上は歩くことも出来ます。下のビーチにも降りる事もできますが、私は既に足ガクガクだったので上からの撮影のみです(笑)

Angles Billabong(エンジェルズビラボン)

IMG_6853.JPG

天気や潮の満ち引きによってはもっとブルーに見える事もあるようです。ここで泳ぐ事も出来ます。ただし激しい階段を降りる必要があるので私はここも上からのみの撮影。

こんな木の上で撮影する所もありました!

IMG_6845 (2).JPG

Broken Beach(ブロークンビーチ)

IMG_6860.JPG

穴がぽっかり開いてトンネルのようになっています。何処も自然に出来た形なんて不思議且つ神秘的です。ここの前には高さのある台が置いてありそこから撮影出来るようになっています。

Angles Billabong(エンジェルズビラボン)とBroken Beach(ブロークンビーチ)は同じ敷地内にあります。

Crystsl Bay Beach(クリスタルベイビーチ)

IMG_6867.JPG

ここの岩も不思議な穴が開いています。ここはビーチがあるのでビーチベッドをレンタルしたり、海水浴もできます。そして次の日に島の逆方向にあるPantai Atuh(アトゥービーチ)とRumah Pohon(ツリーハウス)にも行ってみました。

Pantai Atuh(アトゥービーチ)

IMG_6899.JPG

アトゥービーチも下に降りて行けば海水浴が出来ます。どれも不思議な形をした岩ばかりです。

Rumah Pohon(ツリーハウス)

IMG_6897.JPG

名前の通り木の上に家があります。もしかしてここに宿泊できるのかな?落ち着いて眠れなそうですけどね!ここまで行くのにも激しい階段を降りなければいけません。階段と言っても崖にロープが張ってあるだけでけっこう危険!体力に自信がある人は行ってみてください。

初めてヌサペニダ島に行ってみた感想

ヌサペニダ島はけっこう広いので行きたい所全部を回るのは今回無理でした。私は1泊2日で行きましたがボートの時間が行きは朝8:00~8:30頃出発で帰りは15:00~15:30出発になるので最終日はあまり遠くに行くと帰れなくなります。1つ1つの観光スポットが離れていて、移動だけで1時間以上かかってしまう為、日帰りでは難しいと思います。

最大の問題点はまだ整備されてない道も多いこと。ガタガタ、穴ぼこ、道が狭い為、地元の慣れた人でなければ運転はオススメ出来ません。観光はバイクをレンタルして行くか、ガイドを雇って車で案内してもらうかのどちらかになります。私はヌサペニダ島出身の友達にバイクでニケツをして案内してもらいました。白人さんはだいたいバイクをレンタルして自分たちで観光していました。案内表示も分かりにくいし、道に迷う事や天気の事も考えると車で案内してもらう事をオススメします。

まだまだ発展途中のヌサペニダもあと2、3年もしたらお洒落なレストランやビーチクラブ、お土産屋さんなんかも増えるんだろうな~

次回は今回行けなかった所や海水浴やシュノーケリングにも挑戦してみたいと思います。

それではまた会いましょうサンパイジュンパ~

プロフィール画像
この記事を書いた人
Mangga
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/01/20最終更新日:2018/02/19

Views:

インドネシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.