たびこふれ

【トルコ】田舎の朝食専門店「カフヴァルトゥ」

記事投稿日:2019/11/15最終更新日:2019/11/15

Views:

目次

トルコの朝食の豊かさ

IMG_0509.JPG

色々な郷土料理店がトルコにはありますが、今回ご紹介するのは 朝食専門店です。

このようにKöy kahvaltı(キョイ・カフヴァルトゥ)と書かれた専門店が、トルコには多くあります。 キョイとは、田舎という意味で、ご当地の地味豊かな素材や手作りの食材にこだわったカフヴァルトゥ=朝食専門店を指します。有名どころでは、ヴァン(トルコ東部)の朝食専門店が多いですが、 こちらは、アディヤマン地方の朝食専門店です。

最高の朝食メニュー

IMG_0507.JPG

普通の朝食もあるのですが、今回頼んだのはSupreme Kahvalti(スプレメカフヴァルトゥ)という、最高の朝食メニューというものです。

まずはチャイ(紅茶)がポットでサービスされます。

IMG_0515.JPG

その後、こうした小皿に様々なチーズや、バター、ジャム、野菜などが提供されます。

IMG_0518.JPG

白い手前のものはカイマクという甘味のないクリーム。これに蜂蜜をパンにつけて食べると最高に美味です。

横は手作りバターに、後ろ側が全てチーズ。ヤギのチーズやフェタチーズ、風味も食感も違いトルコの朝食には家庭でも数種のチーズは欠かせません。チーズやバターは、アディヤマンや近郊の産地のものを取り寄せているそうです。

IMG_0519.JPG

オリーブも必須ですね。

IMG_0517.JPG

蜂蜜やジャムに、チョコペーストに野菜や西洋パセリやルッコラなど。

IMG_0520.JPG

時間差でこういう揚げ物も来ます。

IMG_0516.JPG

スクランブルエッグもあります。好みでサラミを入れてくれたりもしますが、今回は重くなるので頼みませんでした。

IMG_0510.JPG

こういうところのオススメは、ラヴァシュという薄いパンを目の前で焼いてくれることです。

IMG_0508.JPG

焼きたてのラヴァシュに、チーズやバターをつけて食べると最高に美味しいのです。なくなったら、また焼いて持って来てくれます。

IMG_0521.JPG

こちらはペクメズというぶどうを煮詰めたシロップに、煎ったすりゴマを混ぜたもの。パンにつけて食べると、これまた美味なのです。

IMG_0522.JPG

チャイもポットいっぱいありますし、小皿もたくさんですので、数時間かけてのんびり食べるのが一般的。特に週末の朝は家族で訪れる方が多く混み合います。

最後の締めは、トルココーヒーです。さすがにこれだけ食べると満足です!予算的には、一人35リラ〜50リラ(700円〜1,000円)程。カフヴァルトゥの看板を見かけたら、ぜひ食べてみてほしいです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
河合亜希子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/11/15最終更新日:2019/11/15

Views:

トルコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.