たびこふれ

ローマのナヴォーナ広場に建つ「四大河の噴水」と、有名カフェの「タルトゥーフォ」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/04/13
最終更新日:2018/07/09

Views:

※2018年5月、加筆修正をいたしました。

ナヴォーナ広場はローマにある美しい広場。散策をしながら、広場のランドマーク「四大河の噴水」も鑑賞してみませんか? 噴水を彩る素晴らしい彫刻には、数々の逸話やジョークがありローマの歴史を追体験できます。

また、広場の周辺にはカフェやバールが立ち並びます。この記事では、四大河の噴水にまつわるエピソードをご紹介しつつ、ナヴォーナ広場にあるカフェの名物ドルチェについて、ご紹介しています。

目次:クリックで見出しに移動します

ローマ市内でも美しい広場として有名な「ナヴォーナ広場」

「ナヴォーナ広場」は、南北へ縦長に広がる少し変わった敷地の広場です。もともとは1世紀の古代ローマ時代に「ドミティアヌス競技場」としてつくられた経緯があり、フィールドの部分が現在も広場として使われているという、非常に長い歴史があります。

四大河の噴水と中央のオベリスク
中央にはオベリスク(記念碑)がそびえます

ナヴォーナ広場には3つの噴水があるのですが、その中でも強い存在感を放っているのが、中央に鎮座する「四大河の噴水」です。

ナヴォーナ広場には合計で3つ噴水があるのですが、その中でも強い存在感を放っているのが、中央に鎮座する「四大河の噴水」です。 彫刻を手掛けたのは、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(※)。スペイン広場にある「舟の噴水(バルカッチャの噴水)」に同じく、ベルニーニの代表作として知られます。

参考記事:ローマにあるのに「スペイン階段」?その由来とは。

※註:ベルニーニ(1598年-1680年)は、彫刻家のほか建築家、画家としても活躍した人物です。出身地はナポリですが、彼の父親がフィレンツェの出身で、事情によりナポリからローマへと越してきたそうです。

出典:Wikipedia-ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(外部サイトに遷移します)

「四大河の噴水」の見どころは、河川を擬人化した彫刻

さて、「四大河の噴水」には4体の像が彫られているのですが、これはナイル川(アフリカ)、ガンジス川(アジア)、ドナウ川(ヨーロッパ)、ラプラタ川(南アメリカ)を模しているとされています。

当時の教会が持つ影響力を表したといういわれがあり、現在でも圧倒的な存在感から広場に多くの人々を集めるランドマークとなっています。

ナヴォーナ広場の四大河の噴水に建つガンジス川の像
こちらはガンジス川の像です。

ナヴォーナ広場の四大河の噴水近くにある、サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会
奥に見えるのは、サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会(S.Agnese in Agone)という建物です。

サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会は、建築家ボッロミーニ(Francesco Borromini)によるもの。1655年頃に完成したとされています。

ナヴォーナ広場の四大河の噴水に建つナイル川の像
こちらはナイル川の像。なぜか布をかぶっています

この目隠しは、"ナイル川の水源がわからないこと"を意味しているそうです。広大なナイル川が、どこまでも続くようなイメージがあるためでしょうか。

とても印象的な構図であることから「ナイル川の像が目隠しをしているのは、当時ライバルであったボッロミーニの設計した教会を見ないようにしているため」というエピソードも生まれましたが、これはつくり話なのだそう。

1651年頃には先に噴水が完成し、その後にサンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会が完成していることから、ローマに伝わるジョークとして定着しているようです。

ナヴォーナ広場の四大河の噴水に象られた装飾
伝説上の生き物の装飾もあります。これはドラゴンでしょうか?

ナヴォーナ広場に来たら有名カフェのドルチェを!

ナヴォーナ広場の周りにはカフェやバールが多く、イタリアらしいティータイムを存分に楽しむことができます。今回は、タルトゥーフォというジェラートが有名なトレ・スカリーニ(Tre Scalini)に立ち寄りました。

トレ・スカリーニは1815年創業という"超"老舗カフェ&レストラン。ドルチェのほかにパスタやワインも揃えています。

ナヴォーナ広場の老舗カフェ「トレ・スカリーニ」名物ドルチェのタルトゥーフォ。
こちらがタルトゥーフォ(※)。たっぷりの生クリームがかかってボリューム満点!

※註:黒トリュフの意味。トレ・スカリーニのタルトゥーフォは、チョコレートジェラートの周りをチョコレートの欠片で埋め尽くし、さらに生クリームをたっぷりと絞っています。ゴツゴツした球状はまさにトリュフですね。

広場一つをとっても古代やバロックの歴史が感じられるローマ。一度訪ねるだけではとても時間が足りない!と思ってしまうはずです。だからこそ、ローマに惹かれる人は後を絶たないのかもしれません。

"永遠の都"の空気を存分に楽しめるナヴォーナ広場。ローマを訪ねる際は、ぜひ立ち寄っていただきたい場所の一つです。

撮影:Italyii(イタリィ)編集部

基本情報

名前:ナヴォーナ広場(Piazza Navona)
住所:Piazza Navona, 00186 Roma

この記事と一緒に読みたい関連記事

ローマ・トラステヴェレの名店Da Otelloの10の魅力を徹底解説
ローマ・テルミニ駅に新登場!オシャレで美味しいグルメスポットへ行ってみよう
楽しくて美味しい♪ 食材とお土産の宝庫「ローマの朝市」へ行ってみよう!

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/04/13
最終更新日:2018/07/09

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.