たびこふれ

都会で自然を楽しむブリュッセルの公園 ーカンブルの森ー

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/12/07

Views:

首都であるブリュッセル市内には、いくつもの公園があります。公園と言っても、日本でいう子供の遊び場だけというわけではなく、緑に囲まれた自然の多い公園です。その中でも「カンブルの森」と呼ばれる広大な森林公園に、様々なイベントも開催される芝生エリアやカフェ・レストランなどもあり、自然散策をしたり芝生で寝転んで読書をしたりと、人々の憩いの場となっています。

1.jpg

ベルギーの寒く暗い冬が来る前に、秋は自然を楽しむ人々で賑わいます。ベルギーでは、日本の様に赤色の紅葉はあまりなく、葉が黄色く色づくか茶色になって、地面が落ち葉で覆われます。

もちろん夏の間もたくさんの人がこの場所に集まって、日向ぼっこをしたり、自然の中でスポーツを楽しんだり、週末には乗馬をする人も見られます。でも秋の自然散策も、夏を惜しみながら冬の前に自然を堪能できるので、とても気持ちが良いものです。平日でも会社員や学生がランチタイムにピクニックをしたりくつろいだりする姿があります。

3.jpg

こんなキノコも見ることができます。まさに秋を感じますね。色んな種類のキノコがあり、キノコ探しも楽しいです。でもキノコは持ち帰ってはいけないのでご注意を。旬の新鮮なキノコはマルシェで色んな種類が売られていますので、ここでは見るだけにしてくださいね。

公園のアイスクリーム屋さんは、秋でもお天気の良い日は大盛況。ベルギーの人たちは、アイスクリームが大好きなんです!真冬でもとても寒い日でも、外で食べ歩きをしている人も見かけたことがあるくらいです。

カンブルの森の中には、いくつかのカフェやブラッスリーがあります。中でも、池の中州にある「Le Chalet Robinson (ル・シャレー・ロビンソン)」は人気です。自然を堪能した後に、ここでワッフルを食べるのがおすすめ。もちろんランチも人気です。

5.png

森の中にある池の中州にあるので歩いては行けず、渡し船のようなボートでこのブラッスリーに向かいます。なんだかワクワクしませんか?ちょっとしたアトラクションの気分になります。

6.png

ベルギーの人々は自然も大好きなので、こういった場所でリラックスすることも貴重な時間です。

旅行中でも街中の観光スポットだけでなく、こういった自然に囲まれている場所で、地元ベルギーの人々の様子を眺めたり、人々混ざって散策したり芝生の上に寝転んでみたりするのも、海外旅行の醍醐味ですよね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ベル通スタッフ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/12/07

Views:

この記事に関連する記事

ベルギーのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.