たびこふれ

フィレンツェ中央駅を賢く使おう!施設の概要を解説します

記事投稿日:2019/12/23最終更新日:2019/12/23

Views:

フィレンツェ旅行の起点となるフィレンツェ中央駅(フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅。以下、フィレンツェ中央駅の表記としています)。初めて訪れたときは、その広さに戸惑うこともあるでしょう。この記事では、フィレンツェ中央駅の概要と共に、駅構内の施設やサービスについて紹介します。

目次

1. フィレンツェ中央駅の概要

フィレンツェ-中央駅-サンタマリアノヴェッラ駅-florence-1060767_1280.jpg
<写真はイメージです。Photo by Pixabay

フィレンツェ中央駅は、フィレンツェを拠点とした旅行をする場合にとても便利な駅です。イタリア語の表記では「Stazione di Santa Maria Novella」で、略してSMNと記述されていることが多いので覚えておきましょう。

この駅は、ローマ、フィレンツェを結ぶ路線の北側の終点でもあります。ローマとフィレンツェは意外と近いので、「フィレンツェだけに滞在するのはもったいないな」という方は、こちらの駅からローマへお出かけしてみましょう。

電車の旅も慣れてくると便利で楽しいものなので、ひとつの都市にじっくり滞在する派の人にもぜひ体験してもらいたいです。

【関連記事】

2. フィレンツェ中央駅の建築とデザイン

フィレンツェ-中央駅-サンタマリアノヴェッラ駅-ian-badenhorst-L6_k6QIV-Zo-unsplash.jpg
<写真はイメージです。Photo by Ian Badenhorst on Unsplash

フィレンツェ中央駅は直線的でモダンな外観。シンプルとも言えるほどミニマルな造形です。これは、イタリア合理主義と呼ばれる建築運動の影響。1932年、「グルッポ・トスカーノ」と呼ばれる建築集団が駅舎のメインを設計し、その他の部分は建築家アンジョロ・マッツォーニが設計したそうです。

また、この駅は歩いてすぐのところにある、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会のゴシック建築と対照的になることをあえて狙い、意図して違った雰囲気にしているとのこと。確かに、たとえばミラノ中央駅などは「ホントにあれが駅?」というぐらいにゴージャスでクラシカルな外観ですが、こちらは近現代の図書館や学術機関っぽいモダンな雰囲気で、全く様子が違いますね。

クラシカルなイメージのあるフィレンツェという土地において、玄関口とも言える中央駅を思い切りモダンなデザインに振り切ったというのは、当時からするとひとつの大きな決断だったのではないかと察することができます。

ともすれば、ミラノの駅舎とフィレンツェの駅舎は逆だったら土地にイメージに合っていて納得するというか、個人的にはしっくりくるんですけどね。フィレンツェの建物でモダンを感じさせるものは少ないので、珍しい存在です。

しかし、フィレンツェ中央駅は地元の人にとても親しまれているそう。帰省する家族を迎えに行ったり、愛する恋人との別れを惜しんだりとエモーショナルな空間で、みんなが何かしらこの駅での思い出を持っているんだ、とイタリア人の友達が話してくれました。

【関連記事】

3. 運転はヨーロッパの駅でよく見るスタイル

日本の新幹線は出発駅から終点まで一直線に発進しますが、ヨーロッパのターミナル駅では折り返し運転になることが多いようです。つまり、ミラノからフィレンツェへやってきたときに、一旦フィレンツェで止まり、ちょっと戻って再びまたローマへ移動......というような感じで、駅の全てがここが終点かのような作りになっているのです。

フィレンツェは北にも南にも移動しやすい

ところで、フィレンツェは中部イタリアを観光するにはもちろんのこと、北へも南へも動きやすい場所にあるので、その日の気分で北へ南へ移動できるのがお気に入りポイント。

「よし、今日はパルマへ行ってハムとチーズを食べよう」とか、「今日はローマでショッピング」、「明日はミラノでバレエを見よう」といった具合にフットワークが軽くなるのが、フィレンツェを拠点とした旅の魅力ではないでしょうか。

小さい近隣の街にも可愛い村があり、時には鈍行列車で移動してみるのもおもしろいですよ。

4. 駅ナカ施設は何がある?

まず、0階(つまり1階)はプラットフォーム階。このフロアにはチケットオフィスと両替所、荷物預け場所、カフェ、フードコート(マクドナルドなどがあり、こちらではフリーWi-Fiが使えます)、セフォラ(化粧品)、駐車場があります。また、鉄道会社のitaloとフレッチャロッサのラウンジもあるので、ラウンジが使用できるチケットを持っている人はこちらで休むことも可能です。

地下にはいろいろなお店が入っていて、日本の駅ビル的なものとはちょっと違いますが、地下鉄構内のショップ群ぐらいをイメージしていただけると分かりやすいでしょうか。メンズウェア、レディスウェア、下着に子供服、靴に化粧品に薬局、など割となんでも揃っています。もしかしたら、手ぶらでフィレンツェへ来てもこの駅ナカで全部揃ってしまうのではないか、と思ってしまうほどです。

困ったときは駅で持ち物を揃えることも可能?

たまにロストバゲージに遭遇してしまうと、手ぶらで駅に降り立つという寂しい事態になりますが(私は何度か遭遇したことがあります!もうね、気分は最悪です......笑)、意外と最低限の持ち物で1週間ぐらい過ごせることが分かったので、「じゃあ今まで持ち歩いていたスーツケースは何だったんだ」と思ったこともあります。

そういうわけで、万が一フィレンツェ旅行でロストバゲージの被害に遭った場合、財布とパスポートとケータイと充電器さえ持っていれば大丈夫。着替えや日用品は駅で買えますよ。

【関連記事】

5. フィレンツェ中央駅にあるサービス

この項目では、フィレンツェ中央駅で利用できる各種サービスについて解説します。実際に利用したときのエピソードも交えていますので、参考となれば幸いです。また、これらはすべて0階にありますので、覚えておきましょう。

チケットオフィス

年中無休で働いてくれているチケットオフィスは。ネットでのチケット購入が楽で便利ですが、ネット環境のせいなのかシステムの不具合なのか、どうやってもあるはずの電車が選択に出てこない場合などがあります。

特に、日本語サイトから検索した場合その傾向がよくあるので、私は英語サイトかイタリア語サイトからネット検索して確認しています。

ですが、それも面倒だという方は、安心感のあるフェイストゥフェイスでチケットが買えるチケットオフィスに行ってみましょう。以前よりも行列が断然少なくなっているので、そんなに待ち時間もかかりません。ここでレンタカーも手配できますよ。

ビジターセンター

「TOURIST INFORMATION」と書かれたカウンターでは、イベントや日帰りツアーなどの案内をしてもらうことができます。小さなカウンターですが、ここで地図をもらったり、行き方を聞いたりすると全力で教えてもらえます。英語も通じる人が座っているのでイタリア語が分からなくても大丈夫。

そして、観光客の英語にも慣れているので、発音や語彙に自信が無くてもスタッフが根気強く聞いてくれるというのが安心ポイントです。2階建バスの予約もこちらでできるので、フィレンツェを楽しめる観光ルートを紹介してもらえます。

何かと便利なサービスデスク「Kipoint」

国内外への荷物の配送、私書箱的な使い方、モバイル充電、文房具の販売などビジネスで訪れるときなどは特に使用頻度が高いと思われるスポットです。毎日営業しており、6:00〜23:00までと営業時間も長め。困ったことがあれば立ち寄りたいですね。

また、ここで荷物を預けることもできるので覚えておきましょう。荷物を預けるときの料金は最初の5時間が6ユーロ、それから1時間ごとに追加料金がかかります。12時間以上からは1時間あたり0.5ユーロが追加されます。明瞭会計で安心ですね。

車椅子での旅行をサポートしてくれる「SALA BLU」

こちらでは、車椅子の方向けにさまざまなサービスを行っています。手荷物トロリーを無料で貸し出してくれるほか、列車に乗るときや目的地で列車を降りるときのサポート手配もしてくれるので安心です。6時45分〜21時30分まで毎日営業されています。

郵便局

フィレンツェ中央駅には、郵便局の出張所もあります。ここでエアメールを出したり、切手を購入したりすることはもちろん、小包を送ることも可能です。月曜から金曜の8:00〜19:00、土曜日の午前中も営業しているのでなかなか便利。

両替所とATM

両替所のレートは悪いです。こちらは0階と地下の両方に点在しています。街中の両替所よりはマシかもしれませんが、基本的に手数料を取らないホテルなどで両替する方が得と考えておいた方がいいですね。レートと手数料はしっかりチェックしておきましょう。

私は過去に、駅の両替所だからそんなにぼったくられていないだろう、と思ってよく確認せずに両替したことがあるのですが、結構な手数料を取られていてびっくりしたことがあります。

トイレ

意外なことに、トイレが24時間営業ではありません。6:00~24:00までで、サービスフィーが1ユーロかかります。駅のトイレなのに有料?と思うかもしれませんが、そうすることで治安が保たれたり、そんなに汚れていなかったりするためです。もしもの時のために、小銭は用意しておきましょう。場所は5番線の近くにあります。

警察

駅の中だけでなく、列車の中の安全も守ってくれる鉄道警察が常駐しています。特に何かお世話になったりすることはないとは思いますが、置引被害などに遭った場合は警察に行って相談しましょう。

最後に、この記事で紹介している施設やサービスは2019年11月時点で確認できたものです。フィレンツェ中央駅を訪ねるときは、事前に最新情報をチェックしてください。公式サイトでは、各種ニュースやショップのセール情報も知ることができますよ。

基本情報

  • 名前:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅(Stazione di Santa Maria Novella,SMN)
  • 住所:Piazza di Santa Maria Novella, 50123 Firenze FI,
  • 公式サイト:https://www.firenzesantamarianovella.it/it/

プロフィール画像
この記事を書いた人
yukaco
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/12/23最終更新日:2019/12/23

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.