たびこふれ

クラシックな赤レンガ。コペンハーゲン中央駅の構内をチェック!

記事投稿日:2015/07/17最終更新日:2017/10/31

Views:

デンマークで陸の玄関口といえば、コペンハーゲン中央駅。旅行される方も、一度は降り立つ駅かと思います。どっしりとした赤レンガの建物が目印のデンマークで一番大きな鉄道駅です。

コペンハーゲン中央駅を発着するのは、近郊電車のS-tog(エストー)、郊外へ行く特急電車Intercity(インターシティ)、北シェランからカストラップ空港と通りスウェーデンを繋ぐØresundstog(ウアソンズトー)、その他スウェーデンやドイツから乗り入れてくる国際線。7つのプラットホームと13の線路が走っています。

ちなみに、この駅いろんな呼び方があるんです。デンマーク語だと、Københavns Hovedbanegård(クーブンハウンス・フーバネゴー)、長いので駅の表示やアナウンス、看板で使われているのはKøbenhavns H(クーブンハウンス・ホー)。地元の人は、Hovedbanegård(フーバネゴー)と呼びます。英語だと、Copenhagen Central Station(コペンハーゲン・セントラル・ステーション)。

DK_0702_01.jpg

クラシックな構内がすてきです。このコペンハーゲン中央駅は1911年にオープンしたので、なんと100年以上経っています。

時計の下は、待ち合わせ場所によく使われています。たまに修学旅行生の団体が座っていることも。全体がバリアフリー化されているので、車椅子、ベビーカー、自転車でもホームまで楽に行けます。デンマーク内の路線はペットを電車に乗せることもできるので犬もよく見かけます。

DK_0702_02.jpg

チケットオフィスはこちら。中はモダンですが、外側は100年前とほとんど変わっていないのでは。

DK_0702_03.jpg

Vesterbrogadeの正面から入った構内です。レンガや床のタイルがすてきです。ついつい見とれてしまいそうですが、駅構内はスリがとても多いので気をつけないといけません。

DK_0702_04.jpg

中央にあるDSBデンマーク国鉄のインフォメーション。時刻表や路線図ももらえますよ。

DK_0702_05.jpg

構内の郵便局がある壁際にある鉄道模型。2クローナ入れると電車が動きます。

DK_0702_06.jpg

その他、お店もたくさん。コンビニ、ファーストフード、カフェなど。写真のMatas(マタス)はドラッグストア。旅に必要なものが揃うので便利です。

DK_0702_07.jpg

Lagkagehuset(ラウケーフーセット)では、おいしいデニッシュ、パンやコーヒーが買えます。コンビニではなくこちらがおすすめ。

DK_0702_08.jpg

それから、忘れていけないのはトイレ。通り過ぎてしまいそうなくらいさりげない入口です。5クローナの使用料がかかりますが、最近きれいになったので安心して入れます。コインがなくてもクレジットカードが使えますよ。

また、Istedgade側の地下にコインロッカーと有人の荷物預かり所もあります。コインロッカーは、Sサイズ35x45x90cmが24時間60dkk、Mサイズ35x60x90cmが24時間70dkk。10日間まで預かり可能。入りきらないものは、有人のカウンターへどうぞ。

プロフィール画像
この記事を書いた人
mig
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/07/17最終更新日:2017/10/31

Views:

デンマークのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.