たびこふれ

【ブラジル】サンパウロ VS リオデジャネイロ徹底比較-あなたはどちら派?-

記事投稿日:2022/03/31最終更新日:2022/03/31

Views:

リオデジャネイロとサンパウロ

東京VS大阪、この二つの都市はよく比較されることがありますが、実はブラジルにも似たようなライバルの町があります。それが、サンパウロとリオデジャネイロです。

今回は、両方の町をよく知る筆者が比較し、どちらが旅行者にとって面白いか、私的な判定をしたいと思います。勝敗はどちらか、見ていきましょう。

目次

「景色」比較

旅行者にとって風光明媚なスポットを訪れることは、旅行の楽しみの1つ。

自然の美しい景色という点では、リオに軍配があがりそう。

リオとサンパウロは都会という点では共通ですが、リオはその地形のおかげもあり、自然と共存した美しい町並みがあります。海岸、ポン・ヂ・アスーカル(砂糖パン山)、コルコバードの丘、チジュッカの森など、そもそも自然が観光スポットにもなっていて、絶景を求める観光客にとってはマストな町です。

リオデジャネイロ
<コルコバードの丘から見たリオデジャネイロ>

一方、サンパウロはというと、コンクリートのジャングルで美しい自然の風景とは程遠いところ。もちろんイビラプエラ公園など人工的な緑はありますが、美しさに関してはリオと比較になりません。とはいえ、ビルが林立する都市風景が好きな方には、サンパウロも面白い所だと思います。

サンパウロ
<パウリスタ通りの高層ビルから見たサンパウロ>

「食べ物」比較

あまり日本では知られていないですが、実はブラジルの食事は美味しいのです!長年ブラジルに住んでいますが、外食してまずかった、失敗したという経験は一度もありません。みんなそれなりに美味しいので甲乙つけるのは難しいですが、個人的には選択肢が豊富なサンパウロがお気に入りです。

サンパウロには、ブラジル各地の郷土料理のレストランがあり、ブラジル料理を食べつくしたい旅人にはおすすめ。また、移民の町というところからも想像できるように、世界各地の料理を食べることができます。特に南米は網羅されており、ウルグアイ、パラグアイ、チリ、ベネズエラ、ボリビア料理など日本では決してメジャーではない料理だって食べられます。

料理

料理

しかも、各国出身のシェフが作るので、本場の味が味わえるのも嬉しいところ。もちろん日本料理だって、サンパウロは美味しいです。店によっては日本超え!かも。日本を含むアジア料理もいろいろあって、欧米の料理に飽きた時の選択肢がたくさんあります。

和食

料理

一方リオは、サンパウロと違って国際色は豊かではありませんが、ブラジル料理は美味しいです。サンパウロほど、郷土料理がいろいろ食べられるわけではないので、どの店もたいてい同じメニューなのとお値段が全体的に少し高めなのがマイナス。でも、猛暑で飲むキンキンに冷えたビールは最高!

「見どころ」比較

景色のトピックで触れましたが、リオは自然が見どころで、しかもキリスト像があるコルコバードの丘は世界遺産にも登録されているので、リオの方が、観光地としての見どころはたくさんあります。サンパウロは、リオに比べると、絶対外せない観光スポットはありませんが、南米一の大都会がどんなものなのかを知るのは面白いです。

【リオの見どころ一覧】

なんと言っても自然が織りなす景色が素晴らしい。

1. コルコバードの丘のキリスト像

コルコバードの丘

世界遺産にもなっているコルコバードの丘の上に建つキリスト像。ここからの眺めは最高に美しい。丘へのアクセスは電車もしくは乗り合いバン

2. コパカバーナビーチ

コパカバーナビーチ

リオは海岸沿いの町で、コパカバーナだけではなく、イパネマ、レブロン、バーハダチジュッカにもビーチがあります。海は格別きれいではありませんが、景色は素晴らしい!

3. ポン・ヂ・アスーカル

2つの巨大な奇岩が砂糖パンの形に似ているということからその名前が付きました。これらの岩の頂上からの景色も絶景。アクセスはケーブルカー。

【サンパウロの見どころ一覧】

自然の景色ではリオに勝てませんが、美術館・博物館など文化的なものならサンパウロがおすすめ。

1. サンパウロ美術館

サンパウロ美術館

いくつか良い美術館がありますが、なかでも行って欲しいのがサンパウロ美術館。ゴッホやモネ、ルノワールなどのヨーロッパ絵画も所有しています。企画展はブラジル近代アートから現代アート中心。

2. バットマン路地

バットマン路地

ストリートアートはサンパウロの至る所で見ることができるのですが、バットマン路地は、路地すべてがストリートアートで彩られており、ちょっとした野外ギャラリーのよう。

3. 東洋人街

東洋人街

以前は日本人街と呼ばれていましたが、今は中国、韓国人たちもたくさんいるので東洋人街と呼ばれているリベルダージ地区。週末は特に、昭和と令和がミックスした商店街がブラジル人コスプレイヤーで一杯になる様子を見ると、なぜか日本人であることに誇りを感じます。

「治安」比較

ブラジルは、ご承知の通り、治安の悪い国です。なので、日本と比較するとサンパウロもリオも盗難・強盗に会う可能性はずっと高くなりますが、それでもどちらかというと、サンパウロの方がまだ治安は良いほうかもしれません。もちろん、これは観光客が行動しそうな場所に限定してのことです。

「気候」比較

過ごしやすさで言うと、サンパウロが勝ちです。暑くもなく、寒くもない穏やかな時期が、リオよりも長く続きます。

リオは、冬、寒くならないという点では素晴らしいのですが、夏は暑すぎて耐えられません。熱帯夜が何日も続きます。

まとめ

治安、気候、食ではサンパウロに軍配が上がり、風景と見どころではリオ、という結果になりました。

私はサンパウロ派なので、見どころに関して、もう少しサンパウロを擁護させてもらうと、都会の面白さ、ユニークさでは、サンパウロはリオ以上です!ただ、旅行でそれを実感するにはちょっと時間的に難しいかもしれません。

あくまでも私個人の意見ですが、参考していただけると幸いです。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
オシャラ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/03/31最終更新日:2022/03/31

Views:

ブラジルのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.