たびこふれ

アイルランドにラーメンブームは来るのか?The Ramen Bar (ザ・ラーメン・バー)

記事投稿日:2016/06/21最終更新日:2017/12/19

Views:

ダブリン南にあるショッピングストリートで有名なグラフトン・ストリート近くを通っているサウス・ウィリアム・ストリート(South William Street)。若者でいつも賑わっているこの通りにはたくさんのバーやレストランやショップが立ち並んでいます。その通りにある一軒の日本食レストラン、Kokoro Sushi Bento。

IRE_201606_01.jpg.jpg

Kokoro Sushi Bentoは元々はレストランではありませんでした。店内にはスタンドがあり、食べることも出来ましたが、基本はテークアウェーの寿司弁当のお店でした。しかし最近の健康ブームのおかげで日本の寿司=健康というイメージを持つ人が増えました。お蔭で昔はダブリン北地区に一店舗しかなかったのですが、現在では南に2店舗開店しています。サウス・ウィリアム・ストリートはそのうちの一軒です。寿司はダブリンでも人気が出てきたのです。

店内はこのようになっています。買ったお弁当をその場で、座って食べることができます。

IRE_201606_02.jpg.JPG

IRE_201606_03.jpg.jpg

このお店の寿司弁当です。

IRE_201606_04.jpg.JPG

お寿司だけでなく、チャーハンやカツカレー、焼きそばもあります。

IRE_201606_05.jpg.JPG

お寿司は一つから選ぶこともできます。

IRE_201606_06.jpg.JPG

おにぎりも販売しています。一つ2ユーロで販売されています。少々高いですが。。。

IRE_201606_07.jpg.JPG

そんなサウス・ウィリアム・ストリートのKokoro Sushi Bentoに最近オープンしたのがThe Ramen Bar (ザ・ラーメン・バー)。ラーメンを出しているのです。お店の奥がラーメン・バーの入口になっています。

IRE_201606_08.jpg.jpg

ラーメン・バーの店内です。店内は薄暗く、居酒屋の雰囲気があります。

IRE_201606_09.jpg.JPG

メニュー。ランチメニューとディナーメニューがあります。メニュー自体は昼と夜にあまり差はありませんが、ディナーはランチメニューより2ユーロほど高くなります。

ラーメンは一杯10ユーロ以上します。日本円で約1230円以上することになります。(2016年6月現在)日本と比べるとかなり高価ですが、ダブリンでちょっとおしゃれなカフェに入り、サンドイッチとコーヒー、ケーキを頼めば10ユーロを超えてしまうので、10ユーロ内で食べれるのなら値段的には悪くはありません。ダブリンでの外食は高いのです。

IRE_201606_10.jpg.jpg

ラーメンはポーク、チキン、サーモンと野菜があります。それぞれ基本のスープが違います。さあ、どれにしようか。。。

サイドメニューもあります。私はまだ一度も食べたことはありませんが、カボチャコロッケに心惹かれます。

IRE_201606_11.jpg.jpg

ラーメンのトッピングです。替え玉もちゃんとあります!

IRE_201606_12.jpg.jpg

この日私はオリジナルの豚骨ラーメン(10ユーロ)をオーダーし、友達はサーモン(12ユーロ)をオーダーしました。日本人としてはラーメンにサーモンの切り身が入っている姿があまり想像できませんが、こちらではこのようにして出されていました。

IRE_201606_13.jpg.JPG

こちらは味噌をベースとしたスープ。スープが少し薄味なのと、サーモンの切り身がとても大きくて上手に焼いてあるのですが、味が付いてないため、友達は醤油をかけて食べていました。

こちらが私がオーダーしたオリジナルの豚骨ラーメンです。見た目は日本でオーダーすると出て来るものと変わりません!完成度の高さに驚きました。しかし肝心は味の方ですよね。

IRE_201606_14.jpg.JPG

味は薄目の豚骨で臭いはありませんでした。濃い目が好きな方には物足りないと思いますが私は濃いのが苦手なのでちょうどいい味でした。そしてこのスープが予想以上に美味しくてびっくりしてしまいました。その上チャーシューも煮卵もとても美味しいのです。イタリア人の友達もこの豚骨ラーメンを絶賛していました。

こちらは豚骨のスパイシーバージョンのラーメンです。オリジナルの方が断然美味しいです。

IRE_201606_15.jpg.jpg

こちらはラーメンをオーダーするとお通しが出てきます。お通しはその日によって変わります。こちらはミニお好み焼き。見た目は良いのですが、味はいまいちでした。

IRE_201606_16.jpg.JPG

こちらは鶏のから揚げです。大根おろしも付いてきて、こちらは美味しかったです。もう一皿ほしいくらいでした。

IRE_201606_17.jpg.jpg

Kokoro Sushi Bentoのオーナーさんはアイルランド人の男性だそうです。日本のラーメンが大好きで、ラーメン・バーを開くのが夢だったと店員の日本人男性が教えてくれました。麺は自家製で、製麺機を日本から取り寄せて作っているという凝りよう!

ダブリンの日本食レストランに行くと大概ラーメンはメニューに載っています。ただ日本の美味しいラーメンの味を知っている私たちからしたら味も見た目も「なんちゃってラーメン」を出すところが多く、がっかりします。そのため私自身も日本食レストランでラーメンを頼むことはまずしないのです。しかしこのThe Ramen Bar (ザ・ラーメン・バー)は「なんちゃってラーメン」ではないこだわりが見え、そしてそれが味にも出ていました。ダブリン初、日本で食べるラーメンにかなり近い味のものが味わえるお店の誕生に私は心から喜びを覚えました。

ニューヨークやロンドンではすでにラーメンブームが到来しています。ちなみにロンドンでの人気は豚骨だそうです。イギリス人やアイルランド人には醤油のあっさり味より濃いちょっとこってりな豚骨の方が好みのようです。

残念ながら現在ダブリンではロンドンのように、日本の人気ラーメン店がお店を開き、日本と同じものを提供するという域にはまったく達していません。しかし、アメリカやイギリスで流行っているものが数年後アイルランドでも流行るという傾向があります。最近日本食レストランが次々とオープンしているダブリン。近い将来日本食ブームが来て、ラーメンブームも来るかもしれません。いえ、その日が来てくれることを願ってやみません。

Kokoro Sushi Bento ・The Ramen Bar (ザ・ラーメン・バー)

http://www.kokorosushibento.com/

ラーメンバー営業時間:

日曜-水曜:午前11時半から午後10時まで

木曜-土曜:午前11時半から午後11時まで

プロフィール画像
この記事を書いた人
ティファニー・カイリー
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/06/21最終更新日:2017/12/19

Views:

アイルランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.