たびこふれ

ミラノから始まるイタリア大周遊の旅!バチカン市国やアマルフィ海岸にも大感動!

記事投稿日:2017/11/06最終更新日:2019/05/08

Views:

海外旅行の定番!今なお大人気のイタリアへ行って来ましたので、その様子をご紹介します!

初めてのイタリア

まず、イタリアに着いて一番初めに向かった場所はミラノです♪

ミラノではドゥオーモ(大聖堂)や、

ミラノ2_170827_kaseno.jpg

ガリレア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世というハイブランドの店が並んでいる通り、他にはスカラ座

ミラノ4_170827_kaseno.jpg

などの、イタリアに来た!というような建物が多く並んでおり、感動しました!

ガリレア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世では牛の絵が描かれている地面があり、牛のへこみに踵(かかと)をつけて反時計周りに3回まわると願いが叶うと言われています。

ガラスと水の都 ヴェネチア

2日目はヴェネチアに行ってきました!

ヴェネチアはガラスも有名ですが、水の都でも有名なのでゴンドラに乗りました♪

ベネチア1_ゴンドラ_170827_kaseno.jpg

ベネチア2_ゴンドラ2_170827_kaseno.jpg

ゴンドラは人の手により操作され、歌い手さん(別途料金)を乗せながら素晴らしい歌声と景色を堪能できます!
私はたまたま目の前にいたゴンドラに歌い手さんが乗っていたので、とても気持ち良いひと時を過ごすことができました!
皆さんもヴェネチアに行った際はぜひ乗ってみてください♪

革製品が有名なフィレンツェ

3日目はフィレンツェに行ってきました!
写真はミケランジェロ広場からフィレンツェの街並みを撮ったものです!

フィレンツェ2_170827_kaseno.jpg

とても綺麗で、広々していて、感動しました!

この広場にはダビデ像があり、

フィレンツェ1_ダビデ像_170827_kaseno.jpg

そこも写真ポイントであると思います!

フィレンツェでは革製品が有名ですので、ぜひ良い革製品を安く手に入れてみてください!
あと、フィレンツェでは美味しい中華料理のお店があります!少しイタリア料理に飽きたな~というのであれば、ぜひ行ってみてください!

夢が叶った!!ピサの斜塔

ピサの斜塔は、ほとんどの人が聞いたことがあるかと思います。
私は、中学生のころ教科書で見た念願のピサの斜塔に行けただけでテンションが上がってしまいました!
そして、皆さんがよくしたがる「ピサの斜塔を支える」に挑戦しました!

ピサ2_170827_kaseno.jpg

どうでしょう??うまく撮れていませんか!?笑
夢がまた一つ叶ったという感じでした♪
斜塔は斜めの階段で屋上まで上ることができるので、ぜひ上っていい景色を見てみてください!

美味しい美味しいピッツァ!

やっぱりイタリアといえばピッツァでしょ!!

ピッツァ_170827_kaseno.jpg

ということで、5日目にして初めて本場イタリアのピッツァを食べました♪
写真はローマ風ピッツァで普段日本で食べるモノより生地が薄く、おやつ感覚で食べることができました!
とはいっても一枚が大きく、とてもお腹いっぱいになりました!
やはり、本場のチーズとトマトベースがとても相性がよく、美味しかったです!

バチカン市国コロッセオ

他に一度は行ってみたかった場所があります!
それは世界一小さな国バチカン市国です!

ヴァチカン美術館1_170827_kaseno.jpg

ヴァチカン美術館2_170827_kaseno.jpg

ヴァチカン美術館3_170827_kaseno.jpg

写真はヴァチカン美術館で、見たこともない素晴らしい像が多くあり、感動しました!!

壮大な絶景アマルフィ海岸!!

アマルフィ_170827_kaseno.jpg

ここも一度は行ってみたかったところ!
映画の舞台で有名になったアマルフィ海岸!

アマルフィ2_170827_kaseno.jpg

口が開いたままになるほどの絶景で、とても感動しました♪
なんといっても色とりどりの家が並び、その前には絵に描いたような綺麗な海がいい感じにマッチングしていて、心が洗われました。
皆様もぜひ行ってみてください!!本当に感動します!!

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました!
イタリアはどこに行っても、何を見ても、食事会場でさえもすべてがお洒落で魅力溢れる国です。
昔、教科書でしか見たことのない建物や本場のイタリア料理など、多くの感動を与えてくれました!

ちょっとした小皿や絵、町中にいる人々でさえもついついシャッターを押したくなるところがたくさんございます。
皆様もぜひ一回はイタリアへ行かれてみてはいかがでしょうか!
本当にまたすぐに行きたくなるような国でございます♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/11/06最終更新日:2019/05/08

Views:

バチカンのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.