たびこふれ

ローマ・テルミニ駅に新登場!オシャレで美味しいグルメスポットへ行ってみよう

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/07/19

Views:

Italyii_MercatoCentrale_01.jpgのサムネイル画像
写真:la luce

2016年、ローマ・テルミニ駅の隣に新しくオープンした「メルカート チェントラーレ ローマ(Mercato Centrale Roma)」。

日本語で"ローマの中央市場"という意味ですが、そのモダンな空間と充実した品揃えは"市場"というより、ローマの食を楽しめるおしゃれなフードコートのよう。駅から徒歩約10分の距離なので、移動の待ち時間にも、観光の合間にもとっても便利です。

レストランでゆっくり食事をしてもよし、お土産物探しもよし、テイクアウトしてもよし、と知らないと損なほど使い勝手抜群の「メルカート チェントラーレ ローマ」をご紹介します。

メルカート チェントラーレ ローマへの入り口

テルミニ駅の右側にある「コイン(Coin)」というデパートを通り抜け、線路に沿って真っすぐ奥まで歩いていくと、「メルカート チェントラーレ」の入り口が見えてきます。

入り口からは想像できないほど奥は長く広くなっており、さまざまなブースが続きます。全体は1階の食品コーナーやフードコート・2階のレストラン・3階のイベントスペースから構成されています。

切り売りピッツァコーナー

Italyii-MercatoCentrale-02.jpg
写真:la luce

入り口を通ってまず最初に現れるのは、ずらりと並んだカラフルなピッツァが美味しそうな、切り売りピッツァのコーナー。「ピッツァ・アル・ターリオ(Pizza al Taglio)」と呼ばれ、四角い1枚のピッツァを、自分の好きな分量だけ切り分けて売ってくれます。

グラム単位の量り売りなので、少し味見したい時は小さめに、しっかり食べたいなら大きめに......と、好みに合わせて調節できます。注文すると、ピッツァにナイフをあててピッツァの大きさを聞かれます。

もちろんジェスチャーでも良いのですが、多く欲しい時は「ディ・ピュウ(Di più)」・少なくしたいなら「ディ・メーノ(Di meno)」と言ってオーダーしてみてください。

具材の種類もたくさんあり、ローマならではの名物ポルケッタ(子豚の丸焼き)がのったピッツァも。中部イタリアはポルケッタの本場、ぜひ一度現地で味わってみてくださいね!

チーズコーナー

Italyii-MercatoCentrale-03.jpg
写真:la luce

ローマで何世代にもわたってチーズを造り続けているベッペ・ジョヴァーレ氏のチーズ店。

熟成チーズから新鮮なチーズまで、さまざまな種類のチーズが並んでいます。試食もでき、量り売りで好きな分だけ購入できます。

お土産には、硬くて日持ちするローマの郷土チーズ「ペコリーノ・ロマーノ」がおすすめ。羊(ペーコラ)のミルクから造られたチーズは、約2,000年前のローマ帝国時代から造られていたと言われる、歴史あるローマのチーズです。

ピッツァサンド・トラピッツィーノ

Italyii-MercatoCentrale-04_1.jpg
写真:la luce

Italyii-MercatoCentrale-04_2.jpg
写真:la luce

日本にも支店がある、ローマで人気のストリートフード。

「トラピッツィーノ」とは、三角のピッツァ生地に切り込みを入れ、その中にローマの郷土料理を詰め込んだピッツァサンドのことです。中の具材は、トリッパやタコのトマトソース煮、チーズとアンチョビなど数種類の中から選べます。

手軽でボリューム満点なので、テイクアウトして町歩きするのにも最適ですよ!

パスタコーナー

引用:Mercato Centrale Roma公式Facebookページより

1919年創業の老舗パスタメーカーが作る、新鮮なフレッシュパスタが食べられます。

パスタの種類は、日本でもお馴染みのスパゲティやペンネ、具が詰まったラヴィオリなど色々あり、目の前で調理してくれます。ローマを代表するパスタとして有名なカルボナーラやアマトリチャーナ、ローマ方言で"チーズと胡椒"と意味するカーチョ・エ・ぺーぺなど、ローマの郷土パスタレシピが勢ぞろいです。

フードコートエリア

Italyii-MercatoCentrale-05.jpg
写真:la luce

一番奥に設けられた、フードコートエリア。

左右にはお店が並んでいるので、好きなものを注文し、座って食べられます。混雑時は日本と同じく、注文番号を渡され席で待つこともありますので、番号を聞き逃さないよう要注意。またフードコートには、電車の電工掲示板も設置されているのでとっても便利。電車待ちの時間も安心して過ごせます。

ちなみに、トイレもこのフードコートの奥にあります。

ドリンク・バースペース

Italyii-MercatoCentrale-06.jpg
写真:la luce

1階の中央に位置するカウンター式のバースペース。エスプレッソからアペリティーボ(食前酒)、食後の一杯まで好みに合わせて幅広く使えます。

フードコートで食事を買って、パールで飲み物を注文すれば、立派なローマの郷土料理プレートが完成です。

ワインコーナー

Italyii-MercatoCentrale-07.jpg
写真:la luce

階段横の一角にある、小さなワイン専門コーナー。

3席ほど椅子が置かれた、見逃してしまいそうなカウンタースペースですが、実はソムリエであるルカ・ボッコーリ氏が選んだ、こだわりワインが揃うセレクトワインコーナーです。

ワイン好きな方は、ソムリエおすすめのワインをじっくり味わってみてはいかがでしょうか。

2階 レストラン「ラ・ターヴォラ」

Italyii-MercatoCentrale-08.jpg
写真:la luce

落ち着いて食事をしたいなら、2階のレストランへ。ミシュラン2つ星を獲得した、オリヴァー・グローウィグ シェフが監修したレストランです。

パスタやペースト、ワインなども取扱っており購入も可能。食事をしてみて美味しいパスタやワインに出逢ったら、記念に買って帰るのもいいですね。

3階 バー・イベントスペース

Italyii-MercatoCentrale-09.jpg
写真:la luce

ドリンクカウンターが設けられた最上階のスペース。

ドリンクを飲んだり、イベントが開かれたりと多目的に使用されています。イベントは、食に関する催しからDJが演奏する音楽イベントまでさまざま。

詳細は公式Facebookページにアップされるので、時間があればランチやアペリティーボの際に立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

営業時間について

メルカート チェントラーレ ローマは、年中無休で朝8時から夜0時まで営業しています。

今回ご紹介した店舗以外にも、スシコーナーやチョコレート専門店・ジェラートコーナーなど、ローマの郷土料理を中心に食を満喫できる楽しいお店がいっぱいです。

電車待ちやお土産購入に訪れたり、素敵なスペースでローマ料理を味わったり、と使い方はさまざま。ローマを訪れる際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。


文・写真:la luce

店舗概要

店名:Mercato Centrale Roma(メルカート チェントラーレ ローマ)

住所:Roma Termini, Via Giovanni Giolitti, 36, 00185 Roma

営業時間:8:00-24:00

備考:情報はライター執筆時のものです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/07/19

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.