たびこふれ

まるで童話の世界に出てくる洋館!モラー・ヴィラでアフタヌーンティーを

記事投稿日:2021/11/25最終更新日:2021/11/25

Views:

モラー ヴィラ

上海には19世紀から租界(外国当局が統治するエリア)があったことで、多くの西洋式建築があり、当時財を成した富豪の邸宅も数多く残っています。今日ご紹介するのはモラー・ヴィラと呼ばれる邸宅。ここモラー・ヴィラはひときわ規模が大きく、また建築様式も珍しく、建物内外の造作もお金と手間をかけられて作られたことが伺える建造物です。

目次

モラー・ヴィラの主・モラー氏とは?

モラー・ヴィラの「モラー」とは邸宅を建てた主の名前です。彼のフルネームはイギリス国籍のエリック・モラー。エリックの父であるニルズ・モラーは上海で租界が始まったばかりの時期に上海に渡り、銀行員から起業し海運業、貿易、競馬ビジネス等を手掛け、「冒険者の楽園」と呼ばれた租界時代の上海で莫大な富を築きました。

1913年より息子エリックが事業を継承。海運業を更に拡大し、1920年代には船舶のメンテナンス事業も行います。上海を流れる黄浦江に埠頭を建設して船の整備ドッグを造りました。この埠頭は「モラー埠頭」と呼ばれたそうです。この事業も拡大を続け、小型船舶の製造所も設立(こちらの製造所は現存し、中国製造業500社にも入っている「滬東中華造船集団」の前身となりました。)

建造を決めたのが1927年、その後の設計、建造に多くの年月を費やし、邸宅が完成したのは6年後の1936年でした。1937年より上海は戦禍に見舞われ、1941年にはモラー一家は上海から避難。その後戦争の終結とともに上海に戻るも、戦時中はモラー・ヴィラは接収されたり、また事業を再開しようにも以前と環境が異なり商機が見いだせなくなったりして、1950年にモラー一家は上海から完全撤退しました。一家がこの邸宅でゆったり過ごせた時間はそれほど多くなかったと思われます。

その後、モラー家は東南アジアでもビジネスを手掛け、現在はイギリスに競走馬の牧場を所有しているとのことです。

この邸宅は、現在ホテル、レストラン「衝山馬勒別墅飯店」として営業をしており、利用客は建物の中に入ることができます。上海旧建築ファンとして、モラー・ヴィラはぜひとも訪れたい場所の一つでした。普段は外から伺うだけでしたが、この度こちらでアフタヌーンティーを楽しむ機会があり、念願のモラー・ヴィラ内部訪問となりました!

モラー・ヴィラの外観

モラー ヴィラ正門
<モラー・ヴィラの正門>

モラー・ヴィラの門。邸宅の正門です。この門は中国式の屋根があることが特徴です。門の作りも中国風の要素が入っていますね。このような西洋と中国式が混ざった建築様式は主の好みを反映していますが、西洋風建築ではまず見られないミックスぶりがモラー・ヴィラの面白いところです。

モラーの馬
<青銅製の馬の像>

邸宅入口脇には青銅製の馬の像があります。これはモラーがオーナーになっていた馬の実物大の像で、競馬レースで優勝し、多くの富をモラーにもたらしたのだそうです。モラーはこの馬を非常に大切にしており、馬が亡くなった際には手厚く弔い、この像を建立したほか、このヴィラの庭に馬のお墓も建立したのだそうです。

モラーヴィラ入口
<邸宅入口

邸宅入口には石の獅子が一対あります。これも主の中華風なものへの趣味を表しています。この獅子は一見すると中華風ですが、デティールが中華風とは異なっており、西洋風獅子と言われています。

モラー・ヴィラ全体の建築様式は上海には珍しいノルウェー風建築です。ノルウェー建築はとんがり屋根が特徴ですが、北欧の厳しい寒風の侵入と積雪を避けるための工夫なんだそうです。建物は6棟、部屋数は106部屋にものぼります。

妖精の国
<「FAIRYLAND(おとぎの国)」のプレート

この外観だけ見ても、凝った造り、使われている建材に巨額の資金をかけたことが伺えますね。モラー・ヴィラにはあるエピソードがあります。それはこの邸宅を建てる前、モラーの愛娘が夢で「おとぎ話に出るような家」を見、その話を聞いたモラーがその夢を具現化しようと建てた、ということです。そのエピソードからか、邸宅正面には「FAIRLYLAND(おとぎの国)」のプレートがあります。

邸宅の中に入ります。

いよいよ邸宅の中へ

入口に入るとすぐのスペースは応接スペースになっています。

応接スペース
<応接スペース

中に入って内部の装飾の造作の細かさ、質の高さにまず非常に驚きました。モラー・ヴィラは2002年にホテルとしてリニューアルオープンする前は政府機関の事務所として使われていました。ホテルやレストランとして営業する前に大規模改修を行い、その際にこれまでの使用で傷んだ箇所の修繕も行われました。永年適切なメンテナンスが行われていなかったことから、床の多くがシロアリの被害に遭っていたそうですが、元の状態の復元を目指して修復が行われ、現在その姿を見ることができます。

修復を経ているとはいえ、造作の細かさを見ると、原状の復元への強いこだわりが感じられます。

フローリング
<フローリング

床ひとつ取っても、現在の一般の住宅でまずはお目にかかれない複雑な木の組み合わせ方をしたフローリングです!

細工
<窓辺

窓辺も手を抜きません。見てください!この造作の細かさ、重厚感。

細工
<窓辺その2

こちらは別の窓ですが、細工がほどこされた木がふんだんに使われています。

この邸宅の中、一事が万事このような手をかけにかけた造作にあふれており、圧倒されっぱなしでした。この邸宅の主の富の莫大さをひしひしと感じます・・・。エリック・モラー氏が手掛けた事業の中で主なものは海運業です。そのため、邸宅の外観は豪華客船のようなイメージもあり、内部には船室をイメージした作りになっています。

アフタヌーンティーを楽しむ

現在モラー・ヴィラにはホテルかレストラン利用者のみ中を見ることができます。今回筆者は邸宅内のカフェでアフタヌーンティーを楽しむことにしました。

アフタヌーンティ
<モラー・ヴィラで提供されるアフタヌーンティ(2人分)

提供されるのは英国式アフタヌーンティということで、3段のケーキスタンドで運ばれてきます。下の段からいただきます。いろどりが綺麗で見た目が豪華。友人と「わぁ~」と声をあげてしまいました。味もとてもおいしかったです。上段のケーキを食べ終わるころはお腹もかなり満腹になりました。

カップ
<羅針盤があしらわれたカップとソーサー

紅茶は銀のポットで出されます。お湯が足りなくなった頃合いでスタッフの方が何度もつぎ足しに来てくれました。海運業が主な事業だったモラー家にちなみ、ティーカップやソーサーには船の羅針盤がデザインされていました。

目線
<席から見た目線

アフタヌーンティを楽しむ席から見える景色はこのように見えます。上質なものに囲まれた空間です。

アフタヌーンティを楽しんだ後は庭へ

この日のお天気は快晴。お茶もお菓子も味わった後は邸宅の庭に出ることにしました。

庭
<モーラー・ヴィラの庭

邸宅から庭の先まで見渡した景色です。突き当りに建物がありますが、こちらは以前はアトリエだったそうです。現在はレストランに改装されています。

外壁
<外壁

しかしそこはやはり旧建築好きな筆者。今度は至近距離で邸宅の外壁を見られることからついついじっくりと見てしまいます。外壁に美しい色合いのタイルが使われていたり・・・

外壁
<窓の下

窓の下すら気を抜かず、意匠を凝らしているところにため息をつき・・・

手すり
<手すり

庭へ降りる階段の手すりにも窓下の意匠をリフレインしている!と発見して喜んだりしていました。

こうして中から外から見どころたくさんで大満足なモラー・ヴィラ訪問でした。

歩道橋の上からモラー・ヴィラを見る

実はモラー・ヴィラは正面から見るよりも裏から見る方がその起伏に富んだ姿をよく確認できます。

裏からのモラーヴィラ
<モラー・ヴィラを裏から見たところ

モラー・ヴィラ北側には延安中路という幹線道路が走っており、歩道橋がかかっています。その歩道橋の上から邸宅を見ると、正面から見た時には見えなかった、起伏に富む姿がわかります。とんがり屋根もよく見えますね。実はモラー・ヴィラのすぐ南側にあるマンションも、モラー・ヴィラの設計に合わせたのかとんがり屋根があり、なんとも粋なコラボになっています。

上海租界時代の旧建築を存分に目で、雰囲気で感じ、おいしいお茶も楽しめるモラー・ヴィラ。2階以上はホテル客室となり、宿泊客以外は見学できないため、いつか宿泊してみたい!と思ってしまいました。

モラー・ヴィラ(衝山馬勒別墅飯店)へのアクセス

  • 住所:上海市静安区陕西南路30号
  • アクセス:地下鉄1号線「陕西南路」駅2番出口より徒歩12分
  • 電話:021-62478881
  • モラー・ヴィラHP

※衝山馬勒別墅飯店は「ヘンシャン マールー ビエシュー ファンディエン」と読みます。
※アフタヌーンティーは衝山馬勒別墅飯店内「中餐厅」にて14:00~16:30提供。要予約。電話番号は上記と同じです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
阿信(axin)
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/11/25最終更新日:2021/11/25

Views:

中国のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.