たびこふれ

プノンペンのローカル市場6選!在住者目線で市場のポイントを紹介

記事投稿日:2021/03/06最終更新日:2021/05/06

Views:

現地の人々の生活には欠かすことができない、市場。食料品から日用品、衣料品など様々。各市場にはそれぞれの特徴もありますので、現地の活気溢れた雰囲気と共にご紹介します。

目次

1. 観光といえば!「セントラルマーケット」

カンボジア セントラルマーケット

セントラルマーケットは、観光には欠かせない、ツアーでは必ず訪れると言ってもいいほどの場所になっています。1937年に建設され、とても深い歴史があるプノンペンで最大規模の市場です。外観は黄色のドーム型が印象的です。

衣料品から宝石類、食料品、生活用品は全て揃います。

こちらの市場は観光客も多いことから、英語が通じるお店は多いです。しかし値段は他の市場と比べると、比較的割高に伝えられることが多いです。余りに高い場合などは値引き交渉をしてみましょう!

フードコートもあり、朝や夕方時は賑わっています。他の市場よりも、比較的広々としており綺麗です。観光客でも入りやすい雰囲気ですので、お試しされてみてはいかがでしょうか。

カンボジア セントラルマーケット

カンボジアが初めての方や、あまり慣れていない方も比較的行きやすい市場です。

Central Market

  • 住所:60CalmetteSt.(53),PhnomPenh,Cambodia
  • 営業時間:7:00~18:00

2. お土産購入ならば...「トゥールトンポンマーケット」

カンボジア トゥールトンポンマーケット

トゥールトンポンマーケットは、プノンペンの南部に位置しており、通称「ロシアンマーケット」とも呼ばれています。1980年代に多くのロシア人が住んでいたことがあり、地区名の由来にもなっているようです。

こちらのエリアは、外国人も多く住んでおり、ローカルの人々から在住者、そして観光客で賑わう市場です。

中は他の市場と同じバラエティーではありますが、特にお土産物のお店が多いです。夕方からは市場前で野菜やお肉、果物などの路面販売も始まり、主婦やお仕事帰りの方々の買い出しで、賑わっています。

こちらは規模が小さめですので、周りやすいです。また市場近辺にはカフェやレストラン、様々な個人店が沢山ありますので、観光や買い物がてらに来るのがおすすめです。

カンボジア トゥールトンポンマーケット

Russian Market/ផ្សារទួលទំពូង

  • 住所:St.163Cornerof,St440,PhnomPenh12310,Cambodia
  • 営業時間:6:00~16:30

3. 大規模のあまり迷子に注意!品数最大「オルセーマーケット」

カンボジア オルセーマーケット

カンボジア オルセーマーケット

オルセーマーケットは非常に大きな3階建てのローカル市場です。圧倒されるくらい品数や店舗数は最大で、仕入れにも利用されているくらいです。こちらは観光客向けではなく、完全なローカル市場であるため、英語はあまり伝わらないお店が多いです。とにかく何でも揃いますので、日々カンボジア人で賑わっています。

大まかにコーナーは分かれていますが、店舗数が多過ぎたり、似たようなお店が多いので、迷子には注意しましょう。一度通った店を再度見つける事はとても困難です...。(笑)

時間に余裕がある方や、ローカルの雰囲気を味わいたい方はぜひ!念のため、欲しい物があるお店と出会った場合は、お店の電話番号や看板に書いてある番号をメモしておきましょう!

Orussey Market

  • 住所:OknhaTepPhanSt.(182),PhnomPenh,Cambodia
  • 営業時間:店舗により異なる

4. 若者女子が集まる...?○○コーナーが豊富!「ボンケンコンマーケット」

カンボジア ボンケンコンマーケット

カンボジア ボンケンコンマーケット

カンボジア ボンケンコンマーケット

ボンケンコンマーケットは日本人も多く住む、名前の通りボンケンコンという中心地に位置している、ローカル市場です。

こちらの特徴は、古着コーナーが特に充実しており、現地の若者女子には人気の市場です。もちろん男性向けもあり、価格帯も約$1〜で、トップスからズボン、靴まで販売されています。

他にはヘアーサロン、化粧品なども豊富で、さらに立地的に若いカンボジア人で賑わっている印象です。もちろん、食料品や日用品のお店もあります。

市内で買い出しされたい方は足を運んでみてもいいと思います。こちらの中古コーナーでは、年中パーカーやコート、ジャケットも販売されています。寒い時期に掘り出し物探しをしてみてはいかがでしょうか!

Beoung Keng Kang market

  • 住所:St380,PhnomPenh,Cambodia
  • 営業時間:7:00~17:00

5. 一部がまるで美容街?「カンダールマーケット」

カンボジア カンダールマーケット

カンボジア カンダールマーケット

カンダールマーケットはリバーサイド付近のエリアにある、ローカル市場です。

中には、ヘアーサロンやネイルサロン、フェイシャル、眉毛サロンが沢山あります。値段も安く、美意識が高いカンボジア人女性層に人気です。

値段はおおよそ下記程度です。

  • シャンプー$3~
  • ネイル$5~
  • フェイシャルマッサージ$7~

クオリティーは普通の店舗と比べるとなんとも言えませんが、ローカルの人々とのコミュニケーションができる場面にもなりますし、髪の毛を洗うのが面倒な時にも気軽に行ける値段ですので、気になる方はいかれてみてはいかがでしょうか!

Kandal Market

  • 住所:13PreahAngEngSt.(13),PhnomPenh,Cambodia
  • 営業時間:4:00~20:00

6. 携帯関連がずらりと並ぶ「カランロムセウマーケット」

カンボジア カランロムセウマーケット

カンボジア カランロムセウマーケット

カランロムセウマーケットは、携帯から携帯機器関連、アクセサリー、修理のお店が集結している、とても珍しい市場です。

新品と中古の携帯をはじめ、内部の細かい部品まで販売しているお店もあり、仕入れにもよく利用されています。中には盗まれた携帯が売られているとの声もありますので、携帯の購入は控えた方が良いでしょう。

不思議な雰囲気で、なかなかレアな市場ですので、マニアな方向けです。スマートフォンケースの数は圧倒的で、値段も安くまとめ買いがおすすめです。

Klang rom sav market

  • 住所:MaoTseToungBoulevard(245),PhnomPenh,Cambodia

最後に(ポイント!)

以上、プノンペンのローカル市場6選のご紹介でした。

ポイント!

  1. 基本的に市場は暗くて狭い空間なので、貴重品の管理に注意しましょう
  2. 英語が通じないお店も多いので、簡単なクメール語の数字などを覚えると良いでしょう。または電卓があると便利です(余談:少しでもクメール語が話せると、よりフレンドリーに接してくださる店員さんが多いですよ)
  3. 値段は基本的に交渉次第のため、ある程度欲しい物の金額の基準を自分の中で決めておいたり、事前に相場を把握しておいたりして、気持ち良い買い物ができるようにしておくとスムーズです

上記のポイントに気を付けながら、現地の人々に親しまれている市場でのローカル体験を味わってみてはいかがでしょうか。日本ではありえない、様々な楽しい・不思議な光景が見られるかもしれませんね。屋台フードも充実しており、東南アジアならではのフルーツも盛りだくさんで楽しいですよ。

カンボジア 市場

>>>普通のメルマガとはちょっと違う、たびこふれの世界炸裂のメルマガ「たびとどけ」(毎週木曜日配信:無料)登録はこちら!

プロフィール画像
この記事を書いた人
ナツ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/03/06最終更新日:2021/05/06

Views:

カンボジアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.