たびこふれ

アイルランドで是非食べて!ポテトのパンケーキ「ボクスティ(Boxty)」。日本のパンケーキとはちょっと違います!

記事投稿日:2015/02/06最終更新日:2018/02/14

Views:

旅先ではその国や土地の郷土料理を食べたくなるもの。例えばフランスやイタリア、スペインでは「○○が食べたい!」とすぐに頭に浮かぶことでしょう。日本でも浸透しているので頭に思い浮かべるのは簡単です。

ではアイルランドの食べ物と言えば皆さん何を思い浮かべますか?

ギネスやウィスキーなどアルコールしか頭に浮かばなかったかもしれませんね。

あるいは毎年ゴールウェーで行われるフェスティバルで有名な牡蠣。フル・アイリッシュ・ブレックファーストやフィッシュ&チップスを思い浮かべた方もみえるでしょう。または単にアイルランド=ジャガイモとしか思い浮かばなかったかもしれません。

ジャガイモはアイルランド人の食卓には欠かせないものです。ボイルしたり、ローストしたり、マッシュにしたり、フライにしたり。お店で売られているクリスプ(日本でいうポテトチップス)の数は大変多く、日本とは比べ物になりません。

そこで今日は皆さんにぜひ一度食べていただきたいもの、ボクスティ(Boxty)をご紹介します。

ボクスティとはポテトのパンケーキのことです。

ポテト(おろしたものをマッシュ状)、小麦粉、ベーキングソーダ、バターミルクで作られます。卵が入ることもあります。このパンケーキはダブリンの家庭では食べられていません。北部や内陸部の県の人が食べているものです。昔は「貧しい家のパン」とも呼ばれていました。このお店の物はリートリム県 (Co. Leitrim) のパンケーキとして出されています。

このポテトのパンケーキは日本で今大流行りのパンケーキとは違います。ふわふわではありません。少し硬くてドライです。それ自体は甘くありませんので、食べる際にはソースと一緒に食べる方が美味しくなります。

このポテトのパンケーキが食べれるレストランはダブリン、テンプルバーの中にあります。Gallagher's Boxty House(ギャラハーズ・ボクスティ・ハウス)というレストランです。

IRE_201502_01.jpg

お店に入るとボクスティの説明が黒板に書かれています。これでボクスティが何なのか一目瞭然ですね。

IRE_201502_02.jpg

レストランに入ると目の前にバーがあります。その右手にはテーブル席があります。お一人の場合はバーのカウンターで食べることをお勧めします。ビールももちろん飲めます。しかしここはレストラン。テンプルバーにあるとはいえ、お酒だけのオーダーは出来ませんのでお気を付けください。

IRE_201502_03.jpg

それではさっそくボクスティをご紹介しましょう!

IRE_201502_04.jpg

こちらはコンビーフとキャベツのボクスティです。ホワイトソースで和えてあります。中にたくさん具が詰まっています。日本人の方にはちょっと多いと感じられるかもしれませんがこちらでは普通の量です。

日本でコンビーフと言えばスーパーに売っているコンビーフ缶を思い浮かべるかもしれません。しかしこちらでコンビーフというと肉の塊の塩つけがスライスしたものが出て来ますので大変美味しいです。

下の写真はチキンとスモークベーコンのボクスティです。個人的にはコンビーフとキャベルの方が好みです。こちらもホワイトソースで和えてあります。

IRE_201502_05.jpg

こちらはサイドメニューで出されているボクスティのブルーチーズソース付きです。ブルーチーズがきつくないので苦手な方でも大丈夫です。ただサイドメニューなのに量が多いのでこれ一つでお腹がいっぱいになってしまいますのでお気を付けください。

IRE_201502_06.jpg

このレストランには他にもアイルランドの料理のメニューがたくさんあります。中でもウェイトレスの女性がお勧めしてくれたのはビーフシチューです。

IRE_201502_07.jpg

こちらはテイスティングとして特別にお願いして頂いたものなので器が小さいですが、オーダーすれば普通のサイズで来ます。いい味付けでした。

こちらはシーフード・チャウダー。スターターとして出されているものです。

IRE_201502_08.jpg

ブラウンブレッドが付け合わせで出てくるのがアイルランドでは普通ですが、このレストランはわかめと人参のケーキという珍しいものが付け合わせとして出てきました。個人的にはブラウンブレッドのほうが好みです。

シーフード・チャウダーですが、お魚が少なめで人参が多めでした。人参が嫌いな私のような人には向きません。味付けが美味しかっただけに残念でなりませんでした。

テンプルバーには何軒かアイリッシュ料理を出すお店がありますが、まずはここでボクスティを食べることとをお勧めします。日本のものとは一味違うポテトのパンケーキを一度お試しあれ!

IRE_201502_09.jpg

Gallagher's Boxty House

20-21 Temple Bar, Dublin 2

http://boxtyhouse.ie/

営業時間:月曜―日曜 午後12時から午後10時半

夕食時は大変混み合いますので、事前の予約をお勧めします。

ランチ時のメニューは少しお値打ちになっています。

夕食時は2コースで19.90のお値打ちメニューもあります。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ティファニー・カイリー
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/02/06最終更新日:2018/02/14

Views:

アイルランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.