たびこふれ

エジプト2(ナイルの"恵み"と"ロマン"を感じる旅)

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/01/05
最終更新日:2018/04/05

Views:

ナイルの"恵み"と"ロマン"を感じる旅

>>>エジプト1(エジプトへようこそ!)はコチラ!

_KEI7478s.jpg

下市
私たち日本人が抱いているエジプトのイメージとは全然異なることって、まだまだありそうですよね。

サミーさん
国土についてもそうですね。確かに国土の92%は砂漠なんですが、ナイル川沿いは農業にも適した肥沃な大地が広がっているんです。街があるのはナイル川流域や海岸沿いですから、人々が暮らすのは緑の多い街なんですよ。

下市
言われてみればそうですよね。

サミーさん
ですから新鮮な野菜や果物が豊富に収穫できるんですよ。オレンジやマンゴーが本当においしいんです。

下市
「マンゴージュース」は私も大好きです。暑い国ですから、フレッシュマンゴージュースなどでビタミンや水分を補給するのもいいですよね。甘くて本当においしいんですよ。

BP14-73249.jpg

サミーさん
最近では「サトウキビジュース」や「ハイビスカスジュース」が血液がサラサラになる効果があると人気なんです。機会があったらぜひ試してみてください。特に日本の方は勤勉ですから、お身体のためにもぜひ(笑)

fotolia_72617860.jpg
(C)Pecold

下市
ナイル川といえば、「ナイル川クルーズ」もエジプト旅行で高い注目を集めていますよね。

サミーさん
私も10回以上体験していますが、「ナイル川クルーズ」は本当におすすめなんです!「アスワン」から「ルクソール」の間を数日間かけてのんびりとナイル川を進むので、ゆったりとした気分で"エジプトの魅力"を満喫できるんです。
途中の「エドフ」や「コムオンボ」など、小さいながらも魅力的な遺跡に立ち寄ってじっくりと観光できますし、観光が終われば次の下船地まで船内でくつろいでいられますからね。

BP08-12272.jpg

BP10-19995.jpg
▲ルクソール西岸にある、切り立った石灰岩の岩肌に彫り込まれたハトシェプスト女王葬祭殿。(C)Martin Lehotkay

BP12-74406.jpg
▲隼の像が美しいエドフのホルス神殿。(C)Redvark

下市
船室も高級ホテルと遜色ない快適さですし、レストランやバー、プールやジムも備わっているので、思い思いにクルーズライフが楽しめるんですよね。

サミーさん
とくにおすすめなのは、デッキから眺める景色です。『ナイルのきらめき』と『流域の緑』、その向こうに『雄大な砂漠』が広がる様子が眺められて、特に夕焼けの時間帯はとてもロマンチックな素晴らしい景色が見られるんです。その風景は古代エジプト人も愛したものですから、"悠久の時の流れ"が実感できますよ。

BP14-72312.jpg

BP10-20007.jpg
▲ナイルの川面に浮かぶ伝統的な帆船ファルーカ。(C)Jose

下市
夜には「ベリーダンスショー」や民族衣装を身につけたパーティーなど、朝から晩までまったく飽きることがないんですよね。

>>>続き(エジプト3 「謎やロマンに満ちた旅」)はコチラ!

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/01/05
最終更新日:2018/04/05

Views:

この記事に関連する記事

エジプトのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.