たびこふれ

【沖縄エイサー】しびれちゃうオススメ曲ベスト10!!ご一緒にビリビリきましょう(笑)

記事投稿日:2020/06/15最終更新日:2020/06/18

Views:

前回のたびこふれで沖縄エイサーの魅力をお伝えいたしましたが、今回は太鼓・踊りだけでなく聴いているだけでドキドキ・ワキワク・・心に染みる・・・魂が揺さぶられる・・わたくし千花お勧めの『エイサーの曲♪ベスト10』をご紹介させていただきます。

今や沖縄だけでなく皆様の地域のお祭りやイベントでも踊られているエイサー!貴方の街でもきっと聞こえてきますよ~~~

手拍子拍手で盛り上げて下さいませ!イヤサーサー ハイヤー♪

▼前回の記事はこちらから:
これぞ琉球マブイ(魂)創作エイサー!

目次

第1位:ダイナミック琉球 / イクマあきら

それはそれはもう、イントロからドキドキ・・・そして、何々?この海底から湧き上がってくるかのような熱い感覚♪心に響きます!  

エイサーのイベントに行くと必ず耳にするくらい、ウチナンチュの血が騒ぐような熱いメロディで魂そのもの! 

沖縄の壮大な自然の風景が目の前に広がってくるような、情熱的でダイナミックな歌詞・・・

とにかく聴いて頂きたいイチオシの曲です。甲子園の応援歌にもなっています。

第2位:グスージサビラ / イクマあきら

うちなーぐち(=沖縄の方言)で「お祝いしましょう」の意味です。

初めて聞いた時からヘーシ(=掛け声)もイヤササッ ハイヤイヤササ スイサッサ・・・と笑顔炸裂で身体が自然に弾んで弾んで(笑) 

皆様、ご一緒に『グスージサビラーーー♪』

第3位:海の彼方 / パーシャクラブ

パーシャクラブは、新良幸人(あら ゆきと)が メインボーカル・三線で率いる沖縄県出身のバンドで、オリオンビールのCMソングに多数起用され多くの沖縄県民や県外の沖縄ファンからも大人気!

その清々しい透き通る唄声はチョットお顔からは想像できない(失礼)程。

真っ青な海と白い雲の真ん中にたたずんで聴いている錯覚に陥ること間違いなし、です。

『う~みのかなた~~~~♪♪』

あ~沖縄行きたい!

第4位:エイサーの夜 / 夏川りみ

夏川りみさんが内地で働くウチナンチュがお盆で帰省した際の故郷への想いと喜び、願いを優しく切なく丁寧に届けてくれます。

♪響く太鼓~~平和の祈りいつまでも永遠に繋ぐ~♪ 涙出そうです

第5位:ミルクムナリ / 日出克

創作エイサーの代表曲!

なんともエキゾチックで歌詞も沖縄言葉、そして『口説(くどぅち)』と言われる念仏のような曲調...

一度聞いたら忘れられない、不思議な、ゾクゾクする魅力のミルクムナリ。もちろん私も踊っています。

「ミルクムナリ」とは造語で、ミルク(弥勒)は自然の神様、ムナリはインドネシア語で踊るという意味。豊作祈願の思いが込められているそうです。

第6位:汗水節 / coi-na(コイナ)

「汗水節」は1928年、苦しい時代に理想郷を描き、勤労によって社会を立て直そうと働く喜びを歌い、社会奉仕を説く教訓歌だそうです。

100年ぐらい大切に歌い継がれているのですねー

悲壮感ありそーですが、coi-na(コイナ)の美しい高音の唄声は明るい未来への活力倍増!

私も懸命に仕事するぞー!と奮い立たされます!

皆様、やる気出ない時...是非!

第7位:オバー自慢の爆弾鍋 / BEGIN

これはホントに涙出ます!さすがBEGIN!

軽快なリズムの裏には...戦後焼野原から拾った敵の爆弾で鍋作り、女手一つ、屋台から店になり懸命に働き、誰にでも隔たりなく・・・惜しみなく食べさせ、子供達を育て上げたド根性オバァ!

♪次男は大学いかしたど~いかしたど~~ アメリカ兵隊も ひもじい人なら大歓迎

戦後のおばぁのガムシャラ、お届けします!

自慢の料理もお聞き逃しなくー!

第8位:島唄 / THE BOOM

やっぱりコレは外せません!

青い海のリゾート、陽気な笑顔のウチナンチュの本当の心の...魂の...叫びの唄...どこに何を届けたいのか...『平和の国』背中合わせの沖縄の想い...感じます

♪ 島唄よ風にのり鳥と共に海を渡れ 島唄よ風にのり届けておくれ 私の涙

第9位:島酒かたみてぃ公民館 / 横目兄弟

公民館...こうみんかんではなく・・・・こうみんくゎんですよ(笑)

横目兄弟...お勧めです!とにかく楽しい。よくテレビでもやる石垣島白保の成人式。

ご祝儀払えば誰でも参加出来るらしい...おじぃもおばぁも町中みんなで喜んでお祝いしちゃってます。

さすが石垣島、あったかいなぁ

那覇『民謡居酒屋海音』で聞けますよ

>>>横目兄弟について詳しくはこちらから(みいかじMUSIC沖縄)

第10位:唐船ドーイ

最後はやっぱりカチャーシーの定番のこの曲

沖縄のあちこちで聞こえてきます

当時の人々は中国からの船が那覇の港に到着すると、大騒ぎして走って見に行くほどの楽しみだったそうです。

兎にも角にも、聞こえたら踊っちゃいましょうー(笑)ハイ、♪右、左、右〜ハイヤイヤササ♪

最後に

画像2.png

テレビ等では沖縄のアーティストのほんの少ししかクローズアップされませんが、石垣島は全員ミュージシャンと言っても過言ではありません。

沖縄の民謡酒場では毎日ライブも行われていますが・・・イヤイヤ全国各地にウチナンチュはいます。そこで全身全霊でウチナンチュウの魂をお伝えしています。

沖縄に行ったらもちろん、貴方の街での沖縄ライブ・・・是非聞いて感じて参加しちゃって下さいませ。きっと身体も心も熱くなること間違いなしです!

プロフィール画像
この記事を書いた人
千花
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/06/15最終更新日:2020/06/18

Views:

沖縄のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.