たびこふれ

日本人の舌に合う!本格派多数アルジェリア料理とは

記事投稿日:2020/04/09最終更新日:2022/02/24

Views:

アルジェリア レストラン

北アフリカの料理というと「クスクス」が定番ですが、アルジェリアにはこのクスクス以外にも絶品料理がたくさんあります。

世界にはアルジェリア料理を知らない方がほとんどだと思いますが、一度食べたら虜になること間違いなし!何より日本人の皆さんが非常に食べやすい味で、栄養満点。食べたことないなんてもったいない!

これからは「食」も旅の目的としていただけるように、今回は皆さんにぜひ早く知っていただきたいアルジェリア料理についてお伝えします。

目次

アルジェリアが誇る伝統料理

クスクス(Couscous)

クスクス

北アフリカ料理というとまず想像するのが、クスクス!

セモリナ粉でつくられた小さな粒の世界最小といわれるパスタに肉や野菜がたっぷり入った栄養豊富なソースをかけていただきます。

マグレブ3カ国(アルジェリア、モロッコ、チュニジア)の代表的食べ物ですが、もちろん国、そして家庭で様々な作り方や味があります。

お肉は、牛肉、羊肉、鶏肉、もちろん魚で作ることも可能で、いろいろな食材から出る出汁が日本人の心をとらえることでしょう。

ちなみにソースは赤ソースと白ソースがあり、赤はトマトを加えたものになります。

クスクス

アルジェリアのクスクスはどちらかというと、香辛料は必要最低限のような印象で、様々な香辛料に慣れていない日本人がとても食べやすい味付けです。

しかし美味しいからといって、たくさん食べるとクスクスは時間が経つとお腹の中で膨らむので苦しむはめに。食べ過ぎには注意です。

毎週金曜日によく家庭で食べられています。

ショルバ(Shorba)

ショルバ スープ

こちらは伝統的なスープです。

クスクスと同じで赤いスープと白いスープがあります。赤いスープはトマトを加えているものですが、基本的に赤は羊肉、白は鶏肉でつくります。白には最後にパクチーを入れ、レモンを絞ります。

ショルバ スープ

結婚式などお祝い事にも定番のこちらのスープは、ラマダン(断食)後の夕食にもよく飲まれる胃に優しい一品です。

ブレック(Bourek)

ブレック 春巻き

春巻き?と思われた方、そうです、こちらはアルジェリアの春巻き。

日本からこんな遠く離れたところに春巻きがあるなんて思ってもみないですが、見た目はそのまま。中身は、マッシュポテトにひき肉など素材の味が活きているシンプルな組み合わせです。

レシュタ(Rechta)

レシュタ 蒸しそば

こちらは日本でいう焼きそばならぬ蒸しそばといったところです。

セモリナ粉でできた半透明の色の軽めの麺を蒸し、鶏肉の出汁が出ているソースを吸わせています。カブやズッキーニと合わせた優しい味でとても軽い食感。いくらでも食べれてしまうクセになる料理です。

チュクチュカ(chekchouka)

チュくチュカ 野菜料理

ピーマンやパプリカに卵を合わせた野菜中心の一品。お肉がなくてもボリュームを感じられるヘルシーな家庭料理です。香辛料が効いていてご飯とも相性ばっちり。

シャクシュカ(shakhshoukha)

シャクシュカ 揚げ料理

こちらもまたセモリナ粉で作られた皮をパリパリっとするまで揚げたあと、食べやすい大きさに切り、赤い香辛料と牛肉がたっぷり入ったソースを染み込ませていただきます。

インパクトがあり、食感もたのしい人気の料理です。

ハミス(hmiss)

ハミス 前菜

ピーマンやトマト、玉ねぎなどを合わせた少し辛い前菜です。アルジェリアではレストランでお通しのようにこのハミスが出てくることが多いです。

パンも一緒に付いてくることがよくあり、乗せて食べるとより美味しいですよ。

ケセラ(Kesra)

ケセラ パン

こちらはアルジェリアの代表的なパンです。もちろんパンもセモリナ粉でできています。普通のパンと比べて固く、薄く平たいものになります。

マトロア(Matloa)

マトロア パン

こちらもアルジェリアの伝統のパン。

ケセラよりだいぶふわっとしていますが、こちらもやはり平たく食べ応えがあります。少しマフィンに近い食感で様々な料理のお供として食べられています。

国民に愛される様々なドリンク

ミントティー

ミントティー

名前の通りミントのお茶ですが、必ず砂糖が入れてあります。ちなみにお茶は皆中国茶を使っているのがまた驚きです。

小さなカップにかなり上からお茶を注いでいきます。これはカップの中で均等にお茶が混ざるようにするためなんだとか。

暑い夏でも飲まれるアルジェリアに欠かせない飲み物です。

ハモド(Hamoud Boualem)

ハモド ソフトドリンク

アルジェリアの若い人に人気なのがこのハモドシリーズ。りんごベースのコカコーラのようなSelect、ファンタのような Slim、レモンソーダのような Hamoud blancheが人気です。アルジェリアが誇るソフトドリンクといえます。

実際の食事情

アルジェリアのお料理は、煮込み料理が多く圧力釜が大活躍します。そのため大きめに切ったお肉も柔らかくとっても美味しいのです。

日本でよく使用されるコンソメなどは使わない人が多く、素材の味と香辛料でしっかりとコクを出しています。
味付けを聞くとたまに塩だけと言われて驚くこともあり、アルジェリアは皆お料理上手な方が多いです。

そんな一度は食べてみたいアルジェリア料理ですが、まだまだ観光大国ではないため伝統料理のレストランはなかなか見つけづらいのです。

道を歩いていても目に留まるのはハンバーガーやピザなどファストフードばかり。

実はアルジェリア人の皆さんは「伝統料理=家庭料理」なのです。つまり、伝統料理は家で食べるのが普通、外食は伝統料理を食べないというわけなのです。

まったく伝統料理が食べれるレストランがないわけではないのですが、看板などがないところも多く、見つけるのは割と大変。

こういう時は現地の人に聞くと親切に教えてくれますよ。

そしてこんな美味しい伝統料理がある国アルジェリア、実は好き嫌いが激しい人が多く、特に野菜嫌いの若者がたくさんいます。クスクスも野菜を食べずお肉だけという人も、、、。

残念ながら、食べ物をあまり大切にせず簡単に捨ててしまう人もよく目にします。

まとめ

いかがでしたか。お腹が空いてきましたでしょうか。今回ご紹介した以外にもアルジェリア料理にはたくさんの美味しいお料理があります。

ぜひこの伝統料理を目当てに、アルジェリア旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
川面 朝美
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/04/09最終更新日:2022/02/24

Views:

アフリカその他のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.