たびこふれ

現在の状況 & コロナ禍でも楽しみ方は人それぞれなインドネシア!!

記事投稿日:2020/12/28最終更新日:2020/12/28

Views:

こんにちは、greenです。

インドネシアは雨季に突入しました!!雨季は雨で嫌だなぁと思うかもしれませんが、気温も低くて過ごしやすく、フルーツもみずみずしくて凄くおいしいのです!!インドネシア人も乾季より雨季の方が好きという人も多いんですよー。

さて、本日はコロナ禍でインドネシアの状況は?観光はどうなってる??などをテーマにお話ししたいと思います。

目次

インドネシアの現状(2020年12月5日現在)

IDN2012-02.jpg

インドネシアは総人口が日本のおよそ2倍の、約2億7千万人なので感染者数が多いのも仕方ありませんが、日々の感染者の増え方は治まることを知りません。

日本のように波があるのではなく、ずっと右肩上がり。つい先日、12月3日は1日の感染者8,369人と最高記録が出てしまいました。

インドネシアでは、今年3月に初の感染者が発表され、ジャカルタを中心にどんどん感染が広まり始めました。

IDN2012-03.jpg

当初は各々危機感を感じ、緊急事態宣言発令されてないのにも関わらず各村ごとにロックダウンしてるところがほとんどで、村の住人以外は入れないという地域もあるほどでした。配達員もゲートが閉まっている所で荷物の受け渡しという徹底ぶり。#di rumah samja(ステイホーム)というハッシュタグが流行ったくらい各自で外出を控えていました。

IDN2012-04.jpg

インドネシア人はコミュティーをすごく大事にしていますので、村ごとの結束力は日本よりもすごく強いと感じます。しかし現在は、感染者が増え続ける一方で国内旅行も緩和し、割と出歩いている人が増えたようにも感じられます。。。

インドネシアの感染予防策

IDN2012-05.jpg

現在のインドネシアでは、マスクを着用していなかったら100,000ルピア(約750円)の罰金が課せられ、軍や警察が街中で検問しています。(バイク、車に乗ってても止められます。)

しかし、インドネシアの最低賃金は日給500円ほどの地域もあり罰金は高すぎるという声も。罰金を支払いたくない人は15分間の社会運動をすれば免除になり、私が住んでいるジョグジャカルタでは、15分間の掃き掃除をすれば罰金は免除になります。。。笑

他にも、警察や軍が店舗に(飲食店や銀行など全てのお店)見回りにきて「手洗い所を設けているか」とか、「お客様同士の距離感が保たれているか」など割と細かく見回っており、もしその事が出来ていなかったら営業停止命令が下されてしまいます。

IDN2012-06.jpg

ちなみに、先月ジャカルタ州知事が「ワクチン強制接種。拒否した者は5,000,000ルピア(約38,000円)の罰金を課す」と発表しました。

それには市民も猛反対。インドネシア医師会からも「未承認ワクチン接種は急がないように」と警告したかいあってか、その案は今のところ保留になっています。

観光地はどうなっている??!!~new normal~

IDN2012-07.jpg

2020年3月31日付けでインドネシア政府は「外国人の入国、トランジットを禁止する」と発表しています。現在は、出張VISAや訪問VISAは発給再開となりましたが観光VISAではまだ入国ができず、外国人観光客をターゲットにしているバリ島などは大打撃を受けています。

しかしアイディアを絞り出して、新しいサービスが登場!!

ジョグジャカルタは、インドネシアで観光客数2位の人数を誇る都市なのですが、今は新型コロナウィルスの影響がもろに出ております。

そんな中!観光バスを経営するオーナーが考え出したアイディアがこちら!!

Honeyview_IDN2012-01.jpg

Coffee On The Bus

観光バスを改造して作られた特別使用。

おひとり様から参加可能ですが、相席になってしまうので気を使われる方は4名様でご利用されるといいと思います。

でもインドネシア人の社交性はすごいもので、相席になったら必ず仲良くなりますし、ローカルとコミュニケーションを取れる空間でもありますので私は相席がおすめです!!ジョグジャカルタの方は温厚で、言葉がわからなくても最後まで頑張って聞いてくれ、身振り手振りでなんとかなりますので、頑張ってコミュニケーションとってみてください。

IDN2012-08.jpg

現在は1時間コースと2時間コースがあり、時季によってプランが変更になります。

もちろん、乗車前は検温チェック。

IDN2012-09.png

目線の高さがいつもと違ってゆったり眺めることができ、休憩がてら寺院によって写真を撮ることもできます。

IDN2012-10.jpg

Coffee On The Busというくらいですから、もちろんコーヒーも楽しめますし、コーヒーが苦手な方は紅茶も用意してくれてますのでご安心を。

IDN2012-11.png

お一人様1時間50,000ルピア(約400円)

1日約4便走っていますが、現在予約が2週間先になるほどの人気っぷり。どこかのカフェにいってお茶をする金額と変わらないので、いつもとは違った時間の過ごし方が人気なようです。

※値段、発車時刻が時期により変動しますので、まずはお問合せくださいませ。

>>「Coffee on the bus jogja」Facebookページはこちら

IDN2012-12.jpg

最後に・・・

今はどこの国も大変な時期ではますが、インドネシアの方も色々な知恵を絞って「new normal」なサービスが増えてきています。そういった新しいサービスは今後も継続されると思いますので、観光VISAが解禁されたらぜひ新しいインドネシアのサービスをご堪能下さい!!

その前にまずはご自身が健康でいること!無理をせず、自分のペースでのんびりと。みなさん頑張りましょう!!

それでは、最後までありがとうございました。

プロフィール画像
この記事を書いた人
green
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/12/28最終更新日:2020/12/28

Views:

インドネシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.