たびこふれ

クリスピークリームドーナツの世界最大フラッグシップ店がタイムズスクエアに

記事投稿日:2020/12/28最終更新日:2020/12/28

Views:

新型コロナウイルスの影響ですっかり人が減ってしまったニューヨーク・タイムズスクエアに9月15日、日本でも人気のアメリカの老舗ドーナツショップ「クリスピークリーム」のフラッグシップ店がオープンしました。実は、このフラッグシップ店のオープンは当初、5月に予定されていたのですが、パンデミックの影響で延期となっていました。この店舗だけでなく、同社は2020年中に、マンハッタンのアップタウンからダウンタウンまでの各所に、合計8店舗のオープンを計画していましたが、運悪くパンデミックに見舞われてしまいました。それでも、全米でまだまだパンデミックが続いていた最中、勝負をかけてオープンを果たしました。

目次

タイムズスクエアの中心地に

フラッグシップ店は、以前はチョコレートの老舗「ハーシーズ」のフラッグシップ店があったクラウンプラザホテルの一画にあります。ブロードウェイの48丁目と49丁目の間で、M&Msワールドのお向かいです。このあたりは、有名ブランドのフラッグシップ店やホテル、劇場が多い、もろ観光客向けのエリアです。お店の上を見上げると、世界最大のホットライトが設置されています。これが点灯していると、出来立てのドーナツがあるという合図です。コロナ禍のため、混雑時にはソーシャルディスタンスをとって外に並びます。

1.jpg
©Krispy Kreme

ドーナツができるまでの工程を見学

世界最大規模となる4,500平方フィート(約418平方メートル)の店舗の中は、まるでテーマパークのよう。職人さんと大きな機械によってドーナツが作られていく工程を、ガラス越しに見学できます。

2.jpg
©Krispy Kreme

出来立て熱々のところを、世界最大のシュガーシロップの滝(Glaze water fall)でコーティングされてツヤツヤに光った大量のオリジナル・グレイズドドーナツが流れてきます。美味しそうですね。

3.jpg
©Krispy Kreme

タイムズスクエア店限定のドーナツも

ドーナツができる工程を見学した後は、できたてのドーナツを購入しましょう。グレイズドドーナツにチョコレートがかかったチョコレートアイスド・グレイズドやその上から色々な色のトッピングを散らしたチョコレートアイスド・グレイズド・スプリンクルズ、グレイズド・ラズベリー・フィルド、グレイズド・ブルーベリーケーキなど、どれも美味しそうでちょっと体重が気になりますね。でも、しっかりカロリーが明記されています。

4.jpg
©Krispy Kreme

実はこのフラッグシップ店では、ここでしか買えない限定ドーナツを売っています。それが、このリンゴ飴のように光沢がある真っ赤なビッグアップルドーナツ。クリームが入ったドーナツのまわりをシュガーコーティングしてあって、お値段はなんと1個10ドル99セント。高級感のある緑色の箱に入れてくれます。なんだか、まるで宝石か置物のようですね。お味のほうですが、噂によると、リンゴの味はほんのりとしかしないようです。これは、インスタなどに載せる写真用に、みんなで1個だけ買えば良いかなといった感じでしょうか。クリスピークリームといえば、やはりオリジナル・グレイズドドーナツですよね。

5.png
©Krispy Kreme

クリスピークリームのグッズをお土産に

店内には巨大なドーナツの箱の中に並んだスタジアムスタイルの座席や、エコバッグやマグカップ、Tシャツ、帽子など、可愛いロゴ入り商品を売るグッズコーナーもあります。ぜひお土産を買って帰りましょう。

6.jpg
©Krispy Kreme

現在の営業時間は、店内は午前7時から午後10時(土・日曜は午後11時)まで、店内に入らなくてもドーナツが買えるストリートサイドのお持ち帰り専用ウインドウは、24時間営業です。コロナの状況次第で、また営業時間が変わったりするかもしれないので、行く際には確認して下さい。

Krispy Kreme Times Square

プロフィール画像
この記事を書いた人
ナツコ・H
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/12/28最終更新日:2020/12/28

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.