たびこふれ

ローマにあるのに「スペイン階段」?その由来とは。

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/03/02
最終更新日:2017/10/11

Views:

有名な映画のロケ地にもなった、ドラマチックな階段です。

ローマにあるにも関わらず「スペイン階段」と呼ばれているのは、近くの建物に理由があるのだとか......。

130段以上の長さが続く大階段「スペイン階段」とは

ローマで最もにぎわう場所のひとつ「スペイン広場」の中にあるこの階段は、1725年に完成して以来、観光スポットとしてとてもにぎわっています。

昼間は大賑わい!
写真:昼間は大賑わい!

階段を上った先にある教会は「トリニタ・デイ・モンティ教会」という名前。実は、スペイン階段という名称は通称で、本来の名前は教会と同じくトリニタ・デイ・モンティ階段(Scalinata di Trinita dei Monti)が正式名称。

さらに、この階段をつくったのはフランス外交官の寄付によってつくられたのですが、「スペイン大使館が近くにある」ことから、この通称が広まったそう。つまり、この階段の建設にはスペインは全く繋がりがないにも関わらず、立地条件からこのような通称が生まれたというわけです。

スペイン広場自体もスペイン大使館の近くであることから名づけられたため、もしかしたら人々の間では「スペイン広場にある階段に行こう!」、「スペイン広場近くの階段の名前......なんだっけ?とりあえずスペイン階段に集合しよう。」と言った会話が繰り広げられていたのかもしれませんね。

手前の噴水も、有名スポット
写真:手前の噴水も、有名スポット

噴水は「バルカッチャの噴水(Fontana della Barcaccia)」という名前で、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニという彫刻家によるもの。はるか昔、1598年にテヴェレ川が氾らんしたとき、一艘の舟が広場に流れ着いたという説から、この噴水がつくられたそうです。

夕方から夜にかけては、さらにドラマチックなロケーションに!

映画のワンシーンに出てきそうな大階段です。
写真:映画のワンシーンに出てきそうな大階段です。

スペイン階段の大きな特徴は、波打つように有機的なバロック建築。正面からではわかりにくいですが、段差にご注目ください。

さざ波のような、エレガントなつくり
写真:さざ波のような、エレガントなつくり
夜のスペイン階段は、フォーマルな装いが似合います。
写真:夜のスペイン階段は、フォーマルな装いが似合います。

著名な映画作品に登場したことで世界中で有名となったスペイン階段ですが、2014年現在は建築保全のため飲食は禁止。ここでジェラートを食べて、憧れのワンシーンを再現......というわけにはいきませんが、それでも階段から眺める景色は感動的です。

なお、毎年4月中旬からゴールデンウィークにはかけては「スペイン広場のツツジ祭り(azalee a piazza di spagna)」と呼ばれる行事が開催されます。この時期になると、階段の周りは鮮やかな西洋ツツジで囲まれるそう。

春にローマを訪れるときは、ぜひチェックしてみてください。

基本情報

名前:スペイン階段(通称)、トリニタ・デイ・モンティ階段(正式名称) / Scalinata di Trinita dei Monti(正式名称)
住所:Piazza di Spagna, 00187 Rome, Italy (Campo Marzio)

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/03/02
最終更新日:2017/10/11

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.