たびこふれ

マレーシアの新型コロナウイルス事情(2020年7月1日現在)

記事投稿日:2020/07/17最終更新日:2020/07/17

Views:

前回は4月上旬のマレーシアのコロナ事情についてお届けしました。あれから約3ヶ月・・・。事態は以前に比べてだいぶ良くなり、ロックダウンも解除され少しずつ日常が戻ってきました。今回はその後のマレーシアの現状についてご紹介したいと思います。

>>マレーシアの新型コロナウイルス事情(2020年4月10日現在)はこちら

mys2007-01.jpeg

目次

マレーシアのコロナ事情 時系列

3月中旬・・・それまでは多い日でも40人程度だった新型コロナウイルスの感染者数が突然急増し、3月15日に190人、翌日には125人を記録(原因は1万6000人以上が参加したとされるクアラルンプールのモスクでの大規模集会で発生したクラスターでした)

3月16日・・・ムヒディン首相が新型コロナウイルス対策について緊急の記者会見を行い、3月18日〜3月31日までマレーシア全土に『活動制限令(Movement Control Order)』を発令(これがロックダウンです)

3月17日・・・マレーシアで初の新型コロナウイルス による死亡者が確認される

3月20日・・・ロックダウンの遵守率が60%と低いことから、警察に代わり軍隊が街中を取締ることが決定

3月25日・・・政府の緊急会見が開かれ、4月14日までのロックダウン延長が発表される

4月1日 ・・・スーパーマーケット、フードデリバリー、ガソリンスタンドなどの営業時間が午前8時〜午後8時までに制限される

4月10日・・・政府の緊急会見が開かれ、4月28日までのロックダウン延長が発表される

(↑前回の記事ではここまでをご紹介しました)

4月23日・・・政府の緊急会見が開かれ、5月12日までのロックダウン延長が発表される

5月1日 ・・・政府の緊急会見が開かれ、5月4日から多くの経済活動・社会活動の許可を発表(スーパーマーケットでの買い物が2人までOK、レストランでの店内飲食がOK、ホテルの営業再開など)

mys2007-02.jpeg
<どこの店舗に入る時も入り口で検温が行われ、37.5度以上は入店拒否され、氏名や電話番号などの個人情報の記入が求められます(コロナ発生時の追跡のため)>

5月4日 ・・・『条件付き活動制限令(Conditional Movement Control Order:CMCO)』が発令され、多くのセクションが活動再開される

5月10日・・・政府の緊急会見が開かれ、6月9日までの条件付き活動制限の延長が発表される

6月6日 ・・・政府が6月10日より理髪店や美容院、ナイトマーケット、バザールの再開を許可(ただし、美容室の滞在時間は1時間までなど規定あり)

6月7日 ・・・政府の緊急会見が開かれ、6月10日〜8月31日までは『回復のための活動制限令(Recovery movement control order:RMCO)』に置き換わることを発表。実質ロックダウンの終了。これにより市場の営業再開、スポーツ活動の許可、州間の移動がOK、国内旅行OK、学校の再開など、ほとんどの活動が許可される。しかし、海外からの渡航・映画館・プール・マッサージ・ナイトクラブ・スポーツの大会などは禁止のまま

6月15日・・・政府がマッサージやリフレクソロジーの営業再開を許可

7月1日 ・・・ホテルやコンドミニアムのプールエリアの再開を許可

mys2007-03.jpeg

私が住んでいるコンドミニアムもプールが利用できるようになりましたが、完全予約制・人数制限があり、一度にプールに入れるのは6名まで。利用時間は1時間、入水前に検温があり、シャワー・レーンごとに隔離されていて、自分のレーンのみ泳いで良いことになっています。

マレーシアへの入国に関して

現在、マレーシアへの入国が許可されているのはMM2Hビザ・就労ビザ・レジデントパスを所有する人のみです。

しかし、事前に入国管理局への許可が必要だったり、マレーシア入国前3日以内の新型コロナウイルス検査受検及び陰性証明の英訳の取得が必要だったり、入国後PCR検査をし陰性の場合は14日の自宅隔離があったり(陽性の場合はそのまま病院へ移送されます)と、プロセスはなかなか複雑なようです。

また、Air Asia X社はマレーシア⇄日本間のフライトを3/28~7/31日まで全便運休と発表していますし、ANAもマレーシア羽田間のフライトを現在運休しています。

最近、『グリーンゾーンと呼ばれる日本・韓国・シンガポール・オーストラリア・ニュージーランド・ブルネイの6カ国のみビザに関係なくマレーシアへの入国を認める』というニュースがありましたが、日本のコロナ感染者数がまた増加傾向にあることから残念ながら日本は候補から外れてしまったようです。こちらに関しては新たな発表があればまたご報告します。

今回のロックダウンで思ったこと

私はマレーシアに在住して約2年になりますが、コロナ騒動が起こるまではマレーシアはゆるくて適当でのんびりな国民性だと思っていました。(良い意味でも悪い意味でも)

しかしマレーシアでコロナが流行し出してからの政府の対応がとても迅速だったこと、マレーシア市民のほとんどがそれに従い3ヶ月弱にわたる辛いロックダウン時期を乗り越えたこと、その間デモや暴動がほとんど起きなかったこと、などに猛烈に感動し、マレーシアがより大好きになりました!どうか第二波などが起きずに、このままコロナが収束しますように・・・。

先週末に訪れたモールの様子です。人がたくさんいて賑わっていて、ロックダウンの静寂が嘘のようでした。もちろんみんなマスク着用、ソーシャルディスタンスには気をつけています。

プロフィール画像
この記事を書いた人
moco
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/07/17最終更新日:2020/07/17

Views:

マレーシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.