たびこふれ

ロバに揺られて酔いどれツアー!レソト王国のドンキーパブツアー体験記

記事投稿日:2020/10/22最終更新日:2020/10/22

Views:

南アフリカの小さな国「レソト王国」には、ホーストレッキングなどの魅力的なツアーがあります。その中で自分が見つけたのは「ロバに乗ってお酒を飲みにいく」という変わったツアーでした。その名も「ドンキーパブツアー」その酔狂な体験模様をご紹介しようと思います。

目次

ロバに乗って街へ飲みに行きますぜ!

jpa2005_02.jpg

「ドンキーパブツアー」このツアーの概要は名前のとおり、「ロバに乗り、街の飲み屋へ飲みに行く」というツアー。しかも何軒もハシゴできちゃうという、お酒好きにはたまらない内容になっています。飲み代は自費ですが、ロバに乗って飲みに行くとかそんな時代劇みたいな体験。日本でいうと馬に乗って繁華街に繰りだすような行為です。まず日本では体験できません。これは是非とも体験しておきたい!!

宿泊している「セモンコンロッジ」からロバに乗って行きます。

今回は少しでもレソトに染まろうと、街で購入したレソト伝統衣装のブランケットを着て行きま す。(ちなみにこのブランケットの解説を聞けるツアーもありますよ。)ロバという生き物は馬よりも気性が荒く、馬なら顔を撫でても大丈夫なのですが、ロバだと露骨に嫌がったりして、初心者が乗りこなすのが難しい生き物ということなので、ツアーガイドの人がロバを引っ張って行きます。

出発するときにキツいお酒をキュッといただき(何の酒だかわからなかった)、カァー!と体をあっためたところでいざ街へ!

ローカルな酒場で一杯

jpa2005_03.jpg

街へ入るとブランケットを着ているせいか、皆さんから大受けでした。

やはり現地の人との距離を縮めるには現地の格好になるのが良いですね。1軒目のお店はいかにも現地人しか来なさそうな雰囲気。これ絶対ツアーじゃなかったら入るの躊躇しますね。店内に入ると中央にビリヤード台があり、若者達が楽しんでました。

カウンターでビール大瓶1本とポテトチップスを買ってテーブルで乾杯!ガイドさんとロバはお店の外で待っていて、楽しんだらいつでも出てきて良いとのこと。

ここで飲んだビールの銘柄は「Carling Black Label」というビール。アルコール度が5.5%あり、 南アフリカではポピュラーなビールです。レソトにも「MALUTI」というビールがありますが、南アフリカにグルッと囲まれているお国でもあるので、「Carling Black Label」のような南アフリカ産のビールもレソト庶民に親しまれているようですね。

2本目は「Castel」これも南アフリカのビールです。これも大瓶をグビグビ飲んでポテトチップスを食べていると良い感じに酔ってきました。やがて地元のおじさんが話しかけてきたので、辿々しい英語でお話ししました。どうやらこのおじさん、教師をしていて昔日本とも交流があったよう で懐かしくなって話しかけてきたようです。

お酒を飲みながらの地元の人との交流ができるのは、このツアーの醍醐味とも言えますね。

jpa2005_04.jpg

2軒目でビリヤードを楽しむ

jpa2005_05.jpg

1軒目でだいぶ飲んだあげく(大瓶2本飲んだ)長居しましたが、2軒目に行きます。酔った状態でロバに揺られて、もう良い気分。

2軒目のお店はさっきのところより建物も大きく、窓も広くて店内が明るいですね。1軒目よりは 入りやすい雰囲気お店です。

ここでもビールをいただいていると、お店にいた人からビリヤードのお誘い。ビリヤードはどこ でも置いてありますね。

飲みながらビリヤードを楽しんだら、私のブランケットを見て「着こなしがイケてないで」と言われました。

どうもこのブランケットの着方。男女でも違うし、みなさんこだわりの着方があるようです。早速、おすすめの着方を教えてもらい(ずっと女性の着方だったらしい)一緒に記念撮影。帰り際にお店のマスターの女性とも記念写真。「またいつでもいらっしゃい!」と気さくに話してくれました。

お酒×地元の格好×写真、この組み合わせが揃うと地元の人たちとの距離が一気に縮まると感じますね。

ローカルなレソトを味わうにはうってつけのツアー!!

jpa2005_06.jpg

ツアーは2軒をハシゴして終わり、お腹の中がビールだらけの状態で宿に到着。このツアー多い時は3軒ハシゴすることもあるようです。

気は強いが可愛いロバに乗って街へ飲みに行き、現地の人たちと交流もできるという。日本じゃ絶対体験できませんね。お酒・酒場巡りが好きな人には、ぜひ体験して欲しいツアーだと感じました。

もうひとつ持っていって良かったと思ったのは、インスタントカメラのチェキですね。

これですと、その場で仲良くなった人に写真をあげることができますので、これが非常に喜ばれます。2軒目のお店で一緒に写真撮って大喜びされました。

この「ドンキーパブツアー」、自然を相手にしたアクティビティが多い中で、レソト王国で体験した中でも、とりわけ異色の体験に感じました。

ローカルなレソトの雰囲気を感じるなら、是非このような体験をお勧めします。

Semonkong lodge

>>TripadvosprでSemonkong lodgeを見てみる

プロフィール画像
この記事を書いた人
鈴木勝彦
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/10/22最終更新日:2020/10/22

Views:

アフリカその他のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.