たびこふれ

イタリアが誇る高品質なソックスブランド「GALLO」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/08/18

Views:

いつもの着こなしをワンランクアップさせたい。そんな方に知って欲しいのが「GALLO」というイタリアの靴下ブランド。優れた品質とデザインは、足元を上品なものにしてくれます。

子ども用サイズも展開しているので、ご家族でのコーディネートにもおすすめです。

ガルダ湖発祥の靴下ブランド「GALLO(ガッロ)」とは?

上質な靴下を履くだけで、いつもの着こなしのテイストがランクアップすることをご存知でしょうか。イタリアの老若男女が世界に誇る品質とデザインに優れた靴下ブランドが「GALLO」(ガッロ)です。GALLOは、1920年代にガルダ湖で生まれたブランド。ちなみに、ガルダ湖はイタリア最大の湖です。

創業以来、イタリアらしくファミリー経営を貫いているところもクラフトマンシップを感じさせられ、お土産を渡すときの話のネタにも、自分へのご褒美にも適しているアイテムだと思います。まずは、どんな製品なのか写真でご紹介していきましょう。

イタリア各地に店舗があり、その多くは高級ブランド街が立ち並ぶエリアに存在します。画像は、フィレンツェに新しくオープンした店舗で撮影させていただいたものです。

GALLOの店頭 写真:yukako
GALLOの店頭 写真:yukako

ブランドマークになっているのは雄鶏。GALLOというのはイタリア語で雄鶏、という意味なのです。ヨーロッパでは、「雄鶏は奇跡と幸せを呼ぶ鳥(※)」という認識があるので、ラッキーアイテム的な意味合いが含まれているのかもしれませんね。

※編集部註......ポルトガルでも雄鶏は「ガロ(Galo)」と読み、「バルセロスの雄鶏」と呼ばれ、国鳥となるほど親しまれています。フランスでも正式ではないそうですが、雄鶏が国鳥に指定されています。ちなみに、イタリアは「イタリアスズメ」という鳥が国鳥なのだそうです。

お揃いにしたい♪子供用靴下も大人と同じつくり

子供用靴下 写真:yukako
子供用靴下 写真:yukako

目に飛び込んでくるのは可愛い子供用靴下。子供用とはいえ、大人用と同じようなカラーリング、同じ素材・デザインで作られているのが印象的です。親子でお揃いにしても楽しいですね。

親子で楽しめるワードローブ 写真:yukako
親子で楽しめるワードローブ 写真:yukako

※編集部註......こちらはワードローブ。やはり子供用・大人用ともに同じデザインです。

イタリアでは、子供用であっても大人用に等しい品質とデザインに優れたブランドが数多く存在します。

写真:yukako
写真:yukako

靴下だけでなく、ニットワンピースやパーカーも同じ柄で揃えることもできます。どの色もシックなので、上品なお出かけ用として重宝しそうです。

メンズ用アイテムも、驚くほどにバリエーション豊か

ポップなデザインのメンズ用靴下 写真:yukako
ポップなデザインのメンズ用靴下 写真:yukako

もちろん、ベーシックなデザインもあります 写真:yukako
もちろん、ベーシックなデザインもあります 写真:yukako

見たことないほどポップな柄からビジネスシーンで活躍しそうなシックな柄まで、幅広く取り揃えているメンズの製品。オシャレな男性へのプレゼントに喜ばれること間違いなしですね。

メンズ用ワードローブもおしゃれ 写真:yukako
メンズ用ワードローブもおしゃれ 写真:yukako

ボウタイもデザイン豊富 写真:yukako
ボウタイもデザイン豊富 写真:yukako

ニットタイのデザインも、幅広い年齢層の男性が愛用できそうなデザインなのでおすすめですよ。ボウタイは男女とも使えて、コーディネートのスパイスに活躍しそうです。

※編集部註......この他にも、GALLOではお財布やキーリングと言った革小物、季節限定で水着なども展開しています。どれも上品なポップさを感じさせるデザインは、一見の価値ありです。

GALLOのこだわりエピソードについてもご紹介

その魅力はデザインだけではない、ということを物語るエピソードもご紹介しますね。

GALLOの靴下は店頭に並ぶまでの間、9回もの品質チェックを重ねているそうです。糸の色味、織り方、裁断など、さまざまな項目を厳しい目で熟練の職人がチェックしています。大量生産では出すことのできない味わい深さを、足元にプラスしてみませんか。


写真・執筆:Italyii ライター yukaco

Italyii 関連記事:こちらもいかがですか?

■ファッショニスタ必見!アルマーニの本屋さん「ARMANI LIBRI」は、ミラノ散策の待ち合わせ場所にも。

■アクリル製に見えない、とてもおしゃれな食器!MARIOLUCAGIUSTI(マリオルカジウスティ)

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/08/18

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.