たびこふれ

フロント気付とは? 旅行でホテルに荷物を送る方法

記事投稿日:2020/10/10最終更新日:2020/10/10

Views:

旅行や出張などでホテルに向かう際に、荷物が多くて困ったという経験はありませんか? 新幹線や飛行機などでの移動はできるだけ荷物を減らして身軽な状態でしたいものです。

その場合は、宛先に「フロント気付」と書いてホテルへ荷物を送っておきましょう。今回は、荷物を事前にホテルへ送る方法について、詳しく解説していきます。

目次

<1. 到着前にホテルへ荷物を送ることはできる?>

<2. ホテルへ荷物を送る方法>

<3. ホテルへ送った荷物の受け取り方>

<4. ホテルへ荷物を送る際の注意点>

<5. ホテルから荷物を送ることはできる?>

1. 到着前にホテルへ荷物を送ることはできる?

小さな子どもを連れた旅行や長期の出張などでは、どうしても荷物が増えてしまいがちです。自動車での移動であればそれほど問題ではありませんが、新幹線や飛行機などを利用する場合には大きな荷物が負担になってしまうこともあるでしょう。

そんなときに利用したいのが、ホテルの荷物受け取りサービスです。事前に宿泊先のホテルへキャリーバッグやスーツケースなどの大きな荷物を送っておけば、身軽に旅行や出張をすることができます。

もちろん、すべてのホテルがこういったサービスに対応しているわけではないので、利用するホテルに事前に確認してから荷物を送るようにしましょう。

2. ホテルへ荷物を送る方法

到着前にホテルへ荷物を送りたい場合、どうしたらよいのでしょうか。送り方のポイントを説明します。

2.1 荷物を送るタイミング

宅急便などの配送は、天候や道路の状況などによって遅延が発生してしまう場合があります。着替えなど必要なものを送る際は、自身がホテルに到着する予定日よりも、数日前には送るようにしましょう。

しかし、自身が到着する数日前に、荷物がホテルに届くと、ホテル側は保管場所に困る可能性があります。ですから、荷物の到着日を、自身がホテルに到着する日、あるいはその前日に指定して送るとよいでしょう。

2.2 荷物の宛名の書き

到着前にホテルへ荷物を送る際は、宛名の書き方にも注意が必要です。例えば、ホテルの住所とホテルの名前だけを書いて荷物を送ってしまうと、ホテル側が受け取った際に宿泊客の荷物であることを判断することができません。

このような場合、宛名の前に「フロント気付」と書きましょう。「気付」とは、送り先の組織や世帯に属していない人宛に荷物を送る場合に使う言葉で、「連絡」というような意味です。

具体的には、荷物を送る際、以下のように書きます。

「ホテルの住所
○○○ホテル フロント気付
△△△△△(宿泊者名)行
(○月○日から○泊)」

このように「気付」と書くことによって、ホテルのスタッフはその荷物がホテル宛てではなく、宿泊客宛てであることを理解することができます。なお、グループで旅行をする場合、予約をした代表者の名前も書く必要があります。

3. ホテルへ送った荷物の受け取り方

ホテルへ荷物を送った際の受け取り方をケース別に説明します。

3.1 ホテル到着前に自分で荷物を送った際の受け取り方

事前にホテルへ送った荷物は、到着後、フロントで受け取るのが一般的です。チェックインの際に荷物を事前に送ったことを伝えれば受け取ることができます。また、ホテルによっては事前に荷物を客室へ運んでくれるところもあります。

3.2 滞在中に他の人から荷物を送ってもらった場合の受け取り方

出張でホテルに滞在しているときに、仕事で使う資料を同僚に郵送してもらうこともできます。その場合、自分宛の荷物が送られてくることをあらかじめホテル側へ伝え、荷物が到着後、フロントで受け取るようにしましょう。

3.3 滞在中にネット通販などを利用して買い物をしたときの受け取り方

ホテル滞在中にネット通販で買い物をし、荷物を届けてもらうことも可能です。

その場合には、必ず配達日指定を利用し、ホテル側にも荷物が届くことを伝えておきましょう。ホテルに連絡をせずに荷物を届けてもらった場合、ホテル側は身におぼえのない荷物として受け取りを拒否してしまうこともあるので注意が必要です。

荷物が到着後はフロントで受け取るようにしましょう。

4. ホテルへ荷物を送る際の注意点

では、実際にホテルへ荷物を送る場合、どのような点に気をつけたらよいのでしょうか。主な注意点を下記にまとめてみました。

4.1 貴重品は送らない

チェックイン前の荷物の受け取りは多くのホテルが対応していますが、現金や貴金属などの貴重品は受け取らないというのが一般的なルールです。

ホテル側はサービスとして荷物の受け取りをしていますが、保管場所はホテルによっても対応が異なるため、不要なトラブルを招かないためにも貴重品や壊れやすいものなどは送らないようにしましょう。

4.2 到着予定日に気をつける

先ほどもお伝えした通り、事前に荷物を送る場合には、天候や交通状況などによる遅延を考慮して数日の余裕を持って送るのが理想的です。

とはいえ、ホテル側の保管スペースにも限りがありますので、送るのが早すぎると迷惑になってしまいます。

ホテル到着前に荷物を送る場合は、あらかじめホテル側へ連絡をして、何日ごろに送ればよいのかを確認したうえで、自身がホテルに到着する日、あるいはその前日に指定して送るとよいでしょう。

5. ホテルから荷物を送ることはできる?

ホテルの配送サービスは受け取りだけではありません。旅行中に増えてしまったお土産などをホテルから自宅などへ送るサービスもあります。

もちろん配送料金は必要になりますが、フロントで簡単に手続きすることができます。


旅行や出張で荷物が多くなりそうなときは、事前にホテルへ荷物を送るという選択肢があることをおぼえておきましょう。ぜひ上記で紹介した内容を参考に、快適な旅行や出張をしてください。

関連記事

ホテルのチェックイン・チェックアウトの時間と方法

旅館で仲居さんへの心付け(チップ)は必要? 相場と渡し方について

ホテル・旅館のキャンセル料はいつから? 前日? 当日?

プロフィール画像
この記事を書いた人
旅の基本情報お届け部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/10/10最終更新日:2020/10/10

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.