たびこふれ

ボスポラス海峡を間近に感じよう!イスタンブールで訪れたいベベッキの魅力

記事投稿日:2020/10/24最終更新日:2020/10/24

Views:

ボスポラス海峡によってアジアとヨーロッパに大陸が分かれるトルコ最大の都市イスタンブールは、東洋と西洋の文化が交わる不思議な街です。地区によって様々な表情を見せてくれるイスタンブールですが、「都会の喧騒から少し離れたいな」「ボスポラス海峡をゆっくりと眺めたいな」というときにおすすめなのがベベッキというエリアです。ガイドブックにはあまり載っていない、ベベッキの魅力をご紹介しましょう。

目次

ベベッキとは?

tur2003-01.jpg

ベベッキはイスタンブールのヨーロッパ側のベシクタシュという地区の一部です。イスタンブール新市街の観光でお馴染みのドルマバフチェ宮殿やオルタキョイ地区よりもさらに海峡を北上したあたりにあり、都会の喧騒からほどよく離れたところにあります。ベベッキにはボスポラス海峡を見渡せるような高級住宅街があり、観光地というよりはむしろ地元の人たちの生活の場となっています。

ボスポラス海峡を間近に感じることができる

tur2003-02.jpg

ベベッキの最大の魅力といえば、ボスポラス海峡を間近に見ることができることでしょう。海峡に沿ってベンチが置いてあったり歩道が舗装されているため、ゆっくりと散歩しながら海風に当たったり対岸のアジア大陸を眺めるには最適です。旧市街や新市街の観光地では感じることができない開放的な雰囲気を存分に味わうことができます。

自然溢れる公園でゆっくりしてみよう

tur2003-03.jpg

ベベッキの魅力はボスポラス海峡との近さだけではありません。海峡が見える絶妙な位置に、季節の草花が咲く公園があります。エジプト総領事館にも近いこの公園は、週末になると家族連れや恋人たちが訪れてより賑やかな雰囲気に包まれます。

tur2003-04.jpg

ボスポラスの風を感じながら開放感あふれる公園のベンチで季節の植物に囲まれるのは、まさに至福のひと時です。ありきたりな観光地では味わうことができないイスタンブールの良さを発見できますよ!

ベベッキ公園

住所:Bebek, 34342 Beşiktaş/İstanbul

おしゃれなレストランやカフェがたくさん!

tur2003-05.jpg

ベベッキならではの地理を活かして、ボスポラス海峡を間近に眺めることができるおしゃれなレストランやカフェが多いのもこのエリアの魅力です。ヨーロッパとアジアの狭間でコーヒーを片手にカフェでゆっくりできるのはイスタンブールならではの魅力です。高級なお店も多いですが、トルコ発のコーヒーチェーン店「カフヴェ・ドゥンヤス」や定番の「スターバックスコーヒー」のほか、ワッフルなどの軽食屋といった気軽に入ることができるお店も多く、旅行中でも気兼ねなく立ち寄ることができますよ!

スターバックス・ベベッキ店

住所:Bebek, Cevdet Paşa Cd. No:30, 34342 Beşiktaş/İstanbul

メフメト2世が造り上げたルメリ要塞にも訪れたい

tur2003-06.jpg

ベベッキには、実は歴史上重要な要塞が残されています。東ローマ帝国の首都コンスタンティノープル(現在のイスタンブール)を攻略するために、オスマン帝国のメフメト2世が造り上げたルメリ要塞(ルメリ・ヒサル)です。1452年にわずか4カ月ほどで造り上げられましたが、そんな短期間で造り上げたとは思えないほどの規模です。ベベッキの海岸沿いから見上げる高さ約23メートルの塔は特に迫力があり、数百年も前の攻防戦がいまにも目に浮かびそうです。ルメリ要塞は現在は博物館のように解放されているので、ベベッキを訪れたらぜひ城塞内も散策してみてはいかがでしょうか。

ルメリ要塞

住所:Rumeli Hisarı, Yahya Kemal Cd., 34470 Sarıyer/İstanbul

おわりに

イスタンブールならではの美しい景観だけではなく、歴史にも触れることができるベベッキは、ありきたりな観光だけじゃ物足りないなというかたにはピッタリのエリアです。新市街を走るバスに乗れば簡単にアクセスできるので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Zon
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/10/24最終更新日:2020/10/24

Views:

トルコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.