たびこふれ

【島根県】山陰の小京都「津和野」に行ってきました!

記事投稿日:2020/03/14最終更新日:2020/03/14

Views:

太皷谷稲成神社 社殿.jpg
<太鼓谷稲成神社 / 写真提供:石見観光振興協議会

今年2月に島根県西部の石見(いわみ)地方を訪れ、その中で「津和野(つわの)」という地域を少し散策してみました。

津和野についてはまだ知らない方も多いと思いますので、今回一部ですがご紹介したいと思います。

目次

津和野について

殿町通り.jpg
<津和野町殿町通り / 写真提供:石見観光振興協議会

島根県西部の山間に位置し、とても静かで穏やかな場所である津和野。

町の中心部にある「殿町通り」は、かつて城下町であった佇まいをそのままに、当時の雰囲気を楽しめる場所となっています。

そして、通りに沿って作られたお堀にはたくさんの鯉が泳いでいたり、石見地方で生産されている日本三大瓦の一つ「石州瓦(せきしゅうがわら)」の赤い瓦が使われた建物も見られる町の一つです。

今回は津和野の中で訪れた観光スポット「太鼓谷稲成神社」と「津和野カトリック教会」をご紹介したいと思います。

津和野の観光スポットその1. 1000本鳥居も見所の一つ「太鼓谷稲成神社」でお参り!

「太鼓谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)」は、京都の伏見稲荷大社などと並ぶ日本五大稲荷の一つです。

通常、「稲荷」と書くところを『稲成』と書きます。これは「願望成就」の「」をとったそうで、会社を経営されている方や受験生などがよく来られているそうです。

太皷谷稲成神社 社殿.jpg
<太鼓谷稲成神社 / 写真提供:石見観光振興協議会

朱塗りの社殿はとても立派です。神社は町よりも高い場所にあり、神社から町を見下ろした景色もとても良いものでした。神社の駐車場は坂道を上った所にあるので、駐車場から神社までの階段があるくらいで、車があればそんなに大変ではありません。また御朱印も種類がいくつかあり、初穂料500円です。

太鼓谷稲成神社千本鳥居(下から).jpg
<太鼓谷稲成神社 千本鳥居(下から)>

駐車場とは反対側に町から神社に繋がる千本鳥居の階段があります。

車で来てしまうと気づかない可能性もありますが、人も少なくいい写真スポットになるかと思います。

太鼓谷稲成神社 基本情報

  • 住所:〒699-5605 島根県鹿足郡津和野町後田409
  • TEL:0856-72-0219
  • HP:http://taikodani.jp/

津和野の観光スポットその2. 城下町の中にある西洋ゴシック建築の教会「津和野カトリック教会」

津和野カトリック教会.jpg
<津和野カトリック教会 / 写真提供:石見観光振興協議会

津和野カトリック教会は殿町通りにあり、城下町の中で白亜の教会はひと際目立っています。

内部は畳が敷かれていたり、ステンドグラスはとても綺麗なので、是非見ていただきたいです。

見学可能な時間帯であれば、中に入って見学ができます。

津和野カトリック教会 基本情報

  • 住所:〒699-5605 島根県鹿足郡津和野町後田ロ 66-7   
  • TEL:(0856) 72-0251
  • 見学可能時間帯:8:00~17:00
  • HP:http://www.sun-net.jp/~otome/

最後に

上記以外にも、津和野出身の森鴎外の旧宅や記念館もありますし、新山口から出発する「SLやまぐち号」の終点の駅ということもあり、タイミングが良ければSLも見ることができます。

また、津和野の銘菓である「源氏巻(げんじまき)」は、津和野カトリック教会正面にある「沙羅の木」というお土産やお食事ができるお店で購入することができ、製造工程も見れるようになっていますので、是非足を運んでみてください。

>>>「沙羅の木」について詳しくはこちらから(公式サイト)

簡単にはなりましたが、古い建物や神社などが特に好きな方でまだ津和野に行ったことがない方は、これで少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ms841
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/03/14最終更新日:2020/03/14

Views:

島根のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.