たびこふれ

大阪国際空港(伊丹)おすすめの穴場食堂「オアシス」

記事投稿日:2020/06/11最終更新日:2021/09/21

Views:

大阪国際空港 食堂オアシス

知る人は知っています。知らない人は知りません。

大阪国際空港...伊丹空港で時間があり、リーズナブルな食事をしたい時にオススメなのが「オアシス」。基本は空港で働く従業員用の食堂なのですが、一般の人も利用が可能です。

僕が学生の頃から知っていますので、「オアシス」自体は30年以上、営業している老舗食堂です。※1969年に開店と書いてありましたので、何と50年!営業しています。

それでは知らない人のためにご紹介しましょう!

まずは大阪国際空港に到着。ターミナル内部は進化していますが、外観は昔のままですね。

大阪国際空港

「オアシス」の場所は北ターミナル側からのアクセスが便利です。北ターミナルは日本航空グループの出発となります。

大阪国際空港

北ターミナルに入らず、中央ブロックに向かいましょう。すぐにローソンが見えてきます。

大阪国際空港

そのローソンの北側に通路があります。一見すると関係者様通路みたいです。

大阪国際空港

ここに入っていいの?と思うことでしょう。え...。ここは関係者以外立入禁止では?

はい、入りましょう! 以前は正面の突き当りに入口があったのですが...。

大阪国際空港 通路

2019年12月に訪問した時は、工事中のため、行き止まりになっていました。指示の通り、手前に迂回しましょう。

※工事が終わっているかもしれません。→【2020年7月訪問時】工事は終了していました。そのまま進んでください。

大阪国際空港 通路

少し手前に戻り、右側に通路があり、その先に扉があります。ここが禁断の扉です(笑)。扉に関係者以外立入禁止と貼ってありますので、ほとんどの人がここで引き返すみたいです。臆せずドアを開けて入りましょう。【2020年7月訪問時】逆にこちら側のドアは利用できません。

大阪国際空港 通路

中に入ると廊下がありますので、進みます。オアシスへの矢印も貼ってあります。

大阪国際空港 通路

さらに進むと「オアシス」の灯りが見えてきます。

※途中、立入禁止区域には絶対に入らないようにしましょう。

大阪国際空港 通路

はい、オアシスの店頭に着きました。

大阪国際空港 食堂オアシス

オアシスは改装工事を行ったみたいで、僕も久しぶりに訪れましたが、内装がかなり変わっていました。改装後、3周年ということでしょうね。

大阪国際空港 食堂オアシス

色んなメニューがあり、どれを食べようかと迷ってしまいます。

大阪国際空港 食堂オアシス

オアシスの入口の右側通路には各飲料メーカーの自動販売機が設置されています。

大阪国際空港 食堂オアシス横の自動販売機

僕が訪れたのはちょうどランチタイム。券売機で食券を購入しましょう。オアシスでは「オアシスカード」というものがあり、このカードで支払うと割引になるみたいです。オアシスカードはCiao Cafeでお申し出くださいとのこと。よく利用する人なら作っておいた方がいいかもしれません。

大阪国際空港 食堂オアシス 券売機

券売機の左側にはカフェメニュー専用のコーナーがあります。軽食や喫茶はこちらで購入します。

大阪国際空港 食堂オアシス カフェメニュー

この日のランチタイムのメニューディスプレイです。和食は「年越し海老天そば&まぐろ丼」で現金だと700円、ICカードだと630円です。洋食は「味噌ヘレカツ」で現金だと700円、ICカードだと630円です。中華は「海老のマヨネーズ炒め」で現金だと700円、ICカードだと630円です。

大阪国際空港 食堂オアシス

メニューによって受け取り口が異なります。注文カウンターの手前でトレイを取り、表記の受け取り口で食券を出し、出来上がるのを待ちます。和洋中のランチを選んだ場合は、置いてある「小さな小鉢」から2個、「揚げ物」から1個、「冷奴」を1個を取ることができます。

大阪国際空港 食堂オアシス

小鉢ですが、色んな種類があります。

大阪国際空港 食堂オアシス 小鉢

ランチメニュー以外の単品メニューも充実しています。また、注文カウンターの手前には全品110円でお惣菜小鉢「プチボール」を追加することも可能です。

大阪国際空港 食堂オアシス

僕は日替わりランチではなく、豚の生姜焼き定食をいただきました。ボリューム満点で美味しくいただきました。

大阪国際空港 食堂オアシス 生姜焼

店内の雰囲気はこんな感じです。昔に比べてシックな店内になったなと感じました。奥に座れば飛行機を見ることができたのですが、今はターミナルの形状が変わって、見にくくなりました。また、当時はスチュワーデス(あえてこう呼ぶ...)も利用していたのですが、最近はあまり利用していないみたいです。残念。。。

大阪国際空港 食堂オアシス

テーブル席以外に、このようなカウンター席もあります。壁にはお洒落なポスターやオススメメニューが貼り出されていました。

大阪国際空港 食堂オアシス カウンター席

こちらは店内中央から入口付近を見た光景です。キレイな食堂になったなと思いました。

大阪国際空港 食堂オアシス

セルフコーヒーのコーナーです。ホットコーヒー、アイスコーヒーともに100円です。電子レンジも手前のカフェでお弁当を購入した方は利用可能です。

大阪国際空港 食堂オアシス セルフコーナー

なお、帰り道も分かりづらいので気をつけてください。決して、立入禁止区域には行かないようにしましょう。

★入口は変わっているかもしれませんので、ご注意ください。→変わっています。
★オアシスの営業時間は6時から19時です。喫茶は17時30分、料理は18時30分がラストオーダーです。
★多分、年中無休だと思います。
★時間帯によって、モーニング、ランチ、喫茶など使い分けが可能です。
★オアシスまでは一般者でも利用可能です。
★大阪国際空港の公式HPのフロアマップには載っていません。
★オアシスは機内食で有名な株式会社朝日エアポートサービスが運営しています。
朝日エアポートサービスHP:http://www.aas.co.jp/business/shop.php

>>オアシスを食べログで見てみる

2020年7月に再訪

正面の入口工事が終わっていました。そのまままっすぐ進んでください。

大阪国際空港 食堂オアシスへの通路

オアシスの看板が目印です。

大阪国際空港 食堂オアシスへの通路

この非常口のドアみたいなところから建物へ入ります。関係者以外立入禁止と貼り出されていますがオアシス利用に限って大丈夫です。

大阪国際空港 食堂オアシスへの通路

この日は午前中ゆっくりめの飛行機だったのでオアシスに立ち寄る余裕がありました。朝食メニューも充実しています。

大阪国際空港 食堂オアシス 朝食メニュー

僕は「出汁巻き玉子定食」をいただきました。リーズナブルで美味しゅうございました!

大阪国際空港 食堂オアシス 出汁巻き玉子定食

店内は感染症対策も万全です!

大阪国際空港 食堂オアシス 感染症対策

2020年9月に再訪

平日限定ですがワンコイン(500円)でボックスランチを販売していました。ボックスランチを持って送迎デッキで飛行機を眺めるのもいいですね!

大阪国際空港 食堂オアシス

僕は店内で食べます。

大阪国際空港 食堂オアシス

何にしようか迷います。

大阪国際空港 食堂オアシス ランチメニュー

迷った挙句、さっぱり「きつねうどん」にしました。

大阪国際空港 食堂オアシス きつねうどん

ごちそうさまでした!

「動画でみるオアシス」を"うわじい"さんに提供してもらいました。こちらもどうぞご覧ください。

▼【穴場】伊丹空港で約50年営業している従業員用レストラン「オアシス」にランチで潜入

" frameborder="0" allowfullscreen="">

※当記事は、2019年12月に利用した際のものです。メニューや金額は現地にてご確認ください。
※2020年7月と9月に再訪した情報を2021年4月に追記しました。

プロフィール画像
この記事を書いた人
中尾勝
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/06/11最終更新日:2021/09/21

Views:

大阪のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.