たびこふれ

美しき北欧4カ国へ!<ノルウェー・デンマーク・スウェーデン・フィンランド>

記事投稿日:2017/10/24最終更新日:2020/04/17

Views:

北欧のベストシーズンは夏!

ベストシーズンと言っても色々ありますが、北欧は、日照時間の長い夏の時期が旅行にぴったりのベストシーズンです!夏至には白夜と呼ばれる一日中太陽の沈まない日がありますが、私が訪れた7月の中旬も夜の22時頃まで明るく、いつまでも街歩きをしていられそうで、旅好きの心を踊らせてくれました♪

そんな夏の北欧の魅力を紹介させていただきますので、ぜひ、来年のご旅行のご参考にしてください♪

1ニューハウン_170710_nihonyanagi.jpg

夏の北欧のハイライトはやっぱり、ノルウェー「フィヨルドクルーズ」

まずはフィヨルドの玄関口「グドヴァンケン」へ。気温は22度。お天気に恵まれた今回のクルーズ船のお客さんたちはこぞってデッキへと出てゆきます。話によれば、前日のソグネフィヨルドはダウンジャケットが必要なくらい極寒だったとか。。わたしたちはラッキーでした。

2フィヨルド_170710_nihonyanagi.jpg

約2時間かけてめぐる「ソグネフィヨルド」の壮大な景色は圧巻そのもの。その昔、氷河が削り取って出来たV字谷の中をゆっくりゆっくりと船は進んでいきます。大自然が作り出した絶景と、ゆっくりと流れる優雅な時間が日頃の疲れを癒してくれるようでした・・・!

フィヨルドを眺めながら、眠りたい。。

フィヨルドクルーズを大満喫したあとは、余韻に浸りたい・・・そんなときに贅沢にフィヨルドビューを味わうことのできるホテルがこちら! 王室御用達のホテル「ウレンスヴァングホテル」です。

3ウレンスヴァング_170710_nihonyanagi.jpg

今回はフィヨルドを眺めるバルコニー付のお部屋に2連泊しました。朝起きてカーテンを開けると、そこには目の前に広がるハダンゲルフィヨルドが。贅沢極まりない、至福の時です。

デンマーク・コペンハーゲンは歩くだけでフォトジェニック

国境を越え、デンマークのコペンハーゲンは、日本にも進出している雑貨屋「フライングタイガー」の本店や陶器「ロイヤルコペンハーゲン」の本店など、北欧デザインの宝庫です。街中を歩いていると、おしゃれなカフェや雑貨屋さんがたくさん。

お買い物や、ちょっと一休みするにもシャッターチャンスを逃せないフォトジェニックスポットにめぐりあうことができます。

4コペンハーゲン町中_170710_nihonyanagi.jpg

ロイヤルコペンハーゲンの食器を使った「スムシカフェ」

ロイヤルコペンハーゲン本店の隣には、なんとその食器を実際に使って出してくれるカフェが!盛り付けも上品で、贅沢なランチになりました!

5スムシカフェ_170710_nihonyanagi.jpg

スウェーデン・ストックホルムは裏路地散策が素敵

ストックホルムは某アニメ映画のロケ地としても有名ですが、細い路地を探検してみると、掘り出し物がたくさんありそうです。

6ストックホルム_170710_nihonyanagi.jpg

細い路地を抜けると中心地にはノーベル賞受賞者のあれこれが展示されているノーベル博物館がありました!ストックホルムはノーベル賞の授賞式が行われる市庁舎がありますが、ノーベル博物館の中には、著名な研究者がサインした椅子や、ノーベルチョコのお土産が売っているなど、入ってみる価値ありです!

夕食はちょっと奮発して「ノーベルディナー」を。

ストックホルムに来なければ味わうことのできない食事、「ノーベルディナー」。名前の通り、ノーベル賞受賞者のディナーで実際に出されたメニューを再現しています!

7ノーベルディナー_170710_nihonyanagi.jpg

食器も再現され、その食事に合ったワインがその都度出されるのも魅力的です。今回は2016年に実際に出されたメニューを食べてきました。これが受賞者の味・・・味や見た目の美しさだけでなく、感慨深いものがありました☆

フィンランド・ヘルシンキではお買い物を。

北欧は福祉が充実している分、物価が高いということでも有名ですが、北欧4カ国の中ではフィンランドが一番物価の低い国です!(ノルウェーではコーラ500mlが500円という高さでした・・・)

マリメッコなどの雑貨やムーミングッズなどお買い物には不自由のしないヘルシンキでは観光に合わせてお買い物も楽しみの一つです。

北欧のベストシーズンは夏だけではないらしい。。

北欧は夏に加えてオーロラの見える冬もベストシーズンといえます。寝ながらガラス張りの部屋の中でオーロラを眺めることのできる「ガラスイグルー」というホテルや、オーロラアナウンスがかかるまで暖かい船内で待っていられるクルーズ船など、『オーロラ=寒い中で待たなければならない』という時代ではないようです。

冬の北欧も行ってみたいなあという気持ちで帰国の途につきました。。。

さいごに

いかがでしたでしょうか?北欧は壮大な自然もオシャレな街もある素敵な街です! ぜひ一度行ってみてください!

プロフィール画像
この記事を書いた人
NAGI
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/10/24最終更新日:2020/04/17

Views:

フィンランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.