たびこふれ

四国をぐるっと! <徳島県、愛媛県、高知県、香川県>の旅!

記事投稿日:2017/09/15最終更新日:2017/09/15

Views:

★はじめに

今回は四国地方をぐるーっと周り、徳島県、愛媛県、高知県、香川県の観光地をそれぞれ訪れました!
私は四国に何度か訪れたことはあったので、「何度来てもやはり素晴らしい場所だなぁ~」と感じる観光地がたくさんありました。
また、初めて訪れた観光地に関しても「また来たい」と思える観光地ばかりでした。
要するに、四国は素晴らしいということです!(笑) 本記事では、観光地をいくつかかいつまんでご紹介いたします!

★おすすめスポット【1】 鳴門公園 (徳島県)

鳴門公園は大鳴門橋すぐ近くにある公園で大鳴門橋を真近に見ることができます。

1_170827_koga.jpg

しかし、大鳴門橋もさることながら、鳴門海峡といえば名物の「うずしお」!!
「うずしお」を特に見たいという方はぜひ、「渦の道」を訪れてみてください。渦の道は大鳴門橋の橋桁に作られた全長450mの海上遊歩道で、道中には床がガラス板になっている箇所もあり、スリル満点です。

2_170827_koga.jpg

そして、海上45mから見るうずしおは圧巻ですよ!! 渦の道にて、うずしおを見るもよし、鳴門公園で大鳴門橋を眺めながら散策するもよし!皆さんも思い思いの方法で鳴門を楽しんでみてください。

★おすすめスポット【2】 道後温泉 (愛媛県)

日本三古泉のひとつでもある道後温泉。なかでも道後温泉本館は国の重要文化財に指定されるなど国内外からも注目度の高い温泉です。

3_170827_koga.jpg

温泉の温度は42度と少し熱めではあるため、身体の芯から温まります。
また、道後温泉の楽しみ方としては「ハイカラ通り」と呼ばれる商店街を散策することをおススメします。
商店街の入り口付近には足湯があり、無料で楽しむことができるほか、商店街では名物の一六タルトを購入することができます。夜10時まで開いている店舗も多く、温泉上がりにも十分楽しむことができます。

4_170827_koga.jpg

温泉上がりのポンジュース!たまりませんよ~!!

★おすすめスポット【3】 四万十川 (高知県)

日本最後の清流とも呼ばれる四万十川。その名の通り、川の流れは穏やかで川底が見えるほど澄んでいました。
川の流れや周りの山々を眺めていると自然に時間が過ぎている...まるで時間が止まったような非日常を味わうことができました。

5_170827_koga.jpg

そして、四万十川には増水時に沈んでしまう沈下橋と呼ばれる低い橋が架かっている箇所が数か所あります。
この沈下橋はテレビドラマやポスターにも使用されたこともあるのでぜひ訪れてみてください!

6_170827_koga.jpg

川を眺めることももちろんですが、遊覧船も運航しているので水上から四万十川の風を感じることも良いですよ!!

★おすすめスポット【4】 大歩危峡・小歩危峡 (徳島県)

大歩危峡、小歩危峡は吉野川の浸食によって作られた約8kmにも及ぶ渓谷で、自然の力が織りなす岩石の迫力に圧倒されること間違いなしです!

7_170827_koga.jpg

当然、遠くから渓谷美を見ることも良いですが、岩石の迫力をより近くで感じていただくためにお薦めしたいのが舟くだりです。吉野川を下りながら、かなり岩石を近くから見ることができます。
ちなみに私は迫力に鳥肌がたちました。自然ってすごいなぁー、と...。

8_170827_koga.jpg

また、吉野川の激流にて、より一層スリルを感じたいという方はラフティングが体験できる箇所もあります!

★おすすめスポット【5】 金刀比羅宮 (香川県)

「こんぴらさん」の愛称でも有名な金刀比羅宮。

御本宮は山の中腹にあり、参拝には785段の階段を上ります。また、奥社までは1,368段もの階段があります。想像しただけで気が遠くなりますね。(笑)
実際に御本宮まで上ったのですが、疲れたことは間違いありません。

しかし、上り終わった後の達成感と御本宮から眺める景色は格別で、心が洗われた気分になりました!
また、御本宮でのみ購入することのできる「黄色いお守り」もぜひ探してみてください。
お参り以外にも御本宮までの参道には両側にお店が立ち並ぶ箇所もあるため、お買い物を楽しむこともできますよ!!

写真がなくてごめんなさい。。。

★終わりに

最後までお読み頂きましてありがとうございました!
何より、四国は自然を感じる観光地が多く、普段の忙しい日々を忘れさせてくれます。まさに旅行の醍醐味でもある非日常を味わうことができると思います!
また、今回ご紹介させていただきました観光地以外にも四国にはまだまだ魅力的な観光地は沢山ありますので、ぜひ四国を訪れてみてください!!

プロフィール画像
この記事を書いた人
がーちゃん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/09/15最終更新日:2017/09/15

Views:

高知のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.