たびこふれ

楽しんじゃった者勝ち!アメリカ流、セント・パトリックス・デーのイベント

記事投稿日:2022/03/24最終更新日:2022/03/24

Views:

セント・パトリックス・デー

基本的にイベントごとが大好きなアメリカ。ホリデーシーズンだけでなく、何かとお祝いする機会が毎月のように訪れます。

そんなアメリカで今月(3月)に楽しむのは、「Saint Patrick's Day(セント・パトリックス・デー)」。ハロウィンもイースターもだいぶ日本にも浸透しましたが、このセント・パトリックス・デーはまだそこまでメジャーではないのかな?という印象です。でも最近では表参道でパレードなども開催されているそうで、緑色をモチーフに何か盛り上がっている?と、なんとなく目にしたこともある人がいるのではないかと思います。

目次

発祥はアイルランド

元々は、アイルランドが発祥の行事ですが、今では世界中に広まり、例に漏れずアメリカでもこの日はさまざまな形で「緑」をテーマカラーにしたイベントが開催されます。

そもそもなぜ緑なの?というところですが、アイルランドのシンボルカラーが緑であることから来ているそうです。またアイコンとして「三つ葉のクローバー」のデザインをよく目にしますが、これはアイルランドの国花である「シャムロック」。これも緑であることから、この日は緑色でお祝いするわけなのです。

緑がないと、ツネられる!?

緑色 帽子 服

実際にどんなことをして、この日をお祝いするのでしょうか。

まず学校や職場には、緑色の物を身につけていかないと、皆んなにツネられるというルール(?)になっています。

3月になると、デパートの洋服売り場は緑色のコーナーができ、Tシャツ、帽子、靴下などが集まります。この日だけ着飾るためなら、99セントストアやスーパーなどでも手に入るので、そちらでも十分に楽しめます。

この日は、どんなものを食べる?

緑色 クッキー

感謝祭はターキー、クリスマスはハニー・グレイズド・ハムやローストビーフなど、そのイベントによって食べるお料理がありますが、このセント・パトリックス・デーにはどんなものを食べるのでしょうか。それは、「コーンビーフ&キャベツ」。日本人としてはコンビーフというのは缶詰のイメージが強いので、なんだかあまりファンシーなご馳走という感じがしないのですが、これはどうやらアメリカだけなのだそう。

本場のアイルランドではラムシチューなどが食べられているそうですが、アメリカではアイルランドからの移民の人たちが、簡単手に入り、お祝いができるからということで用意し、それが広まったとのこと。じっくり煮込んで作る家庭の味で、ビールともよく合います。

アメリカの学校では、クラフト作り

クラフト作り

このセント・パトリックス・デーのキャラクターに「レプリカン」という妖精がいます。

昔から、この妖精を捕まえると幸せが訪れると言われているのだそう。なので子どもたちは毎年、このレプリカンを捕まえるための罠を、学校の工作時間や宿題で作るのが恒例なのだそう。レプリカンは「ゴールドのコイン」「キラキラするもの」「緑色」「レインボー」が大好きなので、これらの要素を用いてレプリカンを引き寄せ、罠にかけて捕まえることを楽しむのだそう。我が家も今年初めて、娘の学校行事として一緒に行いました。

大人は緑色のアレを飲む

緑色 ビール

アイリッシュパブもいっぱいあるアメリカ。パブ自体が緑色の看板を掲げているところが多いですが、この日はやはり訪れる人からももちろん緑色が目立ちます。

でも緑色はそれだけではありません。なんと、サーブされるビールが緑色。味は別にそんなに変わらないのですが、こういう形でもアイルランドへの敬意を示しているのでしょうか?ちなみに、ホワイトハウス前の噴水もこの日は緑色に染まるのだそうです。

そのほかに、ロサンゼルスで行われるセント・パトリックス・デー・イベント

セント・パトリックス・デー

St. Patrick's Day Parade(セント・パトリックス・デー・パレード)

  • 場所:Hermosa Beach(ハモサビーチ)
  • 海の色は残念ながら緑ではないですが、青空とビーチからの微風が気持ち良いハモサビーチで行われるパレード。マーチングバンド、緑色のコスチュームを着たワンちゃんたちや子どもたちが行進します。

St. Patrick's Day 5K/10K(セント・パトリックス・デー・5K/10K)

  • 場所: Long Beach(ロングビーチ)
  • 本気のレースではないので、歩いてもOK。もちろんこの日は、緑のコスチュームに身を着飾って参加しましょう。ゴールできたら、Tシャツとメダルが進呈されます。

St. Patrick's Day Irish Fest(アイリッシュフェスト)

  • 場所:The Biergarten in Old World, Huntington Beach(ハンティントンビーチ)
  • 典型的なセント・パトリックス・デーを楽しむならココ。ビアガーデンで行われる無料イベントで、「コンビーフ&キャベツ」はもちろん、緑のビールもここでゲットできます。ライブミュージックも。

MyPerks St. Patrick's Day Celebration(マイパークス・セント・パトリックス・デー・セレブレーション)

  • 場所:MainPlace Mall(2800 N. Main St. Santa Ana, CA 92705)
  • 無料で会員になれるマイパークス(モールの会員制度)メンバー限定の無料イベント。ビアマグなど、オリジナルグッズがもらえます。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
SOLO
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/03/24最終更新日:2022/03/24

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.