たびこふれ

ペルーの世界遺産の街、アレキパでチョコレート三昧!

記事投稿日:2014/10/07最終更新日:2021/10/11

Views:

ユネスコの世界文化遺産にも登録されている美しい街「Arequipa(アレキパ)」。

アルマス広場を始めとする市内歴史地区には、白っぽい色をしたsillar(シジャール)と呼ばれる火成岩の切石で造られた瀟洒な建物が数多く残っており、「La Ciudad Blanca(白い街)」として訪れる人々を魅了しています。

またアレキパは、ペルー北部海岸地方と並ぶ食の都としても有名。ペルー産のロコトという辛いトウガラシに牛肉を詰めた「Rocoto Relleno(ロコト・レジェーノ)」や、名物の川エビを使ったミルクスープ「Chupe de Camarrones(チュペ・デ・カマロネス)」といった代表的な郷土料理のほか、1989年に誕生した地ビール「Arequipeña(アレキペーニャ)」などがあります。

そんなアレキパで忘れてはならないもうひとつの味が、チョコレート。今回は、アレキパを訪ねたらぜひ足を運んでいただきたいチョコレート屋さんをご紹介しましょう。

ペルーを代表するチョコレートメーカー「La Ibérica(ラ・イベリカ)」

スペイン系のVidaurrazaga一族によって経営されるこの会社がアレキパに誕生したのは、1909年。クスコ・チュンチョ地方で栽培される良質のカカオと、ヨーロッパの最新技術を使って丁寧に作られており、「アレキパ土産」と言えばまずこのラ・イベリカの名前が上がるほど。100年以上続くラ・イベリカは、信頼できるペルー有数のブランドです。

PE_20141001_01.JPG

アレキパの中心アルマス広場から2ブロックのところにあるラ・イベリカ本店。品揃えは何と言ってもここが一番です。ラ・イベリカの商品はアレキパ市内の店舗や空港だけでなく、リマ市内のショッピングモールやスーパーマーケットでも広く取り扱われています。

PE_20141001_02.JPG

店内には板チョコやボンボン、トリュフなど、さまざまな種類のチョコレートが並んでいます。ラ・イベリカ初の商品、「Chocolate a la Taza(ドリンク用のチョコレート)」も不動の人気。クリスマスやイースター、そしてバレンタインデーにはそれぞれの日に応じた特別なチョコレートも登場します。

そのほかにも、トフィー(キャラメル)、アーモンドやカスターニャ・ナッツの粉で作られたカラフルなマサパン(マジパン)、アーモンドがたっぷり入ったトゥロン(ヌガー)など、スィーツ好きなら一度は食べてみたいものばかり。カカオの風味が活きたラ・イベリカのチョコレートは、口どけが滑らかで甘さもちょうどよく、常温でも溶けにくいので日本へのお土産にもぴったりです。

チャンチャマヨ産のオーガニック・カカオにこだわる「Chaqchao(チャクチャオ)」

サンタ・カタリナ修道院のすぐ近く、コロニアルな古い建物の2階にあるナチュラル感たっぷりのお店です。

PE_20141001_03.JPG

シンプルなチャクチャオの店内。商品を選んでいると、スタッフがカカオ豆の殻を利用したお茶を味見させてくれました。ポリフェノールが豊富なことで知られるカカオ豆ですが、この成分は殻にもたくさん含まれているのだそう。味を楽しむタイプのお茶ではありませんが、ほんのりとしたカカオの香りにはリラックス効果もありそうです。

PE_20141001_04.JPG

クスコの塩田マラスの塩を使ったソルトチョコレートや、栄養豊富なアンデスの穀類キヌア、キウィチャ、ピリ辛トウガラシのロコト入りなど、オリジナルチョコレートがたくさん。チョコレート味のピスコ酒やオーガニックコーヒー豆、カカオバターを使ったリップクリームなどチョコレート以外の商品もいろいろありました。

奥はカフェになっていて、チョコレートブラウニーやマフィンのほか、手作りビールもゆっくりと楽しめます。2階のテラスで道行く人々を眺めながらホットチョコレートで一休み、なんていかがですか?

PE_20141001_05.JPG

チャクチャオのもう一つのポイントは、チョコレートの手作り体験ができること!カカオやチョコレートの歴史を聞きながらお手製のチョコが作れるとあって、欧米人旅行者に人気。英語で説明してくれるので、興味のある方はぜひお問い合わせを。

PE_20141001_06.JPG

ベルギー人とペルー人のカップルが経営する店「oCACAO(オ・カカオ)」

一つひとつが手作りのoCACAOのチョコレートは、ふんわりとした優しい味が魅力です。

PE_20141001_07.JPG

さまざまなトリュフや、ピスコ酒のボンボンなどが並んでいます。私が訪れた時は売り切れでしたが、フルーツを使ったマサパン(マジパン)もあるそうです。フルーツたっぷりのパイや本場のベルギーワッフルなど、スィーツ類もオススメ。店内はカフェになっていて、コーヒーやコカ茶も楽しめます。

PE_20141001_08.JPG

オ・カカオはアルマス広場から2ブロックと観光に便利な場所にある上、カフェはWi-Fiフリー。甘いものが苦手な男性にも、上手に利用してほしいお店ですね。

★La Ibérica/ラ・イベリカ★
住所:Calle Jerusalén 136 - Arequipa(本店)
ウェブサイト:www.laiberica.com.pe

★Chaqchao/チャクチャオ★
住所:Calle Santa Catalina 204 piso 2. - Arequipa
ウェブサイト:https://www.chaqchao-chocolates.com/

★oCACAO/オ・カカオ★
住所:Calle Palacio Viejo 205A
ウェブサイト:https://www.ocacao.com.ua/

※本記事は2014年10月に公開しましたが、2021年10月に一部修正しています。

プロフィール画像
この記事を書いた人
原田慶子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2014/10/07最終更新日:2021/10/11

Views:

ペルーのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.