たびこふれ

【山形】幻想の森は超穴場のヒーリングスポット

記事投稿日:2020/06/10最終更新日:2020/06/10

Views:

「最上川下りの里」として知られる山形県最上郡戸沢村には、「幻想の森」と呼ばれるヒーリングスポットがあります。

国道47号から「眺望の森」と書かれた看板を地道に入ると、すぐに砂利道になり、ガタガタと走ること15分。不安になり、もう引き返そうかと思い始めた頃、幻想の森に到着します。まさに秘境です。

DSC08936.jpeg

幻想の森とは

『最上峡一帯に分布している天然杉は、タコ足状に幹が分かれた多幹型の老杉が多いことが特徴です。この杉は太平洋側のオモテすぎに対し、ウラ杉と呼ばれ、地元では地名から山ノ内杉、土湯杉とも呼ばれています。ここ最上峡には樹齢1000年を超えると思われる巨大な杉が数多く自生し、太いものは幹周りが15mもあり、枝葉が細いという特徴もあります。オモテ杉の代表として屋久杉が知られていますが、ここ最上峡の天然杉林も京都の芦生杉、富山の立山杉、隣県の秋田杉と並び最大規模と言われています。また、ブナと混交し林床にユキツバキを持つ点でも他に類例の少ない群生地です』(看板より)

DSC08922.jpeg

幻想の森への入口。

DSC08923.jpeg

さぁ歩いて行きましょう。

DSC08937.jpeg

山形県観光物産協会のHPによると『神秘的な空間が広がり、一帯に広がる巨木の雄大さは、まさに幻想的です。土湯の森にある、山ノ内杉は最上峡一帯に見られる杉です。 樹齢千年を超えると思われる、幹周り15mを超える土湯杉群生地は撮影スポットにもオススメです。 根元から複数に分かれた枝が、天に向かって伸びており、杉のイメージを覆す不思議な光景が広がっています。』

DSC08924.jpeg

道標として、地面には木の葛が敷かれています。

DSC08926.jpeg

その名の通り、幻想的な空間が広がります。風の音と、木のささやきしか聞こえません。

DSC08927.jpeg

幹周りが数メートルの老杉があちこちに自生しています。

DSC08925.jpeg

戸沢村観光物産協会のHPによると『幻想の森に生い茂る山ノ内杉は、一つの根から複数本の幹が枝分かれし、大きなコブやねじれがあるのが特徴です。樹齢千年を超えると思われる山ノ内杉達に囲まれた空間はまさに幻想的です。』

DSC08928.jpeg

根っこ部分から複雑に分かれています。

DSC08929.jpeg

枝もよく見ると複雑に伸びています。

DSC08930.jpeg

特徴的な杉の木が多いです。

DSC08931.jpeg

幻想の森はぐるっと一周散策できるように整備されています。

IMG_4024.jpeg

これはすごい。

DSC08932.jpeg

老木が語りかけているような気がしました。

IMG_4027.jpeg

道から外れないように注意が必要です。

DSC08933.jpeg

超穴場のヒーリングスポットでした。ぜひオススメします。

DSC08934.jpeg

滞在時間は30分程度。道なき道へは進まないようにしましょう。

DSC08935.jpeg

★幻想の森は山形県最上郡戸沢村にあります。

▼公式ホームページはこちらから
山形県観光物産協会
戸沢村観光物産協会

▼注意
・幻想の森には車がないと行けません
・大雨など災害の後には通行止めになることがあります
・昼間でも1人で行くのは勇気がいります
・散策可能期間:6月〜11月
・冬期間は通行止めになります
・舗装されていない林道で道幅が狭いため、マイクロバスは通行できません。車でしか行けません

※当記事は2019年10月に訪問した時のものです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
中尾勝
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/06/10最終更新日:2020/06/10

Views:

山形のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.