たびこふれ

札幌で本格的アイリッシュパブを楽しんでみない?

記事投稿日:2018/01/04最終更新日:2018/01/04

Views:

初めまして。北海道札幌市在住の新米ライター 酒田 望と申します

いきなりではあるが、私は映画が好きだ。と言っても、有名どころやアカデミー賞の作品をすべてチェックしているわけでもないし、毎週の様に映画館に足を運ぶわけでもない。興味のある作品だけ映画館で観て、気に入ったらBlu-rayで購入して何回か視聴するくらいのライトな映画ファンである。

そんな私が一番好きな作品が、2014年イギリスで公開された『キングスマン』(Kingsman:The Secret Service)である。
有名俳優コリン・ファース主演のスパイ映画モノで、スタイリッシュながらもはっちゃけた世界観にドはまりしてしまった。

劇中、コリン演じるハリー・ハ-トが初めて大暴れするのが、イギリスのとあるパブである。スパイ七つ道具のようなガジェットでチンピラたちをバッタバッタとなぎ倒し、最後の一人を倒した後、ハリーは悠々と席に座って呑みかけだった残り少ないギネスを一息に呷る(あおる)......。

そのシーンを見終わって、もう無性にギネスビールが呑みたくなった。
なんだもう! あれ美味しそう! チンピラ複数人相手に喧嘩しても息切れ一つせずビシッとしたスーツのまま、気だるげにグラスを傾けるハリーの仕草になんともそそられた。いや、ハリーではなく、ギネスに。

ギネスは日本産のビールではなく、アイルランドのビールである。色もなじみ深い黄金色のそれとは違い、真っ黒な黒ビールだ。
世界的に有名なビールではあるが、日本の居酒屋などではあまり見かけることもない。何とか札幌で置いてある店はないかと探してみると、結構あっさりと見つかった。

写真①.jpg

その名も『IRISH PUB O'Neill's』(アイリッシュパブ・オニールズ)。
なんと札幌駅直結である。利便性は言うまでもなく、外見や内装もイギリスのパブに近いデザインで、まるで本場でビールを楽しんでいるかのような感覚になる(行ったことないけど)。

写真②.jpg

写真③.jpg

写真④.jpg

にぎやかな店内がとても楽しい。

ここは本場と違いカウンターで料金を支払ってビールを受け取るのではなく、席で注文し退席時にレジで支払う日本スタイルだ。

写真⑤.jpg

写真⑥.jpg

パブだけあって、アルコールの種類はたいへん豊富。ビールは銘柄ごとに説明が書いてあり、初めてでも選びやすいのが良い。

写真⑦.jpg

酒の他にフードも充実しており、小腹を満たしたい時にもうってつけである。

今回はお目当てのギネスビールと、パブといえば、ということでこれまた有名なフィッシュ&チップス......ではなく、チキン&チップスを頼むことにした。肉と魚なら私は肉のほうが好きだからだ。
ビールは1PINT(パイント。だいたい600ml)か半量のハーフから選べる。もちろんPINTで注文した。

写真⑧.jpg

ギネスには専用のグラスがあり、大抵はこのグラスで出てくる。

届いたギネスビールは予想通り真っ黒だが、泡は反対に真っ白だ。この泡が落ち着いてきれいな二層になった頃が飲み頃、とネットで観たので少し待つ。待ってから、一口含んだ。「うん、おいしい。」日本のびりびりくる炭酸(個人的感想)よりもやわらかい刺激に、クリームのようなきめ細かい泡。麦の強い香りがするすると喉を通った。

写真⑨.jpg

次いで運ばれてきたチキン&チップスは、アツアツで火傷しそうなくらいだった。ブラックペッパーがきいていてこのままでもおいしいが、特製ソースを付けてもまたうまい。

各テーブルにはケチャップとビネガーが常備されているので、お好みで付け足してもいいだろう。ギネスも進む。あっという間に完食してしまった。ごちそうさまでした。

私は酒は好きだが強くはない(むしろ弱い)ので、1杯だけなのにほろ酔い気分で帰路についた。大人数でワイワイ呑むのも、少人数でフラッと立ち寄るにも絶好のお店である。ぜひ一度、札幌の小さなイギリスに足を踏み入れてはいかがだろうか。

それではまた。

インフォメーション

店名:IRISH PUB O'Neill's (アイリッシュパブ・オニールズ)
電話番号:011-213-5151
予約・お問い合わせ:050-5592-8758
住所:北海道札幌市北区北六条西4-3-1 パセオ1F
営業時間:11:00~23:30(L.O. 23:00)、12/31・1/1→11:00~18:00(L.O. 17:00)
定休日:無休
チャージ:なし
公式サイト:http://r.goope.jp/oneills

ちなみに『キングスマン』の続編である『キングスマン: ゴールデン・サークル』は日本で2018年1月5日公開。ぜひ観よう。

プロフィール画像
この記事を書いた人
酒田 望
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/01/04最終更新日:2018/01/04

Views:

北海道のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.