たびこふれ

ウィーン人に人気の伝統的ローカルファストフード3選

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/01/02
最終更新日:2019/01/08

Views:

ウィーンのファストフードといえば、何を思い浮かべますか?「ウィンナー」でしょうか?

ハプスブルク家のお膝元でグルメ文化の栄えたウィーンでは、宮廷料理だけでなく、ソーセージを始めとする庶民の味のバリエーションも多く、味わい豊かで侮れません。

今回は、観光の合間に気軽につまみやすい、オーストリアらしいファストフードをご紹介します。

目次

屋台で立ち食いソーセージ

ウィーンのソーセージはとっても美味しく、様々な種類があります。レストランや軽食屋に入っても、ヴュルステル(Wurstel)と呼ばれるソーセージがメニューにあり、どこでも手軽に食べることができます。

AT_20171003_1.JPG
<焼きたてソーセージをいただくのが、ウィーンならではのファストフード>

しかしせっかくですから、屋台で立ち食いがしてみたいですね。ウィーンの町角には、ヴュルステルシュタンド(Wurstelstand)と呼ばれる、ソーセージ屋台がそこかしこにあります。

その中でも最も有名なのが、ウィーン国立オペラ座の裏手、アルベルティーナ博物館の前にあるソーセージスタンド。

AT_20171003_2.JPG
<ウィーンの一等地にある有名なソーセージ屋台Bitzinger>

屋台と言っても侮るなかれ。中は味わい深くジューシーで、皮はパリッとしていて、どのソーセージも格別に美味しく、ウィーン1のソーセージ屋台と言われています。

ソーセージにも色々な種類があり迷ってしまいますが、グリルソーセージ(Grillwurst)やケーゼクライナー(Kasekrainer、チーズがとろけるソーセージ)などがお勧めです。茹でたソーセージにマスタードと西洋わさびを付けて食べるザッハソーセージ(Sacherwurstel)もウィーン定番の味です。

AT_20171003_3.jpg
<目の前で焼いてもらったソーセージが屋台に並ぶ。種類も豊富>

またここでは、名物のソーセージをホットドッグにして食べることもできます。好きなソーセージを選び、ケチャップとマスタードと一緒のパンに入れていただきます。これがまた、見た目はシンプルですが、とても美味しいですよ。ソーセージ、ホットドッグ共に価格は3~5ユーロほどとお手頃。

AT_20171003_4.JPG
<ホットドッグは、シンプルなパンと、屋台ながらとびきり美味しいソーセージの組み合わせが最高>

ソーセージにはパンやソースなどの添え物もオプションで選ぶことができ、飲み物もビール、ワイン、ソフトドリンクと何でもあります。朝早くから夜遅くまで営業しているので、オペラ帰りにも立ち寄ることができますし、ちょっとビールのおつまみにソーセージが欲しい時などもぴったりですよ。

ちなみに、「ウィンナーソーセージ」は確かにウィーンが語源ですが、現地ではこの種類のソーセージを「フランクフルター・ヴルステル」(Frankfurter Wurstl)と呼びます。

アツアツふんわり!レーバーケーゼセンメル

ソーセージの次にウィーン人に好まれているファーストフードは、レーバーケーゼセンメルです。

AT_20171003_5.jpg

見た感じ、厚めのハムを丸いパンにはさんだサンドイッチのようですが、これがウィーン人の誇るB級グルメなんです。

この厚切りハムのような肉はレーバーケーゼと言って、豚肉や牛肉の様々な部分を細かくミンチにして、オーブンで焼いたものです。オーストリアに伝統的な肉料理で、まさに庶民の味。ちなみにレーバーはレバー、ケーゼはチーズの意味ですが、レバーもチーズも入っていないんです。

AT_20171003_9.jpg
<四角いパンのような形の塊がレーバーケーゼです>

このレーバーケーゼを、オーストリア人にとって最も親しみのある白パン「センメル」にはさみます。オーストリアを象徴する肉とパンを一緒に食べるなんて、まさにローカルフードの王様ですね。

レーバーケーゼセンメルは、上述のソーセージ屋台でも買うことができますが、それ以外にもスーパーの精肉コーナーやパン屋にもあります。カウンター越しに「レーバーケーゼセンメル・ビッテ」と声を掛けて作ってもらい、肉を計量して清算します。価格は2~3ユーロ。

味わいは、意外にふんわりしていて暖かく甘みのある肉で、オーブンで焼いたときに表面がカリッとなっているのがたまりません。サンドイッチ程度のサイズですが、かなりお腹がいっぱいになりますよ。

国民食バーガー!シュニッツェルセンメル

ウィーンの代表的な料理といえば、ウィンナーシュニッツェル。薄いトンカツのようなシュニッツェルを、先ほどのセンメルにはさんだだけで、これまたオーストリアらしいファストフードのできあがりです。

AT_20171003_7.jpg
<パン屋で作ってもらったシュニッツェルセンメル。シュニッツェルが二枚に、サラダ、きゅうり、トマトを挟んでくれました>

レタスやトマトなどの野菜は挟んである時と、シュニッツェルだけを無造作に挟んだものがあります。

お味の方ですが、グルメの国オーストリアの国民食をダブルでいただいているのですから、美味しくないわけはないですね。衣がサクサクで、中が柔らかいレモン風味の薄いトンカツを、ふわふわパリパリの白パンに挟んだバーガー、という感じをご想像ください。

このシュニッツェルセンメルは、一部の屋台やパン屋さんで買うことができます。屋台と言っても、伝統的なソーセージ屋台よりも、ケバブ屋台などで扱っていることが多いですし、パン屋さんではカウンターになくてもシュニッツェルさえあれば作ってくれることもあります。価格は2~4ユーロ。

AT_20171003_8.jpg
<大学に近い駅の屋台などでは、授業の合間にさっと食べられるファーストフード店が並んでいます>

まとめ

ウィーン人に人気の、ウィーンならではのファストフードを3つご紹介しました。

ローカルで愛される食材を使い、手軽に美味しいパンと肉を味わうことのできる、地元の味です。ファストフードと言っても、ソーセージなどはグルメの域に達していますので、ぜひ小腹がすいたときなどにャレンジしてみてくださいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ひょろ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/01/02
最終更新日:2019/01/08

Views:

この記事に関連する記事

オーストリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.