たびこふれ

圧倒される【嘆きの壁】の世界<エルサレム①>

記事投稿日:2020/08/06最終更新日:2020/08/06

Views:

こんにちは! この度は、世界三大宗教の聖地として知られる「エルサレム」に行ってまいりました。 そこには、宗教色が色濃く残る独特な世界が広がっていました。 実際に見てきた三大宗教(イスラム教・ユダヤ教・キリスト教)の聖地の中でも ユダヤ教とキリスト教の聖地が特に印象的だったので、ご紹介します。

>><エルサレム②>金色に輝くイスラム教の聖地【岩のドーム】はこちらから

目次

嘆きの壁とは

まず最初にご紹介するのは、私が一番衝撃を受けた「嘆きの壁」です。

写真①.jpg

嘆きの壁はユダヤ教の聖地です。その名の通り、壁に向かって嘆く人々が今も絶えません。 嘆きの壁とは、元々ユダヤ教信者が大切にしていたエルサレム神殿の壁で、紀元前にローマ軍により破壊されてしまい、唯一残っている壁です。再建されることもなく、その神聖なる場所への破壊行為に対して今もなお嘆き悲しむ人が後をたたないことから「嘆きの壁」と呼ばれているそうです。 悲しみが刻み込まれた壁...切ないですね。。 嘆きの壁への行き方ですが、旧市街を歩いていると看板が至る所にあります。

写真②.jpg

看板にある「Western Wall(嘆きの壁)」に沿って進むと...X線検査のある入口が見えます。 その検査を終えるといよいよ嘆きの壁が見えてきます。

写真③.jpg

※旧市街は4つの宗教の地区に分かれていて、地区の境目に銃を持った兵士がいて見張っていました...。すごい地域...!地区によって雰囲気やすれ違う民族の様子が異なるので興味深かったです。

いよいよ嘆きの壁の前へ

写真④.jpg

嘆きの壁に近づく際に2つの入り口があります。 入り口は、性別によって分かれていて左側のスペースが男性、右側が女性になっています。特にマークとかもないので知らないと間違えてしまいます。私も気付かず広めの左側の入り口から入って進むと...ひしひしと視線を感じて気付きました(笑)

写真⑤.jpg

写真⑥.jpg

壁に近づいていくと聖書を読む信者の方や壁に手をついて涙を流す方...など様々な姿を見かけました。呪文のような様々な人の声を今でも思い出すことが出来ます。

写真⑦.jpg

写真⑧.jpg

特に印象的だったのは、男性の信者の方の衣装です。

写真⑨.jpg

暑い中でも黒いスーツのような正装に身を包み、長めのハット又はキッパという民族の帽子をかぶっていて、何よりもみあげが長いスタイルが印象的でした。

写真⑩.jpg

岩のドームの夜

有名かつ神聖な場所ということもあり昼間でも十分人は多かったのですが、夜の嘆きの壁は昼とはまた全く違う景色でした。 ちょうど現地の祭日だったこともあり、昼とは比べ物にならない人数の信者たちが集い、みんなで歌を歌ったり聖書を唱えたりしていて今まで見たことのない見入ってしまう光景でした。

写真⑪.jpg

最後に

いかがでしたか? なかなか味わうことの出来ない神聖な空間を全身で感じることが出来ます。独特なユダヤ教の世界を体験してみてはいかがでしょうか?

▼関連記事

【2019年版】イスラエルを訪れる!歴史を感じる観光地から名物グルメまで、聖地の今をお届けします
【イスラエル】ヨルダン川で洗礼を受ける人々。キリストのように十字を切って
イスラム教徒の聖地を巡る!イスラエル・ヨルダンの魅力をたっぷりとお届けします!

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/08/06最終更新日:2020/08/06

Views:

イスラエルのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.