たびこふれ

【愛知】「UZUiRO」染め物体験!世界に1つだけのオリジナル作品を作ろう

記事投稿日:2021/10/06最終更新日:2021/10/06

Views:

うずいろ 染め物

愛知県西尾市にある草木染め・オリジナルテキスタイルのお店「UZUiRO(ウズイロ)」をご紹介します。

こだわりの素材を使った商品を生み出しているUZUiROでは、草木やインド藍などの天然染料を使った「染め物体験」ができます。

色やデザインを自分で選んで、自分で染める。世界で1つだけのオリジナル作品が作れるのです。

UZUiROで「染め物体験」をしてきましたので、実際の様子をレポートしていきますね!

目次

草木染め・オリジナルテキスタイルのお店「UZUiRO」

UZUiRO

愛知県西尾市は抹茶の産地として有名ですが、それだけではないんです。西尾市も含んだ愛知・三河エリアは、古くから綿織物が盛んな地域。

西尾市に店舗を構えるUZUiROは、生産現場に直接足を運んで、自ら生地を触り、選定をすることにこだわっています。愛知のブランド「三河木綿」や「知多木綿」といった地場素材をメインに製作しています。

UZUiRO

UZUiROでは、仕入れた生地の染色から縫製、販売までを行っています。染色は主に草木染めや藍染めといった天然染料がメイン。ここでしか買えないこだわりのオリジナルアイテムです。

店内には染め物の原料が展示されていました。UZUiROには抹茶の産地・西尾ならではの、抹茶染めもあります。製品として使えない部分の抹茶を買い取り、染料として使っているそうです。使い終わった抹茶も肥料として再利用しているので、エコな取り組みですよね。

天然染料での服作りは手間もコストもかかります。ですが、大量生産にはない温かみが感じられます。

ダブルガーゼ

UZUiROのお洋服や小物といった商品は店舗で買うこともできますし、オンラインストアで買うことも可能です。知多木綿のダブルガーゼで作られたお洋服は、生地がとてもやわらかく、着心地バツグンですよ。

選べる染め体験コース

染め体験

染め体験には何種類かあり、好きなものを選ぶことができます。

【染めの種類】

  • 西尾の抹茶 ¥2,200~
  • インド藍 ¥2,200~
  • 草木染め(ヤマモモ、あかね、ログウッドなど) ¥2,200~
  • 柿渋染め ¥2,200~
  • 持ち込み(インド藍) 400gで¥6,000~
    ※綿・麻・絹・ウールなどの自然素材のみ。ポリエステルはほとんど染まりません。

※染め体験は土曜日のみ開催(2021年8月現在)

素材

素材はこちらから選びます。

ハンカチ、手ぬぐい、エコバッグ、Tシャツなどがあり、知多木綿や三河織物など、地元産の綿製品がメインです。

大判ストール

私は大判ストールを選びました!こちらをインド藍で染めていきます。

どんな模様がいい?染め方の種類を選ぶ!

染物

まずは、動画で流れの説明があります。一口に「染め物」といっても、染め方にさまざまな種類があるんです。

【染める模様の種類】

  • 輪ゴムやヒモで縛って模様をつける
  • グラデーション
  • 板締め
  • たたんで染める

デザイン

見本や過去の写真を見ながら、どんなデザインを作りたいか考えていきます。写真の作品は、ヒモや輪ゴムで縛って作られています。

私は、このデザインを組み合わせることにしました!

いよいよ染め体験スタート!

デザインが決まったら、染め体験スタートです!順番に説明していきますね。

1. お湯でノリを落とす

糊を落とす工程

お湯に布を入れて、棒でぐるぐるかき混ぜます。まんべんなくノリを落とさないと、染めムラの原因になるので、よく洗います。

2. ヒモや輪ゴムで縛る

ぐるぐる巻き

ストールの端に柄をつけるために、ヒモでぐるぐる縛ります。このときに、固く縛ると白い部分が多くなり、ゆるく縛ると白い部分は少なくなるそうです。微妙なさじ加減が必要になりますね!

100%思い通りにならないところも、染め物のおもしろいところです。

工程

ストールのもう片方に、丸い柄を何個か作ることにしました。輪ゴムと麻ヒモを使って丸くしたいところを縛っていきます。

きれいな丸にするのも、コツがあるんですよ。ちゃんと丸になるかなぁ?

3. さあ!いよいよ染めます!

染めてる最中

染料のインド藍の中へ布を入れていきます。

液につけたばかりのときは緑色ですが、空気に触れると青色に変わりました!

色の濃さによって染料につける時間が変わります。私は薄めの色がよかったので、40秒ほど。一緒に行った友人は濃い色にしたかったので、4分ほどつけました。

なお、染料が衣服につくと取れないため、UZUiROでは割烹着またはエプロン、手袋を貸し出してくれます。

4. 水で洗う

染料

染料から出したら、水でよく洗います。

5. ヒモをはずす

紐を外す

ヒモをはずしていきます。ちゃんと柄になっているかな?

ドキドキの瞬間です!

6. 完成!

完成

完成しました!

ちゃんと柄になっていて感動です。

出来上がった作品は、濡れたままビニール袋に入れて持ち帰ります。まだ染料が出るので、自宅の洗濯機で2回くらい洗ってください、と指示を受けて終了。

手作りと物を大切にする心

UZUiRO

今回染め物を体験してみて、こんな手順で作られているんだなと、実感することができました。

自分の手で作った世界で1つだけの作品。こんなに想いの詰まったものだったら、長く大切に使おうと思えます。

また、同じ時間帯にお子さん連れのファミリーも体験に来ていました。物がどうやって作られているのか、その工程を知ることはお子さんにとっても素晴らしい体験になりますよね。

どうやって作られたのかわからない安いものを、かんたんに消費するのではなく、その商品が生み出された背景を知ることで、物を大事にするという心が育まれるのではないでしょうか。

物づくりや自然にやさしいお洋服、他にはないこだわりのブランドが好きな方は、ぜひ一度UZUiROを訪ねてみてくださいね。

UZUiRO(ウズイロ)

  • 住所:愛知県西尾市一色町松木島榎31番地
  • 営業時間:10:00~18:00
  • TEL:0563-75-1208
  • URL:https://uzu-japan.com/
  • 定休日:木・金・不定休(SNSにて告知)
  • 駐車場:8台
  • アクセス:
    ・電車:吉良吉田駅(名鉄西尾線)から車で約7分
    ・バス:フレンドバス 吉良吉田駅→松木島から徒歩約5分
プロフィール画像
この記事を書いた人
あぬ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/10/06最終更新日:2021/10/06

Views:

愛知のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.