たびこふれ

【コスタリカ】大自然の不思議!ウミガメの一斉大産卵アリバダと子ガメの孵化観察ツアー

記事投稿日:2019/11/23最終更新日:2019/11/23

Views:

中央アメリカに位置するコスタリカの北部、太平洋側に位置するオスティオナルと呼ばれる海岸は、世界でも非常に珍しいアリバダと呼ばれるウミガメの一斉大産卵を見ることのできる場所です。

わずか数キロの海岸全体が産卵にやってくるウミガメで埋め尽くされる光景は圧巻。世界で生じる未だに解明されていない不思議な自然現象の一つです。

目次

ウミガメがたくさんやってくるオスティオナルってどこに?行き方は?

オスティオナルは、コスタリカ北部、太平洋側に面する小さな海岸のある町です。

首都サンホセからのアクセスは、バス、レンタカー、航空機、パッケージツアーという方法があります。また、コスタリカ北部にあるダニエル・オドゥベル・キロス国際空港(通称リベリア空港)からのアクセスも可能で、首都サンホセからよりも短時間で到着できます。

バスでの移動は、安いですが時間がかかるので、旅程に余裕のある方にオススメです。サンホセまたリベリアからの直通バスはないので、サンタクルーズという街でバスを乗り換え、オスティオナルに到着できます。所要時間は乗換時間を含まず約7〜8時間です。

レンタカーで首都サンホセからは約5時間、リベリアからは約3時間です。

航空機(小型機)での移動もあります。サンホセの空港からノサラというオスティオナルの隣町の空港へ1時間弱、リベリア空港からノサラ空港は約20〜30分で到着できます。価格は通常往復$200〜$300です。

オススメはサンホセ近郊、またはリベリ近郊の地元のツアー会社のプランに申し込み、パッケージになったツアーに参加することです。交通手段、食事、宿泊なども手配してくれます。自由に旅行するということが難しくなりますが、とても安心してウミガメを見に行くことができます。

いつ見れらるの?なんでそんなにたくさんウミガメがやってくるの?

CRI1910-03.jpg

ウミガメの産卵自体は毎晩見ることができます。毎晩、数匹は産卵にやってきます。

ただ、たくさんのウミガメたちが一斉に産卵しにやってくるアリバダの現象が見られるのは、年に数回です。そして、アリバダにも規模があり、2・3日の期間、毎晩数百匹のウミガメたちが産卵しにやってくる時もあれば、一週間前後の期間、毎晩1万匹以上のウミガメの産卵しにやってくる時もあります。雨季のシーズンに入る毎年9月10月は大規模なアリバダが生じる確率が非常に高いです。

なぜウミガメたちがこのオスティオナルの海岸にたくさん、しかも同時に産卵しにやってくるのかは未だに解明されていない不思議な自然現象です。

CRI1910-04.jpg

ウミガメは非常に臆病な生き物で、危険を感じると砂浜に上陸するのをやめたり、また上陸しても産卵せずにすぐに海に戻ってしまいます。ウミガメがこの海岸を選んでいるのは、自然がそのまま残されている安全な場所、安心して産卵できる場所だと感じているからです。そのために、コスタリカの政府や環境局、自然保護団体、地元の人たちは、その貴重な自然を保護し、自然と共存しながら生活しています。このオスティオナルの町では、ウミガメは家族の一員とされています。

かわいい子ガメの孵化も見られる!?

CRI1910-05.jpg

ウミガメの一斉大産卵の光景はまさに圧巻ですが、自然の神秘を観れるのはそれだけではありません。産卵から30〜40日後、今度は子ガメの孵化を見ることができます。

巣穴からもぞもぞとはい上がってきて、砂浜に小さな穴を空け、海に向かって歩き出す姿は、かわいいながらも、小さな勇者のごとく、その勇敢な背中に力をもらうことができます。

産卵にやってくるウミガメは、時には合計数十万頭にも及びます。そのウミガメたちが50個以上の卵を産むので、孵化してくる子ガメたちは、数え切れない量に及びます。ほとんどの子ガメたちが、鳥や魚、その他の動物たちに食べられてしまいますが、生き残ったウミガメたちは再びこのオスティオナルの砂浜に産卵にやってきます。

多くの人たちの精力的な保護活動により、かつては減少していたウミガメの数は、ここ数年増加しており、保護活動がまさに実を結んでいます。

オスティオナルには何があるの?

CRI1910-06.jpg

CRI1910-07.jpg

オスティオナルはまさにその一帯が保護地区に認定されているため、新たな家やホテルなどの建設をすることが禁止されています。また、夜の明かりはウミガメたちを怯えさせることになるため、街灯なども必要最小限にとどめられています。

そのため、オスティオナル自体は、非常に小さな町のままで、ホテル、レストラン、スーパーなども数が限られています。隣町のノサラには、ホテル、スーパー、レストランなどが充実しており、オスティオナルから車で約20分のアクセスの良さゆえ、多くの旅行客が利用しています。

ここのオスティオナルならではの食べ物として、ウミガメの卵を食べることができます。これは保護活動の一部としてウミガメの卵を人為的に掘り起こし、またその卵を販売することによって、保護活動の資金にしています。

このアリバダが発生した直後出ないと購入できないので、お越しの際は、ぜひお試しください。

最後に

世界でもほんの数箇所でしか見ることできない、貴重なアリバダという不思議な自然現象。

そのアリバダが生じるコスタリカ、オスティオナルは、交通のアクセスがあまり便利なところではありませんが、この壮大な大自然の光景をぜひ生で観ていただきたいと思います。

プロフィール画像
この記事を書いた人
YM 3C
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/11/23最終更新日:2019/11/23

Views:

コスタリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.