たびこふれ

ラオス第2の世界遺産「ワット・プー遺跡群」までメコン川クルーズ

記事投稿日:2019/10/23最終更新日:2019/10/23

Views:

南部のチャンパサック県にある「wat phou Complex(ワット・プー遺跡群)」は、2001年にラオスで2番目にユネスコの世界遺産登録された場所です。

1000年以上前に、クメール族によって作られた石造りの宮殿や寺院が、敷地内に点在していて、カンボジアのアンコールワットよりも古くに作られたと言われています。

lao1909_02.JPG

目次

遺跡の魅力

lao1909_03.JPG

寺院といっても、ここにあるのは、ラオスでよく見られる仏教寺院ではありません。入り口から続く子孫繁栄を願うモチーフ「リンガ」が並ぶ参道や聖池「バライ」、そして建物の彫刻には、シヴァの神をはじめとするヒンドゥー教の神様が刻まれた宮殿や本堂のあるヒンドゥー教の寺院です。

海外の支援により建物の修復が行われていますが、風化したり、木々の根が張り出していたりして、崩壊している部分も多くあり、そういったところがまた、趣ある雰囲気を作り出しています。

lao1909_04.JPG

敷地が非常に広く、全てを見て回るには2時間はかかるので、ゆっくり時間を取って訪れてください。特に本堂に施された神々の彫刻が、非常に緻密で、暫し古きクメール王朝時代へと誘われます。

また、本堂のある場所までは、石造りの参道・階段が続いているため、足元が悪く、山の中腹まで登るため、少々体力が必要です。

lao1909_05.JPG

しかし、本堂まで辿り着くと、そこからのワット・プーを見下ろす景色はとても美しく、疲れも吹っ飛びます。

雨季の時期には緑が豊かな風景、乾季の4月頃は非常に暑いですが、プルメリアの花が満開に咲く素晴らしい風景が見られます。

1年に一度のお祭り

毎年2月(旧暦の3月)の満月に行われる「ワット・プー祭り」は、宮殿や寺院がキャンドルの光に包まれ、幻想的な雰囲気に包まれる特別な日。このお祭りの最終日には、全国から集まった僧侶たちへ托鉢の行事も行われるので、この時期に旅行するなら、ぜひ参加していただきたいお祭りです。

メコンクルージングの旅

lao1909_06.JPG

ワット・プーまで行くには、飛行機やバスでパクセーまで行き、パクセー市内からツアーやチャーターした車で行くのもいいですが、メコン川のクルージングを楽しみながらゆっくりと訪れるツアーもあります。

このクルージングは、パクセーを出発し、メコン川に浮かぶシーパン・ドンへ上陸、そしてワット・プー号に乗船して、最終目的地ワット・プーを目指す2泊3日の船の旅です。元々、この船はラオスとベトナムを行き来する木材運搬に使われていましたが、リノベーションしてメコン川のクルージングができる客船に生まれ変わりました。

船内には、トイレ・シャワー付きバスルームとベットルームのある12室のツインルーム、オープンテラスのデッキがあります。英語・フランス語・タイ語が可能なガイドも常に滞在していて、旅をサポートしてくれるので安心です。

lao1909_07.jpg

ラオスの人にとって、昔からメコン川は母のようなとても大切な存在。そんなメコンの雄大な流れに身を任せ、ラオス南部をのんびりと旅ができるなんて、とっても贅沢ですね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Hyma
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/10/23最終更新日:2019/10/23

Views:

ラオスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.