たびこふれ

南ドイツ4都市「クリスマスマーケット巡り」目に入るものすべてがクリスマス一色!

記事投稿日:2020/01/05最終更新日:2020/01/05

Views:

今回はドイツ南西部4つの都市で開催されている「煌めくクリスマスマーケット」をご紹介致します。

クリスマスマーケットとは、<11月下旬~12月23日頃>まで、クリスマスを待ち望む期間に開催されます。
教会や市庁舎に囲まれた広場には、クリスマスツリーを彩る数々のオーナメントを販売するお店が立ち並び、可愛い雑貨や、煌めくイルミネーション、目に入る物全てがクリスマス一色です。

また、雑貨だけではなくドイツの寒い冬に体を芯から温めてくれる食べ物の屋台も多くあります。

目次

都市1:ニュルンベルク

世界三大クリスマスマーケットの1つである「ニュルンベルク」のクリスマスマーケット。

ニュルンベルクでは180店舗ほどの出店があり、全ての屋台の屋根は赤と白のストライプで統一されています。

②.jpg

教会の足元では、大きなクリスマスツリーの横で演奏会なども開催されることもあり、広場全体に楽しい気分が広がります。

③.jpg

フラウエン教会

ライトアップされたゴシック建築の教会は外から見るだけでもうっとりします。

④.jpg

聖ローレンツ教会

クリスマスマーケットで欠かせないのが【グリューワイン】です。

温かいワインなのですが、ただ赤ワインを温めたものではなく、シナモン等の香辛料やお砂糖が入っています。
氷点下を下回るドイツの夜、グリューワインは欠かせません。

アルコールが苦手な人もご安心。
【キンダープンシュ】と呼ばれるノンアルコールの温かいドリンクもあります。
ベリー等のフルーツが入った暖かいジュースは甘酸っぱくて美味しいです。

グリューワインを入れてくれるマグカップは地域やその年によってデザインが異なり、持ち帰ることができます。
どのお店のマグカップにするかを悩むのもクリスマスマーケットの醍醐味ですね。

⑤.jpg
ニュルンベルクのグリューワイン

⑥.jpg
リューデスハイムのグリューワイン

ニュルンベルク クリスマスマーケット2019

都市2:シュトゥットガルト

「シュトゥットガルト」のクリスマスマーケットも世界三大クリスマスマーケットの1つです。
屋台の出店数は世界一!その数、約280店舗と言われています。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットの屋台の屋根は他のマーケットとは一味違います。

ニュルンベルクの赤と白のストライプに統一された屋根と比べ、シュトゥットガルトでは1つ1つの屋根が装飾されています。
キリスト誕生を表現した屋根、サンタクロースやトナカイがいる屋根など、それぞれの屋台を見ていくだけでもとっても楽しいです。

533e56e19ea8dc906a846d0e846f1b3c_39-thumb-700xauto-148969.jpg

⑧.jpg

街には、スケートリンクやイルミネーションに彩られた大きなクリスマスツリー、マーケットの周辺には大型のショッピングモールや高級ブランド店も立ち並びます。

ショッピングモールには、ドイツのスーパーマーケットやドラッグストアが入っており、お土産に喜ばれる日用品やチョコレートなどのお菓子が安く手に入ります。

⑨.jpg

⑩.jpg

シュトゥットガルト クリスマスマーケット

都市3:ローテンブルク

「ローテンブルク」の街並みはまさにおとぎの国の世界。
木枠が特徴的な建築物はどこを切り取っても絵葉書のようです。

⑪.jpg

⑫.jpg

⑬.jpg

ローテンブルクには1年中クリスマスグッズを販売している「ケーテ・ウォルファルト」というお店があります。

店内は撮影禁止のため、お見せできないのですが、店内には大きなクリスマスツリーがあり、それを囲むようにたくさんの可愛らしいオーナメントや雑貨類、生地なども販売しています。

ドイツ内の各都市のクリスマスマーケットにも出店はしていますが、ローテンブルクは本店であり、品揃えも豊富です。

⑭.jpg

⑮.jpg

Käthe Wohlfahrt(ケーテ・ウォルファルト)基本情報

  • 住所:Herrngasse 1, 91541 Rothenburg ob der Tauber
  • 営業時間:
    月~金曜日:9:00~19:00
    土曜日:9:00~19:00
    日曜日・祝日:10:00~18:00

※クリスマスマーケット時期は営業時間に変更あり。
※営業時間は予告無く変わる場合がございます。ご来店の前にカスタマーサービスにお問い合わせください。

そして、ドイツと言えばやはり【ソーセージ】!
もっちりしたパンに焼き立てのジューシーで大きなソーセージを挟んで、お好みでケチャップやマスタードをかけて食べます。

シンプルですがパンもソーセージも味が良く食べ応えがあります。
どのクリスマスマーケットでも販売していますが、ソーセージの大きさや味が異なるので食べ比べもおすすめです。

⑯.jpg

マルクト広場

都市4:フランクフルト

「フランクフルト」はとっても華やかな都市です。

駅や高層ビルが立ち並ぶ街の中に突如クリスマスマーケットが現れます。

オーナメントなどの屋台はもちろんのこと、メリーゴーランドなども設置されており、そのキラキラとした華やかさに大人も子供も目を奪われてしまいました。
広場にいる全ての人が笑顔で溢れており、温かい食べ物を頬張り、グリューワインを飲みながら家族や友人たちとそれぞれ楽しい時間を過ごしています。

⑰.jpg

⑱.jpg

⑲.jpg

ドイツの伝統的なお菓子「レープクーヘン」!

ケーキの一種なのですが、シナモンやアニスなどの香辛料、アーモンドやクルミ等のナッツ類、オレンジやレモンの柑橘類入った生地にチョコレート等をコーティングしたお菓子、ケーキとクッキーの間のような食感です。

くせになる味でついつい摘まんでしまします。

レープクーヘンにはお菓子の食品用と、オーナメントして飾る装飾用があります。

クリスマスマーケットでは、オーナメント用にかわいくカラフルにデコレーションされたものもたくさん売られています。

⑳.jpg

21.jpeg

レーマー広場

Auf Wiedersehen(さようなら)!

最後までお読み頂きありがとうございました。

南ドイツの4つクリスマスマーケット!街それぞれが全く異なる空気を持っており、クリスマスを迎えるのが本当に待ち遠しくなります。

街並みを楽しむのも良し、屋台でショッピングを楽しむのも良し、お腹いっぱい食べて飲むのも良し、思い思いの時間を過ごし、クリスマスを待ち侘びます。

そんなクリスマスマーケットに一度足を運んでみてはいかかでしょうか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
わぃわぃ。
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/01/05最終更新日:2020/01/05

Views:

ドイツのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.