たびこふれ

<ペルー>古代アンデス文明最大!世界遺産チャンチャン遺跡

記事投稿日:2020/09/29最終更新日:2020/09/29

Views:

ペルー北部海岸エリアに位置する美しい街「Trujillo(トルヒーヨ)」。その市街地から西へ約7キロ進んだ海岸沿いに、チムー王国の首都遺構「Complejo Arqueológico Chan Chan(チャンチャン遺跡)」があります。9世紀半ばに興り、強大な軍事力と高い治水技術で海岸エリアを広く支配したチムー王国は、あのインカ帝国と勢力を二分するほどの高度な文化を誇りました。今回はユネスコの世界遺産にも登録されている古代アンデス文明最大の都市、チャンチャン遺跡をご紹介しましょう。

目次

チャンチャン遺跡へのアクセス

02.JPG

チャンチャン遺跡へ行くには、トルヒーヨ市内発の日帰りツアーに参加するかローカルバスを利用するかの二者択一。ローカルバスはトルヒーヨと空港方面を結ぶ「Av. Mansiche(マンシチェ通り)」をまっすぐ進むので、運転手に「チャンチャン遺跡」と伝えておけば、遺跡へ向かう1本道のそばで停車してくれるはずです。

03.JPG

マンシチェ通りから遺跡までは、日差しを遮るものがひとつもない砂漠の道を20分ほど歩きます。たとえ曇り空でも紫外線はいっぱい!帽子やサングラス、飲料水などをしっかり準備していきましょう。

04.JPG

ここが、世界遺産チャンチャン遺跡の入り口です。

面積およそ20平方キロメートル、最盛期には人口2万5000人を擁したという巨大都市チャンチャン

05.JPG

砂漠に建造されたチャンチャン遺跡は、アドベ(日干しレンガ)製の高い壁に囲まれた10か所の「シウダデーラ(城塞)」と、孤立したいくつかのピラミッドで構成されています。(シウダデーラは長年にわたり9か所と考えられていましたが、近年の調査で10か所あることが確認されました。)シウダデーラの中で一般に公開されているのはかつてのチュディ宮殿、現在は「NIK AN(ニカン)」と呼ばれる場所だけ。NIK ANとは、ムチック語という地元の古い言葉で「中央の家」という意味だそうです。

06.JPG

遺跡内の見学順路は、標識に描かれたこの魚の向きに従って進みます。

07.JPG

まずは「Patio Principal(中央広場)」または「Plaza Ceremonial(儀式の広場)」と呼ばれる大広場へ。ニカンの北側に位置するこの広場では、祖先崇拝の儀式が行われたと考えらえています。

08.JPG

壁には横線で表現された波と、ラッコかリスと思われる動物、ペリカンなどのレリーフが整然と描かれています。

09.JPG

こちらは「Corredor de Peces y Aves(魚と鳥の回廊)」。幾重にも寄せては返す波と、その波に乗って泳ぐ大量の魚たち。その下には、魚を狙う海鳥たちのレリーフが続きます。母なる海への感謝と大漁を願うチムーの人々の想いが伝わってきますね。

10.JPG

チャンチャン遺跡で最も有名な「Sala de Las Audiencias o Templetes(謁見もしくは小礼拝堂の間)」。ここは神々への捧げものや貢物の受取り場所であったと考えられています。それぞれの小部屋にはU字型に造られたニッチ(くぼみ)があり、そこにチムーの神を表す木製の偶像が収められていたそう。ペリカンや波模様などのレリーフが見事です。

チャンチャン最大の人工池や、チムー王の墓も

11.JPG

こちらは「Patio Secundario(第二広場)」。

12.JPG

第二広場の入り口付近にある「チャカナ」、または「アンデス十字」と呼ばれるレリーフ。十字を形づくる段の数は違いますが、これと似た模様はインカにもありますよね。インカ文明でチャカナは「地下世界・人間界・天上界」や「過去・現在・未来」などインカの精神世界を表すを表すとされていますが、チムーでも同じような意味合いだったのでしょうか。

13.JPG

「Huachaque(ワチャケ)」または「Pozo Ceremonial(儀式の池)」と呼ばれるこの池は、砂漠の下を流れる地下水脈を利用して造られた人工池。長さ148m、幅は48mあり、チャンチャン全体で120ある人工池の中で最も大きく、ここではチムーの主神である月を称える儀式が行われていたと考えられています。からっからの砂漠に、これほど大きな人工池を建造したチムーの人々。その治水技術の高さには驚くばかりです。

14.JPG

ここはチムー王が眠る「Plataforma Funeraria(墓所)」、ニカンの中で最も重要かつ神聖な場所です。周囲には44の副次的な墓があり、チムー王が死後の世界での生活に不自由しないようさまざまな副葬品が収められていました。

15.JPG

小部屋が整然と並ぶ「Patio de Depósitos(倉庫)」。チムーの豊かさが容易に想像できます。

スペイン人による略奪や長期にわたる放置、気候変動の結果たびたびこの地を襲うようになった降雨などの影響で崩壊の危機にあるチャンチャン遺跡。現在雨よけの屋根を設置するなど対策が取られていますが、ニカンの大部分は野ざらしのままです。古代アンデス文明最大のアドベ製都市遺構、チャンチャン。未来への保存に向け一日でも早い対応が求められています。

Complejo Arqueológico Chan Chan/チャンチャン遺跡

公式HP:https://chanchan.gob.pe/
行き方:トルヒーヨ市内からツアーに参加、もしくはワンチャコ方面行きのローカルバスを利用
入場料:10ソレス
※チャンチャン遺跡の入場券は、「チャンチャン遺跡附属博物館」「エメラルドのワカ」「ドラゴンのワカ(虹のワカ)」と共通

プロフィール画像
この記事を書いた人
原田慶子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/09/29最終更新日:2020/09/29

Views:

ペルーのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.