たびこふれ

日本と全然違う!?海外で働くイロハ in アルジェリア

記事投稿日:2022/05/18最終更新日:2022/05/18

Views:

アルジェリア

未だコロナ禍ではあるものの、グローバル化はどんどん進んでいます。コロナ後に留学やワーキングホリデーなど、海外に出ることを夢みている人も少なくないのではないでしょうか。

海外経験をもつ方々が増えていく中、海外でいつか働きたい!と思う方も増加傾向にあります。

今回は、そんな海外での仕事に興味がある方のために、アルジェリアで働く際の難点や注意点などを一挙公開!ご旅行をお考えの方も、これらのポイントを押さえておけば現地での対応に驚くこともないかも!?

アルジェリア

目次

働くスタンスを理解しよう

アルジェリア

お客様は神様ではない

日本では当たり前の、お客様は神様というフレーズは一切存在しません。

無理な要望にしっかり応えてくれるなんてことは、期待しない方が良いでしょう。「できません」の返事ではなく「やりません」と言われるのが普通です。

家族や自分が最優先

仕事が忙しくて家族との時間が取れないなんて言っているのは日本人だけかもしれません。

アルジェリア人は、家族との時間を割いてまで働きたいとは思いません。

そしてアルジェリア人の言う"家族"とは叔父や叔母、いとこなどを含む大きな範囲です。助け合うことが多いアルジェリア人たちは、家族のため仕事を簡単に休みます。

日本とは異なるストレス?難点一挙公開

車

時間どおりに辿り着けない

仕事をする上での基本ともいうべき"時間厳守"は、アルジェリアではそう簡単に守れません。

というのも、車社会のアルジェリアは交通渋滞が日常茶飯事で日によっても時間によっても混み具合が異なります。雨が降るとさらに渋滞になってしまうことも厄介です。

そんな状況のため日本人の感覚では想像し難い、時間厳守の難しさがアルジェリアにあります。

対応が遅い

注文やお支払いといった、仕事をする上で欠かせないアクションはもちろん、問い合わせに関しても一度で対応してくれない場合も多いです。

"すぐ"の感覚が違い、日本人の時計とアルジェリア人の時計はまるで別物。"緊急"というワードを出すと良いかもしれません。

詐欺の場合は少なく、悪気があるわけではないのですが、焦ることがなく、他人事のように働くので対応が遅くなります。

こちらが何度も同じことを主張することで、やっと動いてくれた!なんて思うこともしばしば。5分後に電話すると言われ電話が一日経っても来ないことに驚いてはいけません。

有言実行しない

アルジェリア人は話すのが上手な人がほとんどです。口では完璧とも思えるプランを言えますが、それを有言実行できる人はなかなか多くいません。

賄賂の存在

残念ながらアルジェリアでは賄賂で人々を動かすことがあります。仕事を早く進ませたい時には賄賂を要求されたなんてことも珍しくありません。

しかしこの賄賂、一度限りでなく毎回要求されてしまい負のサイクルとなってしまうのです。

働く上で大切なこと

市場

受け身にならない

待っているだけでは事が進まなくなるのがオチです。あまり期待せず、こちらから何度も確認をしたり主張することで少しでも時間短縮ができます。

どんな時でも礼儀を忘れずに

様々な難点があると、ついつい相手に対しての挨拶やお礼を忘れてしまいがちです。

アルジェリア人は、こういった挨拶などの声掛けを非常に大切にします。もし相手に対してイライラしてしまっても、第一声と終わりの言葉は礼儀正しくしておくと、良い関係を築けるでしょう。

自分の存在を知らせる

日本のビジネスにおいても人との繋がりは大切ですが、アルジェリアにおいてはビジネスの成功を左右する重要なポイントとなります。賄賂のような手を使わずに仕事を早める手段の一つともいえます。

ビジネスパートナーは言うまでもありませんが、会社の周りや普段利用する場所などにひと声かけておくだけで"知り合い"となり、対応に変化が起こります。"知り合い"だから特殊ルートで迅速な対応をしてくれるなんてことは当たり前となっています。

良い意味でも悪い意味でもアルジェリアではコネが全てといっても良いほどビジネスに浸透しています。たくさんの知り合いを持つことはメリットでしかないのです。

常に問題を想定しておく

アルジェリアでは日本では想像つかないほど多くのポイントでつまづいてしまいます。つまり、至る所で問題が起こってしまうのです。

普段から問題が起こる想定をして行動すると気持ちに余裕が生まれます。

まとめ

アルジェリア

今回はアルジェリアにおいての働き方についてまとめましたが、他国についても同じといえるポイントがあるかもしれません。

働き方を知ることはその国民性を知ることにも繋がります。その国をもっと知りたい際には働き方に目を通してみると分かりやすいかもしれないですね。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
川面 朝美
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/05/18最終更新日:2022/05/18

Views:

アフリカその他のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.