たびこふれ

イギリス北東部最大の観光地スカボローのビーチと回り方を紹介!!

記事投稿日:2020/09/27最終更新日:2020/09/27

Views:

日本では、サイモン&ガーファンクルの『スカボロー・フェアー』の歌で有名なスカボローの港町。実は、スカボローは、イギリス人やアイルランドの人にとっては、わりと身近な観光地です。夏はもちろんのこと、冬から春にかけても比較的天候が良い地方なので、周辺地域から観光で訪れる人も多いようです。この記事では、あまり多くの人に知られていないスカボローの街の魅力をご紹介します。

目次

スカボローを訪れたら、お気に入りのビーチを見つけよう!

Irl2009_02.jpg.jpg

スカボローのビーチは大きく3つに分かれます。街の北側にあるビーチ。街の中心から一番近いサウス・ベイ・ビーチ。そして街の南側にあるビーチです。サウス・ベイ・ビーチは、いつも観光客で賑わっています。近くには、屋外プールやリゾートホテル、庭園などがあり、朝の散歩はとても気持ちが良いです。

それぞれのビーチには、かなり個性的な特徴があり、人によって好みが分かれると思うので、自分のお気に入りのビーチを見つけるのがおすすめです!

古き良き時代を感じさせるレトロな北側のビーチ

Irl2009_03.jpg.jpg

スカボローの街の北側にあるビーチは、ノース・ベイ・ビーチ(North Bay Beach)といい、一般的にはノース・ビーチなどと呼ばれています。サウス・ベイ・ビーチが、よりリゾートの雰囲気があるのに対して、ノース・ビーチは「古き良き時代」を感じさせるビーチです。

海岸線には、レトロな列車が走っており、ビーチの端から端までを一日中行ったり来たりしています。列車は、まるで人気アニメ『きかんしゃトーマス』に出てくるような古い電車そのもので、子供連れの観光客にはとても人気があります。

また、インスタ映えしそうなカラフルな海の家が立ち並んでおり、記念撮影にはちょうど良さそうです。

自然が残る南側のビーチ

Irl2009_04.jpg.jpg

この南側のビーチは、街の中心地にあるサウス・ベイ・ビーチから、さらに南にあり、岩肌がごつごつと剥き出しになっている場所です。ここには、多くの貴重な生物や海草が生息しています。岩と岩の間に海水がたまり自然にできた天然のアクアリウムを発見することもありました。

Irl2009_05.jpg.jpg

Irl2009_06.jpg.jpg

また、色とりどりの美しい石を発見できます。ラッキーな日は、天然石を発見できるかも知れません。探検好きには、おすすめの散歩コースです。ちなみに、崖は崩れやすいので、よじ登らないようにしましょう。

サウス・ベイ・ビーチから続く海外沿いの散歩コースがおすすめ

Irl2009_07.jpg.jpg

私たちは、スカボローに滞在していた2週間、ほぼ毎日のように、この散歩コースを歩くのが日課でしたが、天気によって毎朝違う表情を見せてくれるので、飽きることはありませんでした。

Irl2009_08.jpg.jpg

この散歩コースは、キング・ストリートから始まり、クリーブランド・ウェイ(Cleaveland Way)へとつづく崖の上の道です。崖と言っても、緩やかな斜面の下にも降りれるようになっており、歩きながらビーチや海を見下ろせるようになっています。

Irl2009_09.jpg.jpg

特に、スカボロー・サウス・クリフ・ゴルフクラブのゴルフコースにもなっている小さな岬は、ほとんど観光客もおらず絶景なので、のんびりリラックスしたい人には、おすすめのスポットです。崖にはガードレールがなく、たまに、ゴルフボールが飛んでくる事もあるので、気をつけてくださいね。

バイキングのお城の散歩コース

Irl2009_10.jpg.jpg

サウス・ビーチからノース・ビーチへと移動するには、いくつかのルートがあります。その一つは、街の中心地に戻り、街中を歩いて移動する方法。もう一つは、お城をぐるりと1周する方法です。お城のコースは、人が少なく、海とお城の景色を見ながら散歩できるので、個人的にはとてもおすすめです。

Irl2009_11.jpg.jpg

また、ここから、見渡すスカボローの街やビーチは絶景です。街の中心地にいては撮れないユニークな風景写真も、ここでは撮ることができます!

スカボロー(スカーバラ)城は、12世紀にはヘンリー2世のお城であったことは有名ですが、中世イングランドの主要な要塞のひとつでした。スカボロー城は、もともとバイキングのお城として知られており、5世紀ごろに放棄されたと考えられてきましたが、今ではスカボローにバイキングが定住した説には疑問の声が高まっています。

Irl2009_12.jpg.jpg

お城の中に入るのは有料ですが、周りを散歩するのは無料です。中に入らなくても、要塞として使われていた壁や階段を歩くことができ、中世にタイムトリップしたようで、ワクワクします。歴史が好きな方には、特におすすめのスポットです。もちろん、お城の中も見所がたくさんあるので、おすすめですよ。

基本情報

  • 施設名: スカーボロ城 Scarborough Castle
  • 住 所:Castle Rd, Scarborough YO11 1HY イギリス
  • 時 間:毎日10時00分~17時00分
  • 定休日:年中無休
  • 入場料:大人£8.70(寄付込み)/£7.90(寄付なし)※子供料金や家族料金もあります
  • URL:https://www.english-heritage.org.uk/visit/places/scarborough-castle/

中期の滞在ならコンドミニアムがおすすめな理由

スカボローは、驚くほど利便性が高い観光地です。ビーチ周辺には、いくつかのコンドミニアムがあり、1週間から2週間の滞在ならば、そちらの方が断然お得です。コンドミニアムには、ベッドルームの他に、キッチン、リビング、バスタブ付きのバスルームなどが設備されており、一般的な住居空間とほぼ同じです。私たちが2週間滞在した場所は、サウス・ベイ・ビーチから徒歩3分の場所にあり、無料Wifiや特大のテレビスクリーン、DVDなどがついて、2週間で400ポンドほどでした。広さは、家族で泊まるには、十分すぎる程でした。

窓からは海の景色が見え、とてもリラックスできます。3月上旬でしたが、一日中暖房も使い放題で、ぬくぬくと過ごせて、あまりの心地よさに最後の方は、帰りたくないと思うほどでした。

スカボローには、大手スーパーのテスコやALDIがあり、食料品の調達には全く困りません。少し、北の方に歩けば、日本の食品が買えるお店もあります。また、ビーチから徒歩で3分ほどの場所にデパートのMarks&Spencerもあります。ここの食品売り場では、お寿司やおそばなどが売られています。長めの滞在では、日本食が恋しくなることがあるので、そんな時には、ぜひおすすめです。

まとめ

この記事では、イギリス北東部の観光地スカボローをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?スカボローは、他の周辺地域の天候が悪い時期に、比較的あたたかく天気も良いので、そんな時期に旅行したい方にはおすすめの場所です。歴史も古く、利便性も高い、とても魅力的な観光地です。ビーチのある港街でリラックスしたい方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

プロフィール画像
この記事を書いた人
Maroon
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/09/27最終更新日:2020/09/27

Views:

イギリスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.